FC2ブログ

2020-01

1979年11月24日付 Billboard Hot100


Hot10
1 No More Tears (Enough Is Enough) Barbra Streisand/Donna Summer
2 Babe  Styx 最高位No.1
3 Still Commodores 最高位No.1
4 Dim All The Lights Donna Summer 最高位2位
5 Heartache Tonight Eagles
6 Please Don't Go KC And The Sunshine Band 
最高位No.1
7 You Decorated My Life Kenny Rogers
8 Send One Your Love Stevie Wonder
9 TUSK Fleetwood Mac
10 Pop Muzik M 最高位No.1

☆ 「No More Tears (Enough Is Enough)」はバーブラ・ストライサンド,ドナ・サマーの双方にとって4曲目のNo.1ヒット(ドナにとっては最後のNo.1)。ディスコ・クイーン,ドナはこの時期が絶頂期で『バッド・ガールズ』からのシングル第三弾「Dim All The Lights」がまだ第4位にいる。スティックスの「ベイブ」は彼らに初めて,かつ唯一のNo.1をもたらした。コモドアーズ「Still」はライオネル・リッチー節全開の見事なバラード。

☆ しかし6位「Please Don't Go」(KC And The Sunshine Band)のTKレコーズと「No More Tears」「Dim All The Lights」のカサブランカ・レコーズがこの後程なく倒産するとは当時誰も想像できなかっただろう。改めて見てみるとこんな分類。

(ディスコ系)
1 No More Tears
4 Dim All The Lights
10 Pop Muzik

(アダルト・コンテンポラリー系)
2 Babe

(ブラック・コンテンポラリー系)
3 Still
6 Please Don't Go

(メインストリーム・ロック)
5 Heartache Tonight ※カントリー・ロックとも
9 TUSK

(カントリー系)
7 You Decorated My Life

(サウンドトラック)
8 Send One Your Love ※ただし商業映画ではなく植物の生態を描いた科学映画

☆ 全くバラバラなチャートであることが分かる。実際,ケニー・ロジャーズはこの頃からがキャリア最高の黄金期だし,Mのロビン・スコットは坂本龍一とコラボ作品を創るがそこまで,イーグルスもフリートウッド・マックも活動停止に進み,ドナはディスコ・クイーンからのイメージチェンジに苦しむ。バーブラに至っては変なストーカー紛いの被害を受ける始末で,スティックスは代表作『コーナーストーン』に続きこの後も良作を何作か出すという感じ。

Babe (Dennis DeYoung)



PERSONNEL
Dennis DeYoung - vocals, keyboards
Tommy Shaw - guitar solo
Chuck Panozzo - bass guitar
John Panozzo - drums
1979年12月8日付No.1
【最高位】
No.1:米国(Billboard/Cashbox),カナダ,南ア
3位:豪州,ニュージーランド
6位:英国,11位:蘭,18位:ベルギー
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

スティクスなど

スティクスは「パラダイスシアター」で知って、何だか「オペラ座の夜」のパクリみたいだけれど、プログレバンドなのかなと思っていると、「ミスターロボット」が出たり、遡って「ベイブ」を聴き、売れ線MTVじゃないかという印象でした。

トミー・ショウがルックス的に、ルーク・スカイウォーカーを思わせるイケメンで、ギターヒーローになるかと期待しましたが、いつの間にか消えてしまった感じです。

コモドアーズは、「スティル」と「セイルオン」が双璧をなす名曲だと思いますし、他の曲もライオネル・リッチーのソロに比べて、EW&F並みのリズムギターがいかしていて好きでした。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック