FC2ブログ

2019-09

【補正・追加済】 「Daydream」 (山下達郎 1980年9月19日=アルバムリリース)



「Daydream」 (作詩:吉田美奈子 / 作・編曲:山下達郎)


たくさんのペイントを
空に向け撒き散らすと
ビル街に跳ね上げて
砕ける スカーレット グラスグリーン
流れる バイオレット ショックピンク
渦巻く ローズグレー ペールブルー
たちまちに

街並みに細い糸
限り無くからまって
水玉に弾み出す
砕ける ワインレッド カーマイン
流れる ココブラウン イエロー
渦巻く チェリー ダークオレンジ
またたく間に

DAYDREAM 遅い夏の午後
DAYDREAM UH
DAYDREAM 眠りに落ちたなら
見えて来る!

スプレーで描かれた
虹色のステップを
翔け昇り飛び出して
見渡すと色のパレード


DAYDREAM 遅い夏の午後
DAYDREAM UH
DAYDREAM 眠りに落ちたなら
見えて来る!

金色の粉の雨
風に乗せ放り投げる
高くから降りそそぐ
光に シルバー メタリック
眩しい カッパー プラチナ
輝け キャンディー ブライトゴールド
溢れ出る色の渦
巻き込むパレード DAYDREAM!

Wikipediaの解説
> 山下によれば吉田美奈子が彼に提供した詞の最高傑作だとし、日本語の乗りにくい細かな譜割りのメロディーをクリアするために、アクリル・カラーのチャート表から詞を作り上げる発想は彼女以外には出来ないワザだという。ライブ映えする曲ということで、その後も数多く演奏されている。シングル「MY SUGAR BABE」のB面に収録された。

☆ 山下達郎が「夏男」にされていった過程は,例えば「Let's Kiss the Sun」のような従前の作品にも傾向性はある(よく考えればソロデビュー作にも「夏の陽」があるし)。しかしこのアルバムからはかなり意識的に行われたのではないか。この曲のラインは直接的には次作『FOR YOU』も2曲目の「MUSIC BOOK」(吉田/山下作品)に引き継がれているが,『FOR YOU』は鈴木英人のイラストやアルバム(LPのA・B面)のそれぞれ1曲目「SPARKLE」と「LOVELAND, ISLAND」が典型的なように「夏」がポイントになっている。

☆ そのことはこの曲と「MUSIC BOOK」を比べて見れば分かる。この曲は吉田美奈子の抜群の詩のセンス(色彩感覚!)は光るものの音の面では「MUSIC BOOK」のポップさに比べるとまだ落ち着きがある。また曲の流れを考えてもキラキラ感満載の「SPARKLE」を引き継いで色彩感覚のポップさを生かしながら少しクールダウンさせようとする「MUSIC BOOK」の流れの方がより「暑さ」を感じさせる。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック