FC2ブログ

2018-08

「Breaking Us in Two(危険な関係)」 (Joe Jackson 1982年)




Breaking Us in Two (Joe Jackson)


Don't you feel like trying something new
ねえ,ぼく達のこの関係をどうにかしたいって気にならないか
Don't you feel like breaking out
このまま二人の関係が破綻して
Or breaking us in two
元のひとりとひとりに戻りたいのかい
You don't do the things that I do
きみはぼくがすることをしてくれない
You want to do things I can't do
きみが望むのは,ぼくにはできないこと
Always something breaking us in two
いつだって何かがぼく達を二つに引き裂こうとするのさ

You and I could never live alone
きみとぼくとは別々に暮らすことができなかった
But don't you feel like breaking out
でもきみはそれを崩して
Just one day on your own
きみひとりの暮らしを始めたいとは思っていないのかな
Why does what I'm saying hurt you
なぜぼくの言葉にきみは傷つくの
I didn't say that we were through
ぼく達はもう終わってしまったなんて口にもしてないのに
Always something breaking us in two
いつだって何かがぼく達を二つに引き裂こうとするのさ

They say two hearts should beat as one for us
ふたつの心がふたりのために一つに響き合う時もある
We'll fight it out to see it through
ぼく達はそれを分かろうとするために努力している
I say that won't be too much fun for us
それはふたりにとって必ずしも楽しいことではない
Though it's oh so nice to get advice
でもそれを成すことが困難であるほど
It's oh so hard to do
その助言を得ることがふたりにとっては好ましいことなんだ

Could we be much closer if we tried
ぼく達はお互いに歩み寄る努力をしなければいけない
We could stay at home and stare
ぼく達は家にいる時はもっと互いの姿を見なければいけない
Into each other's eyes
お互いの瞳の中に
Maybe we could last an hour
たぶんそれは1時間でも続けられるだろうし
Maybe then we'd see right through
たぶんぼく達はお互いのことをしっかり見つめられるのだろう
Always something breaking us in two
いつだって何かがぼく達を二つに引き裂こうとするから



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック