FC2ブログ

2020-02

ネ申(ねしん、ねもうす、それともねがみ?) じいさん学 第12講



☆ 「神ってる」と当時の広島東洋カープを率いた緒方孝市が行ったのはつい数年前のことで,「がか」の怒り(注「神がかってる(^^;)」か翌年は...さて,かくも神様をたやすく口にする多神教の人々に関する考察。。。




☆ むかし森喜朗は「日本は神の国」と言って,たいした失言でもないのにマスコミの集中砲火を浴びた。これが「大した失言」かどうかは各自のイデオロギー,信仰,及び宗教観に左右されるため深入りしない(苦笑)。ただこの国に住むかなり多数の人達は「八百万の神様」を無意識に感じているようだ。そうでない人は信仰が明確にある人であり,それが神道でなければ,初詣には行かない(仏教徒はお寺参りするし,それぞれの宗派の教会などには行くだろうが「初詣」ではないだろう)。だから大半の人には初詣もクリスマスやハロウィーンなどと変わらない「季節行事」になっている。

☆ ネ申(「神ってる」も同様)などという言葉も,その文脈の中から出てきている気がする。自分ではどうにもならない力を人間は感じており,それに名前を付けるかどうかという話がここにはありそうだ。英語ならawesome,我が国なら「ヤバい」。この辺りにネ申の居場所がある感じはする。

☆ 人智を超えただとか,超人技だとか,超絶技巧だとか,世界新記録だのギネスブック登録だのと「フツーのヒト」には想像を超えた現実(トリックの有無にかかわらず「実際に眼前で展開される」)があれば,少なくともその人の尺度では「神ってる」ことになる。勿論世の中にはぼくのようなヒネクレ者もいて,わざと揶揄するニュアンス(毒)を隠して平然とそういう「ネ申」賛辞を送る不届き者も山ほどいるとは思う(爆)。

☆ Unbelievableでもincredibleでも構わないのだが,それがプラス方向で感動的であればネ申世界はそこにあるということなのだろう。

Dear God (XTC 1986年8月16日)
(Andy Partridge)



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

誰か作家のエッセイだったか、あるいは、どなたかのブログで見かけたか、もともと日本には八百万の神がいて、仏も加わっていたところへ、Godなる概念を「神」と訳してしまったので、ある種の混乱が生じたみたいな話だったような。

XTCのこのPVは、音楽はともかく映像としては、ものすごく「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のオマージュに見えて、アンディ・パートリッジのビートルズ好きが出たのかなと思ってしまいます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック