FC2ブログ

2018-08

「恋の魔法使い(You Make Me Feel Like Dancing)」 (レオ・セイヤー 1976年10月)



☆ 今年1月の終わり頃,マリリン・マックー&ビリーデイヴィス・ジュニアの「星空のふたり」を紹介したが,その次の週(1977年1月15日付)全米No.1に輝いた怪作(とか言っちゃいけないのだ)がこの曲。怪作と言ってはいけない理由はレオ・セイヤーはこのポップ・ディスコ曲とは対照的なバラード曲「はるかなる思い(When I Need You)」で4カ月後(1977年5月14日)に2曲連続No.1になっているからだ。

You Make Me Feel Like Dancing (Vini Poncia / Leo Sayer)


You've got a cute way of talking
You got the better of me
Just snap your fingers and I'm walking
Like a dog hanging on your lead

I'm in a spin you know
Shaking on string you know

You make me feel like dancing
(I'm gonna dance the night away)
You make me feel like dancing
(I'm gonna dance the night away)
You make feel like dancing
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing ahhh

Quarter to four in the morning
I ain't feeling tired no no no no no
Just hold me tight and leave on the light
Cause I don't want to go home

You put a spell on me
I'm right where you want me to be

You make me feel like dancing
(I want to dance the night away)
You make me feel like dancing
(I'm gonna dance the night away)
You make feel like dancing
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing

You take me higher
I'm gonna catch on fire 'cause

You make me feel like dancing
(I wanna dance the night away)
You make me feel like dancing
(I'm gonna dance my life away)
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing ahhh

You really slipped me a potion
I can't get off of the floor
All this perpetual motion
You gotta give me some more
You gotta give me some more

And if you'll let me stay
We'll dance our lives away

You make me feel like dancing
(I wanna dance my life away)
You make me feel like dancing
(I wanna dance my life away)
You make me feel like dancing
(I wanna dance my life away)
I feel
You make me feel like dancing

☆ 昔大滝さんが(山下)達郎氏の「悲しみのJody」を評して「全編ファルセットで歌ったポップソング」と言っていたが,ファルセットに特徴がある曲は少なくない。実はレオ・セイヤーのファルセット(というかこの曲での彼の歌唱)を聴いていて,これってマイケル・ジャクソンのプロト・タイプだよねとマイケルの「BAD」が出た頃に気が付いた。セイヤーはインパクトを曲の出だしのファルセットに持ってきていて,このインパクトがこの曲を怪作にしているのだが(爆),そのギミックを通過すれば(正確には通過しなくても)この曲がセイヤーなりのブルー・アイド・ソウルのディスコ的昇華であることが分かる。だからディスコ・フロアが遥かな過去となった40年後にレビューすれば「なかなかいいじゃん」ということになる。しかもこんなパーソネルでこの曲出来ているのだ。

PERSONNEL
Leo Sayer - vocals
John Barnes - clavinet
Larry Carlton, Ray Parker, Jr. - guitar
Steve Gadd - drums
Clydie King, Becky Louis, Sherlie Matthews - background vocals
Chuck Rainey - bass

☆ これって当時の日本で言えば外タレの人のバックにティン・パン・アレーがついているようなもので(爆),改めてこれを見てビックリした(再爆)。

☆いつもお馴染みDJDiscoCatV2 氏のDisco Purrfection version
3分30秒のシングルが倍増...



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック