2018-05

「Freeway of Love」 (Aretha Franklin 1985年6月)



初出:2012年4月8日(2018年3月12日追記)
WHO's ZOOMIN WHO Deluxe EditionWHO's ZOOMIN WHO Deluxe Edition
(2012/03/30)
ARETHA FRANKLIN

商品詳細を見る


☆ アレサ大姐御御年43歳の時の大ヒット曲。ディスコ音楽全盛期には過去の人扱いされ,失意のうちに70年代を終えたアレサは,スティーリー・ダンが「ヘイ・ナインティーン」の中でちょこっとからかった1980年に長年在籍したアトランティックからアリスタに移籍,少しずつ昔日の勢いを取り戻し始めていた。それに決定的な影響を与えたのが80年代を代表するプロデューサーのひとりであるナラダ・マイケル・ウォルデンで,彼がアレサと手掛けたこのアルバムとこの曲の大ヒットで,おそらく「ヘイ・ナインティーン」に出てきた女の子も,誰が「クイーン・オブ・ソウル」であったか思い知らされたに違いない(笑)。



Knew you'd be a vision in white
How'd you get your pants so tight?
Don't know what you're doin'
But you must be livin' right, yeah

We got some places to see
I brought all the maps with me
So jump in, it ain't no sin
Take a ride in my machine

City traffic's movin' way too slow
Drop the pedal and go, go, go

We goin' ridin' on the freeway of love
Wind's against our back
We goin' ridin' on the freeway of love
In my pink Cadillac

☆ もちろんこの曲は「いかにも80年代」というシャープな音で,60年代の「ソウル・クイーン」時代のアレサの熱唱が好きな人には,物足りなく感じるところがあるのは否めない。しかし,前年のチャカ・カーンもそうだが,時代の波を乗り越えてシーンの最前線に斬り込んでいく勢い,私こそがソウルの女王よと言わんばかりのこの生き生きした歌唱を聴いていると,敏腕プロデューサーの助力を得て流行にちょいと乗ったくらいでガタガタ言いなさんなと弁護の一つも言いたくなるのである(苦笑)。ちなみにこの曲で彼女は1986年のグラミー賞Best Female R&B Vocal Performanceを受賞(この時で通算10回目)している。

☆ もう一言付け加えるなら,サザン・ソウルの女王だったアレサの作品としては,この曲はタイトルからも明らかなようにモータウンを意識した構成の曲で,歌詩のキャディ(ラック)に加えてPVの中にご丁寧にもフォードやGMのビルまで登場するのはご愛敬という気もする。どちらにしても女王は女王としてしっかりアップデートしているわけで,スティーリー・ダンの歌の通りなら24,5歳になった彼女にもそれくらいは十分認識できたことと思われる(爆)。

PERSONNEL
Aretha Franklin: Lead Vocals
Narada Michael Walden: Drums, Percussion
Randy Jackson: Electric & Synthesized Bass
Walter Afanasieff: Keyboards
Preston Glass: Keyboards & Keyboard Vibes, Backing Vocals
Greg Gonaway: Tambourine
Santana Rhythm Section: Percussion
Clarence Clemons: Saxophone, Guest Appearance (courtesy of Columbia Records)
Carolyn Franklin, Sylvester, Jeanie Tracy, Vicki Randle, Jim Gilstrap, Kitty Beethoven, Laundon Von Hendricks: Backing vocals

最高位
No.1:ビルボード(ダンス・クラブ曲、R&B/Hip-Hop曲)
第3位:全米、ニュージーランド、16位:スウェーデン、
27位:蘭、ベルギー、51位:全英


☆ クレランス・クレモンズのクレジットの中にある" Guest Appearance"はチョイうけた。アレサと彼は同年生まれでもある。この曲でのクレランスはドラムを叩くウォルデンすら「食って」いて,実にイイトコこを独り占めしている感がある。スプリングスティーンのツアーの真っ最中だったから結構なハードワークだったと思うけど,これだけゴキゲンに決められたら「ええとこ取り」しても皆んな納得だろう(笑)。あとアルバムの『WHO's ZOOMIN WHO』に関して付け加えれば大姐御アレサを引っ張り出す原動力となったアニー・レノックス(exユーリズミックス)の功績は大変大きなものがある。彼女が影の殊勲者だと思う(^o^)。

あと5本掲せたら,暫く遊びに出ます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック