2017-07

「Talking in Your Sleep」 (The Romantics 1983年9月)


In HeatIn Heat
Amazon



☆ ザ・ロマンティックスはデトロイト出身のバンドで結成は1977年,同年にデビューシングルが出て,アルバムデビューは80年。このアルバムは全米最高位61位とまずまずの成果を挙げたが続くアルバムは不発。めげずにバンドは1983年に9月にアルバム『In Heat』とシングル「Talking in Your Sleep」を発表。シングルは当初は動きがなかったものの,MTVが効果を示し始めたこの年の暮れからチャートを上昇,ダンスチャートで首位に立ち,最後はビルボードHot100最高位3位(ビルボード。キャッシュボックスは4位)の大ヒットとなった。その他の国ではカナダ1位,スウェーデン5位など英国を除く広い地域でヒットし,英国ではバックス・フィズがカヴァーした盤が15位のヒットとなっている。オリジナル盤が出なかったのは,おそらく原盤権を獲得するディストリビューターがいなかったからだろうと思われる。この後ヒットには恵まれなかったが,バンド自体はメンバーを変えながら活動を継続している

Talking in Your Sleep (Canler, Skill, Palmar, Solley, Marinos)


When you close your eyes and you go to sleep
おまえは瞳を閉じて眠りに就く
And it's down to the sound of a heartbeat
そしてそれはお前の鼓動の中に降りていく
I can hear the things that you're dreaming about
ぼくにはおまえが夢見たことが聴こえる
When you open up your heart and the truth comes out
おまえが閉ざした心を解き放つとき,ほんとうのおまえが現れる

You tell me that you want me
おまえはぼくに何を望んでいるのか話すだろう
You tell me that you need me
おまえはぼくの何が必要なのか話すだろう
You tell me that you love me
おまえはぼくのことをすきだと話すだろう
And I know that I'm right
そしてぼくには分かる。ぼくは全然構わないのだと
'Cause I hear it in the night
だってぼくはその全てを昨夜のうちに聴いてしまっているから

I hear the secrets that you keep
ぼくにはおまえが隠している秘密が聴こえる
When you're talking in your sleep
その眠りの中でお前が話していることが
(Repeat)

When I hold you in my arms at night
夜になるとおまえはぼくの腕に抱かれる
Don't you know you're sleeping in the spotlight
おまえは知らないのだろう。その眠りがスポットライトの中にあることを
And all your dreams that you keep inside
そしておまえがひた隠しにするあらゆる夢の中に
You're telling me the secrets that you just can't hide
おまえはもはや隠しえない秘密をぼくに話すことになる

You tell me that you want me
You tell me that you need me
You tell me that you love me
And I know that I'm right
'Cause I hear it in the night

I hear the secrets that you keep
When you're talking in your sleep
(Repeat 3Times)

When you close your eyes and you fall asleep
おまえが瞳を閉じてすっかり眠りの中に入っている時にも
Everything about you is a mystery
おまえにまつわる全ては,ぼくにとっての謎だから

You tell me that you want me
You tell me that you need me
You tell me that you love me
And I know that I'm right
'Cause I hear it in the night

I hear the secrets that you keep
When you're talking in your sleep
(Repeat 4Times)
I hear the secrets that you keep...
(Fade)

☆ あまり関係ない話かもしれないが(謎),寝言であらぬ人の名前が出てきたりすると,あとで困ったことになりますね(爆)。この曲から連想されるのはローラ・ブラニガンの「セルフ・コントロール」。テーマが微妙に被っていることや,それなりに刺激のあるMVも共通している気がする。



そう言えば,このYouTubeのコメント欄が髪型のことで盛り上がっているが(爆),こういう髪型は80年前後のネオ・ロカビリー(ストレイ・キャッツなどを筆頭とする)の頃からかなり見られた(日本だったら横浜銀蝿だな)。こうした「盛った髪型」はパンク/ニューウエイブ期の流行のひとつで,例えばちょっと前にYouTubeだけ紹介したエイミー・マンがティル・テューズデイでデビューした頃の髪型なんかでもYouTubeのコメント欄は専ら若いリスナー間で結構な論議になっていた(爆)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

懐かしい…

この曲は中学3年で関東に引っ越してきた頃、TVKで非常によくPVが流れていました。
決して好きな曲でもなく、今回も再生ボタンは押していませんが(笑)、今でも鮮明に覚えています。
東海地方の片田舎から関東に移って、最大の感動がTVKの洋楽チャート番組やPV垂れ流し番組の存在でした。
私の中ではその頃を代表する曲と言えるかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック