FC2ブログ

2018-10

「やさしく歌って(Killing Me Softly with His Song)」 (ロバータ・フラック 1973年1月21日)


やさしく歌ってやさしく歌って
(2013/04/24)
ロバータ・フラック

商品詳細を見る


初出:2013年7月3日(訳詩追加:2018年2月14日)

☆ 1972年と73年。歌の神様はロバータ・フラックを見出した。最初に起こった奇跡は彼女が1969年のデビューアルバムに収録した曲「愛は面影の中に(The First Time Ever I Saw Your Face)」がクリント・イーストウッドの初監督作品『恐怖のメロディ(Play Misty for Me)』に取り上げられ全米No.1に輝いたことだった。「愛は面影の中に」は1972年度のグラミー賞でRecord Of The Year(最優秀レコード賞)を獲得した。

☆ その年,ロバータは偶然飛行機の中であるメロディーに出会う。それはロリ・リーバーマンという女性歌手が歌った曲でリーバーマンの経験を元にノーマン・キンベルが詩を書き,チャールズ・フォックスが曲を書いた「やさしく歌って」という曲だった。Wikipediaの解説によるとリーバーマンが見たのは無名時代のドン・マクリーンだったという。

☆ この曲を気に入ったロバータは自らレコーディングし,シングルとして発表するとその僅か4週間後に曲は全米No.1に輝いた(1973年2月24日から5週連続)。そして彼女はこの曲で73年度のグラミー賞の3部門(最優秀レコード,最優秀楽曲,最優秀女性ヴォーカル)を独占するのである。長いグラミーの歴史の中で最優秀レコード賞を2年連続受賞したのは他にU2がいるのみである。


Killing Me Softly With His Song (Charles Fox / Norman Gimbel)



Strumming my pain with his fingers
わたしの痛みをそっとつま弾いて
Singing my life with his words
わたしの暮らしをその言葉で歌ってくれる
Killing me softly with his song
彼の歌がわたしをそっと癒してくれる
Killing me softly with his song
彼の歌がわたしをそっと癒してくれる
Telling my whole life with his words
わたしの人生を彼の言葉は語り尽してくれる
Killing me softly with his song
そして彼の歌はわたしをやさしく癒してくれるの

I heard he sang a good song
わたしは彼が素敵な曲を歌っているのが聞こえた
I heard he had a style
わたしは彼はステキな歌い手だと思ったの
And so I came to see him
だからわたしはそこに行った
To listen for a while
ほんの少しの間,彼の歌を聴きたくて
And there he was this young boy
そして彼はほんの少年のようだったのに
A stranger to my eyes
わたしの目には全然違ったヒトに見えたの

Strumming my pain with his fingers
Singing my life with his words
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me softly with his song

I felt all flushed with fever
その時わたしは自分の顔が火照っていることに気付いたの
Embarrassed by the crowd
大勢の人の中で気まずく感じてた
I felt he found my letters
彼がわたしの彼への手紙を見つけて
And read each one out loud
そして彼はそれを朗々と読み上げているように感じていたの
I prayed that he would finish
わたしは思わず彼がその歌を早く終わらせてって願ったわ
But he just kept right on
だけどその歌はまさにその時,歌い続けられていたの

Strumming my pain with his fingers
Singing my life with his words
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me softly with his song

He sang as if he knew me
彼はまるで私を知っているかのようにその歌を歌っていた
In all my dark despair
わたしの絶望の奥底の中までも
And then he looked right through me
そのとき彼の視線はわたしを真直ぐ貫いていたの
As if I wasn't there
あたかもそこにわたしがいないかのように
And he just kept on singing
そして彼はその歌を歌い続けた
Singing clear and strong
ハッキリと力強く,その歌を

Strumming my pain with his fingers
Singing my life with his words
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me softly with his song

[Break]

Strumming my pain with his fingers
Singing my life with his words
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me

He was strumming my pain
Yeah, he was singing my life
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me softly
With his song

2018年2月14日付記

☆ ソフト&メロウという言葉がポピュラー・ソングの流行語になる遥か前から,この歌は永遠の生命を得ていたと思う。女のヒトのキラー・センテンス(殺し文句)に「やさしくして」というのがあった頃の話だ。有り体に言えば "Killing Me Softly" って,この「やさしくして」そのものなので,邦題は歌の本質を衝いている。彼女のシンガーとしての力量は[Break]のところに如実に出ているにもかかわらず,全体的にそれを抑えた(控えたと言えるかもしれない)ところもこの曲の価値を上げている。単調なフレーズの繰り返しに堕することなく,曲の余韻を徐々に深めていく。そこには少しずつ継ぎ足されていく感情が交(まじ)り合い,主人公の女性の心裡(心の内側)を「言葉(歌詩)ではなく,歌そのもので」感じさせていくのである。

☆ 冬の寒い夜にホットココアの温もりは身体に染み渡る。ロバータのこの歌はそんな感じがしませんか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

彼女の歌声は

とてもやさしい。
母性というか包容力の大きい歌手ですね。
ダニー・ハサウェイとだったり、トゥナイト・アイ・セレブレイト・マイ・ラブだったり、個人的にはデュエットの印象も強いシンガーです。
「やさしく歌って」はポール・モーリアのLPに入ってたインストカバーを最初に聴きました。おそらく聴いた回数も本家より断然多いと思います。恥ずかしながら、サンシャイン(Sワンダー)もそうです…

ロバータ・フラック

この曲を最初に聴いたのは、たぶんネスカフェのCMが先で、自分の中では、「マホガニーのテーマ」、「追憶」とセットになっています。

CMでは歌詞を「ネスカフェ」と変えて歌っているので、セルフカバーになるのかと思いましたが、ネット情報ではCMは別の歌手という話もあり、何より、この曲自体がロバータ・フラックがオリジナルでなく、カバーだったというのを今回の記事で知りました。

ロバータ・フラックは、渡辺貞夫がグローバーワシントンJr.の「クリスタルの恋人たち」の路線でアルバムを出した時、武道館ライブにゲスト参加した映像をテレビで見て、ピアノも弾いているのに妙に感動した記憶があります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック