2018-05

「12月のエイプリル・フール」 (EPO 1985年11月20日)




「12月のエイプリル・フール」 (作詩・作曲:EPO)



初出:2010年12月21日
☆ 1980年代半ばにいちばんクオリティの高いポップスを提供していたのは,彼女だった。

2017年12月20日追記
☆ クリスマスの歌は「そりあそび(ジングル・ベル)」みたいな子供の歌だった。昭和40年代のの街角に師走がやって来ると,商店街はクリスマスの装飾を始める。といってもカラフルな「モール細工」と電飾の付いたささやかなクリスマスツリーが店頭に並んだだけだった。むしろ子供の目には「クリスマス・ブーツ」と呼んだお菓子の詰合せこそが本命だったような気がする。

☆ クリスマスの曲にトーチソングの変化球を最初に投じたのはユーミンで,セカンドアルバムの『ミスリム』から1974年10月5日に「12月の雨」をシングルカットする。その後もクリスマスの歌はあったかもしれない(大滝(詠一)さんが『ナイアガラ・カレンダー(1977年12月25日)』の最後にちゃっかりしっかり「クリスマス音頭」を入れていたりするが)が,世の中の流れはクリスマスの定番=「ホワイト・クリスマス(ビング・クロスビー 1942年7月30日)」だった。それが変わるのは1983年で,山下達郎が『メロディーズ』(1983年6月8日)から企画盤として「クリスマス・イブ」の12インチ・ピクチャー・シングル(1983年12月14日)を発表してからのこと。

☆ それから「クリスマスの失恋ソング」が出るわ出るわになる直前にエポがほぼ先頭を切って出したのがこの曲ということになる。あとでユーミンがこのコンセプトを使うことに気付いた時は「遅かりし由良之助」で仕方なく彼女はタイトルを一か月早めている(爆)。もっともクリスマスの曲には先達がいて1990年代に入ると「ホワイト・クリスマス」の代わりにジョンとヨーコの「ハッピー・クリスマス(戦争は終った)」が頻繁にかけられるようになるが,原曲がヴェトナム戦争に対する反戦歌のニュアンスを色濃く持つように,90年代以降のこの曲の用いられ方は湾岸戦争や9.11テロへのメッセージという色彩もかなりあったように思われる。

☆ クリスマスの失恋ソングという風変わりの定番ができた背景には恋愛イベント(妙な表現であるが)のある種の象徴として「クリスマス」があり,それを導いたのは間違いなくユーミンの「恋人がサンタクロース」(『SURF&SNOW』(1980年12月1日)収録)だと思われる。石ノ森章太郎が『HOTEL』の中で巨大な孵卵器にたとえたのはバブル最盛期の12月24日ご宿泊様だったが(爆),そういう世の中の空気に対する抵抗が(あるいはwanna beの裏返しの感情が)このジギーな(屈折した)定番にあるようにも思われる。

☆ 昭和も60年に近付くとクリスマスツリーというより電飾そのものが巨大化し,白い雪の装飾もウインドディスプレーの定番と化し,クリスマスブーツやクリスマスケーキはその存在を小さくし,クリスマスデートにその座を譲っていた。これはこの国の繁栄を象徴する出来事のひとつであり,凍えた空に光るオリオン座の代わりに「金色のきらめき」(山下達郎)が街中に降り注いでいたのである。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

EPO

EPOを聴いたのは、ひょうきん族のエンディングテーマの「ダウンタウン」で、同名のアルバムから「ポップトラックス」くらいまでをよく聴きましたが、一番気に入って、全曲名曲の名盤だと思っているのが、「パンプ!パンプ!」です。

「12月のエイプリルフール」は、山下達郎の「クリスマスイブ」がJR東海のCMで爆発的にヒットして雨後の筍のようにクリスマスソングが出てくる前だったので、アルバムにひっそりと入っていた隠れた名曲くらいのつもりでいましたが、アルバムに先行したシングル盤だったのですね。

クリスマスは、家族でお祝いするか、サラリーマンが鼻眼鏡に三角帽子で、銀座あたりで浮かれているというイメージだったのが、本当、ユーミンの曲で恋人たちのイベントへと変貌してしました。

ただ、ユーミンの歌では、クリスマスの日に「今夜、うちにサンタが来る」と言ったのに、イブの方が重要になったのは、山下達郎の影響でしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック