FC2ブログ

2019-12

「UNICORN」 (MOBOⅢ 1986年)





PERSONNEL
渡辺香津美(g)
村上ポンタ秀一(ds)
グレッグ・リー(b)

☆ ジャズ・ギターとロック・ギターの違いを感じさせる演奏だ。ロックギターの速弾きはロックという形式の中にあり,ジャズギターの速弾きはジャズ的なインプロヴィゼイションの範疇に収まる。しかしこのソリッド感(3分間ポップスのフォーマットの中にサラリと投げ込んで)凄いったらありゃしない。



☆ そう言えば,少し前に「歌姫ってなんなん」ってつぶやいた女性歌手がおったが,さしあたって返事しておくと「あんたの母ちゃんや」。ただしこの続き,どっかで書いておこうと思う。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

渡辺香津美

日本のクロスオーバーの黎明期に、ジャズ畑からアプローチして、渡辺貞夫やリトナー、カールトンとブームが始まった頃に出した、「オリーブス・ステップス」は坂本龍一と共演した名盤だと思います。

その坂本とのKYLYNは大所帯過ぎて、もっとギターが目立ってほしいと思っていたので、基本ギタートリオで、ゲストの楽器が参加するMOBOのような形態の方が良くて、このMOBOⅡやバーリン、ブラフォードとのトリオ演奏が今でも好きです。
(村上は、こういうフュージョンをずっとやってくれていたら良かったのに・・・)

実は、一番好きな演奏は、YMOのグリークシアターのライブでして、あのままアルバムにも参加して、弾きまくっていたら、YMOも渡辺香津美も違った方向に行っていたのかと思ったりします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック