FC2ブログ

2020-02

草のない野球 (じいさん学 第11講)



☆ 中学の頃,国語の先生から「野球」の命名者は正岡子規だという話を聞いた。子規の本名が升(のぼる)だからという話で,これは今(2020年1月)日経の朝刊小説で伊集院静が漱石と子規の話を書いている中でも触れていたが(彼も書いているように)事実ではない。Wikipediaに書いているように中馬 庚(ちゅうまん かなえ)が訳者である。ただ伊集院の小説にも書かれていたが,子規は訳語としてでなく「野球」の語を「ベースボール」の意味で使っていたのも事実である。



☆ ぼくがこどもの頃は「草野球」はある意味男の子(小学生)の遊びの王様だった。もちろん「巨人の星」というまんが(アニメ)の影響がある。第二次世界大戦後,野球はスポーツとしてだけでなく娯楽として映画と並ぶ二本柱だった。それを広めたものはラジオ,そしてテレビの実況放送だったのは間違いない。野球人気を支えた基盤には王・長嶋に代表されるスター選手の存在も確かにある。だけど浜田省吾が歌っているように野球は「投げる,打つ,走る(と捕る)」で構成されたシンプルなゲームだから(そのうち細かなルールブックを必要とするほど複雑化していく),遊びとしての間口が広かったと思う。

☆ こどもの頃に野球ができた別の理由が「空き地」の存在だ。空き地に隣接しているとドラえもんの神成氏のように『ガラス窓をしばしば割られる』という被害も発生するが,そういうことは滅多になく総じてこどもは草野球に興じることができた(軟式球やソフトボール球の存在も大きい)。だかしかし「空き地」には所有者がいて(あるいは所有者が変わって)街の発展と共にそういう場所は徐々に無くなっていった。

☆ その中でリトルリーグ,高校野球,大学野球,実業団野球,プロ野球というレイヤーが生まれ,プロスポーツとしての野球がすそ野を広げていく。草野球はどこかのグラウンドを借りた早朝野球(こどもの頃から草野球に馴染んだおじさん達のスポーツとして)に押し込まれていく。さらにサッカーをはじめとする実業団スポーツのプロ化は野球を娯楽の王様の地位から引きずり落とすことになる。そして昨年「後悔などあろうはずもなく」プロ生活を終えたイチローが草野球を始めた。

☆ 草野球とは言うものの,人工芝,整備されたグラウンド,多目的施設の一つとしてのボールパーク。そういう現実を抱えて「たくさんあるスポーツの一つとして」今日の野球がある現実を見るにつけ,下手っぴ草野球の三振要員だったぼくにはあの草野球の日々がかなり懐かしいものに思えてならない。

Glory Days (Bruce Springsteen 1985年5月5日)




☆ 本当は浜省の「Baseball Kid's Rock」を入れたかったけどオフィシャルが無いので諦めた。あの曲の歌詩と昨年イチローが語った言葉は見事にシンクロしていると思う。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

草野球

「巨人の星」は原作漫画もアニメも大好きで、背番号16のユニフォームを買ってもらい、町内の小学生でチームを作って、草野球をやっていて、少年野球のようなコーチもいなければ、グラウンドどころか、まともな広さの塁間もない空き地での、まさに草野球でした。

北海道庁から東京へ来ている人の社宅があり、そこの小学生もチームを作り、毎週のように試合をしていましたが、同じ町内や社宅でチームが作れるほど、当時は小学生も多ければ、野球もブームだったのでしょうね。

浜田省吾の「ベースボール~」は、NHKホールで運よく最前列で見ていたら、曲の途中でホームランを打ってハイタッチをする真似をしていて、自分も前に出てハイタッチして、すごく感動しました。
(ただ、その時、間近に見て、思ったより小柄でびっくりしました)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック