2017-08

 「Jazzy Night」(松原みき Album :1980年9月21日/Single:1981年12月5日)






☆ これはsunny1600vrさんが2008/11/25 にアップロードしたもの。作成者コメントは「松原みきさんの「Jazzy Night」、そのアルバム版とシングル版のミックスです。ステレオ再生できたなら、左がアルバム版、右がシングル版です。バッキングはほぼ同じですが、歌い方と終わり近くの歌詞がちょっとだけ違います。」とある。

Album Version(左チャンネル)
作詞:三浦徳子/作曲:林哲司/編曲:林哲司(3:47)
PERSONEL
.富樫春生(keyboards)、難波弘之(keyboards)、岡沢茂(bass)、林立夫(drums)、今剛(E. guitar)、斎藤ノブ(percussion)、数原晋(trumpet)、岸義和(trumpet)、新井英治(trombone)、ジェイク・H・コンセプション(A. sax)

Single Version(右チャンネル)
☆ YouTubeの解説にあるとおり,詩を少し変え,歌だけ入れ直しているヴァージョンと推定。YouTubeのwhatanelegantladyさんの指摘には説得力がある(後述)。シングルカットは最後の方で一音だけ(意識的に)トーンを変え,コーダが7秒弱早いように思う。

☆ この時期の彼女の作品は何となく「ふらつき感」があった。元々ニュー・ミュージックという制約の中で歌手を始めた彼女だったが,素養にジャズやソウルがあることはあまり表面に出していなかった。当時のシーンを見れば,例えばソウル的な部分が出せた例は渡辺真知子だし,もう少しフェミニンな場所には門あさ美がいたし,(本人の意志と裏腹に)もっとアイドル的な場所には石川優子や竹内まりや,EPOがいた。だからといって沢田聖子みたいにフォークに寄り添う線は最初から無い訳で,場所を確保するのが難しかったのだと思う(同じ悩みはとみたゆう子なんかにもあった筈)。でなければ旧作2曲でシングルにするという典型的急場しのぎは無かったんじゃないかと思う。

☆ 今さら考えても無駄なことであるが,女性歌手でこういうシングルが出る時は結構ヤバい場合がある。典型的には歌手の方から「煮詰まったので(精神的にも肉体的にも疲れてしまったので)少しお休みをいただきます」的な話が出てくる場合だ(強いて名を挙げないが70年代のトップ・アイドル歌手に頻出したケース)。でも彼女の場合そういう形跡はない。何というかプロデュースの側の迷いがそのまま作品に出ている感じなのだ。

☆ 三浦徳子が書いた「Jazzy」という言葉には,歌詩にも1か所さりげなく出てくるが,明らかに「ブルー」という感覚がある。蔭とか,翳とか。オリジナルが収録されているセカンド・アルバム『Who Are You?』はどちらかと言うとニュー・ミュージックのフィールドに「クセ球を投げ込みたかった」感(例えば「夕焼けの時間です」)はあるけれど,結果的に混ざってしまった直球的な作品(「Rainy Day Woman」やこの曲)の方が記憶に残る作品だった。その作品集の中に置けば「Jazzy Night」は端正な作品で,You Tubeでwhatanelegantladyさんの指摘する「アルバムバージョンは気だるく歌っているので好きではありません」という感想は,最初に書いたブルーという感覚を彼女が意識的に表現したからだろう。当然シングルにする場合(しかも歌を入れ直している),もっとインパクトのあるというか,この曲の場合ならコントラストを強めた歌い方になる訳で,両者の違いはそういうところにあるのではないかと思う。



「うたまっぷ」って,どんだけ使えないサイトになってしまったのやらorz...

☆ みき姐の今回のベスト&レアのレア曲にマンハッタン・トランスファーが元ネタの曲があって,どうせ歌うなら本家を歌えばいいと思いながらコンサートに行くと,彼女もそう思っていたのか,「トワイライト・トーン」をセット・リストの中に入れていた(-∀-)。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

行き詰まり感。

素材をいかしきれないもどかしさというか、本人、陣営、ファンの共通の思いだった気がします。
当時はシングルバージョンが再録だったことすら知りませんでしたが、個人的にはアルバムバージョンの方が自然で好みです。

松原みき

「真夜中のドア」がヒットした頃、先輩から、アルバムのギターは伊藤銀次で、シュガーベイブやフュージョン系のソロを弾いているから、気に入ると思うよと言われながら、スルーしてました。(そもそも、本当にそうだったのか?)

FMでの生演奏や、本人がゲストに出た番組で、ニートやジャジーも聴きましたが、阿川泰子ほど本格的でないにしても、秋本奈緒美とかのジャズボーカル路でも良かったのではと思ったりします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック