FC2ブログ

2020-04

「ロンリー・ハート(Lonely Hearts)」 (クリエーション 1981年4月21日)


☆ 70年代後半の日テレ(AX)は刑事ものと青春ドラマの主題曲の宝庫だった。確かこの時代のテーマ曲ばかりを取り揃えたBOX SETが出た時「ウイッシュリスト」に入れようか真剣に悩んでしまった(笑:結局高すぎたため,やめた)。当時のぼくはラジオっ子だったのでテレビドラマに一向に興味がなく(唯一の例外が再放送ではまった「傷だらけの天使」),これら「主題歌のヒット」はラジオのチャート番組で知るというパターンばかりだった。思えばラジオが「若者のメディア」だった時代なのでラジオの話で盛り上がると「あいつはラジオっ子だから」と認定され,テレビの話題を理由に「外される」こともない良い時代だった。

☆ 日テレの刑事ものはロケの関係からか横浜びいきだった気がする。ぼくはカップス(ゴールデン・カップス)の黄金時代は知らないが,カップスにいた人達のその後については例えば柳ジョージのようにかなり影響を受けたと思う。60年代に竹田和夫が始めた時にはブルース・クリエイションだったのが(これも日テレ絡みとはいえ)「スピニング・トウ・ホールド」の頃はクリエイション、この曲の頃はクリエーションとなんだかジェファーソン・エアプレインみたいな変化(ジェファーソン・エアプレイン→ジェファーソン・スターシップ→スターシップ)だなあと思った。

「ロンリー・ハート(Lonely Hearts)」 (作詩:大津あきら / 作曲:竹田和夫)



☆ クリエイション時代,特に「スピニング・トウ・ホールド」の印象が強いので,こんな凄いヴォーカルがいたんだと思ったら(最近教えてもらって)ザ・カーナビーツのアイ高野(アイ たかの、1951年1月12日 - 2006年4月1日)だった。カーナビーツと言えば本家ゾンビーズ(当然ヴォーカルはコリン・ブランストーン)をも圧倒した翻訳ポップスの大傑作「好きさ好きさ好きさ(I Love You)」のあのアイ高野を擁したグループサウンズだけど,確かにティーンエイジャー(彼が16歳の時の歌唱)であれだけの代表曲を持ってしまうことは後年の苦労が理解できる(後年の成功の規模は違うけどスティーヴ・ウインウッドもそうだし)。

☆ でもこの曲はテレビドラマを見ないぼくにとってもワン・アンド・オンリーの記憶に残るヒット曲だ。
【Notes】(Wikipediaの同曲の項より引用)
1981年4月~9月に、日本テレビ系列で火曜日夜21時より放映されたテレビドラマ「プロハンター」の主題歌に採用。また当ドラマ放送中のBGMも、クリエーションが担当した。

オリコンチャート上において、シングル発売当初は伸び悩んだが、1981年夏頃からじわじわと順位を上昇し、週間最高は8位まで上昇。37.7万枚を売上げ、1981年度の年間ランキングは37位。クリエーション(前バンド・クリエイション名義も含めて)としては最大のヒット・シングルである。

TBS系列の『ザ・ベストテン』では、シングル発売から5か月経過後の1981年9月24日放送時第9位に初登場。その後同年10月8日に最高の第8位迄ランクされ、10月22日放送時の第9位迄、合計で連続5週間ランクインされた。

☆ この頃はライヴァル局のタイアップソングでも放送する時代になっていた。それをやれなかった某FMのチャート番組は「スポンサーを元に戻せ」という抗議の葉書が来た(以前のスポンサーはタイアップに関係ない会社だったため)という笑えないエピソードもある。その頃の基準から言えば「タイアップ(=番宣)」でゲストを呼ぶ現代のテレビ局(NHKですらそうなっている)がネット(アマゾン・プライムビデオやネットフリックス)に負けるのも仕方ないように思えてしまう。

☆ テレビを見ていないぼくが言うのもおこがましいけど,この曲が主題歌だったドラマ「プロハンター」のスタッフを見たら主演の二人(草刈正雄と藤竜也)は旬のヒトだし,制作側は村川透,長谷部安春,崔洋一などこの手の作品(映画含む)をリードしていく監督が揃っていて,今のネットフリックスの活況にも似た現場だったんだろうなと思ってしまう。違いがあるとすればその頃の日本はまだ(今に比べても)まだ貧乏で「カネがない分知恵を出す」しかない時代だったのだろうなということだ。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

クリエイション

渋谷陽一のヤングジョッキーで、バウワウがスタジオライブをやって少し後に、クリエイションもスタジオライブがあって、そこで初めて音を聴きました。

ブルース・クリエイションとしてカルメン・マキと共演、フェリックス・パパラルディとの全米ツアーなど雑誌での情報が先行していた自分にとって、待望のライブで、竹田和夫はギターもボーカルも見事だなあとファンになりました。

チャーや山本恭司は歌わなければ良いのにと思っても、竹田には感じなかったのですが、「スピニング・トーホールド」のヒットをうけてか、竹田の方がクロスオーバーのインストアルバムを出して、これはこれですごく気に入りました。

インスト路線が続くかと思ったら、また歌ものに回帰したうえに、アイ高野との歌謡曲路線になり、これまたびっくりしました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック