2017-06

「You On My Mind」 (Swing Out Sister 1989年2月24日)



You On My Mind
(Andrew Connell, Corinne Drewery, Paul Staveley O'Duffy)


Friends say I'll get over you soon
みんなは「じきに立ち直るから」って慰めてくれるけど
Thoughts of you come back to fill me with gloom
でもあなたへの思いは,今でも私の心の中を憂鬱で満たしてしまうの
Time forgets but I'm not over you yet
時間が忘れさせてくれるっていうけど,私はまだあなたのことが忘れられないの
There's no sense of asking why
どうしてって言われても,どうしようもないの
Until the tears run dry
私の頬を濡らす涙が乾いてくれるまでは

There's no one but you on my mind
誰でもない,あなただけが私の心の中で生きている
Searching for a perfect ending that we'll never find
完璧なさよならをしたいのに,どうしてもそれを見つけられないの
If we could make it work this time
今この時にそれができれば良かったのに

Years have flown by since you've been gone
あなたが去ってから,年月は飛ぶように流れ去っていったわ
This broken heart of mine's been waiting too long
私は折れた心を抱えたまま,ただここでじっとしているだけなの
All alone without you I can't carry on
あなたなしのひとりぼっちで,そんな心を抱えたままじゃ歩いていけないわ
There's no sense of asking why
どうしてって言われても,どうしようもないの
Until I'm there by your side
あなたと一緒に歩いていくことができないのなら

There's no one but you on my mind
誰でもない,あなただけが私の心の中で生きている
Searching for a perfect ending that we'll never find
完璧なさよならをしたいのに,どうしてもそれを見つけられないの
If we could make it work this time
今この時にそれができれば良かったのに
We could plant tomorrow's dreams now together
私たち二人が将来への夢をここに植えるとすれば
In a garden to last forever more
そこは永遠の緑に満ちて
All the flowers would grow
百花繚乱するその庭に
From the seeds we'd sow...
わたし達がその最初の種を蒔いていたに違いないのに

There's no one but you on my mind
誰でもない,あなただけが私の心の中で生きている
Searching for a perfect ending that we'll never find
完璧なさよならをしたいのに,どうしてもそれを見つけられないの

If we could make it work this time
今この時にそれができれば良かったのに
There means no sense of asking why
どうしてって言われても,どうしようもないの
Waiting until the tears run dry
私の頬を濡らす涙が乾くのを待つ間は

If I could make it change your mind
あなたの気持ちを変えられないのなら
If we could make it work this time
今この時にそれができれば良かったのに
There means no sense of asking why
どうしてって言われても,どうしようもないの

Waiting until the tears run dry
私の頬を濡らす涙が乾くのを待つ間は
If we could make it work this time
今その時にそうなってほしいというのに

Songwriters: CONNELL, ANDREW/DREWERY, CORINNE/O'DUFFY, PAUL STAVELEY

You On My Mind lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC, Universal Music Publishing Group, BMG RIGHTS MANAGEMENT US, LLC

☆ ほんの短い期間だったが,車通勤している時期があった。開局して間もないJ-WAVEで毎朝,この曲が良くかかっていたのを思い出す。スウィング・アウト・シスターについて言えば,このセカンド・アルバムでマーティン・ジャクソンが抜け,何となくdip in the poolみたいなデュオになった。Wikipediaの解説を見るとジャクソンはもう少しビート優位(あの頃だったらストック=エイトキン=ウォーターマンみたいなものか)のポップ音楽を志向しており,コリーンとアンディはもっと「映画的」な音楽(何というか野宮真貴時代のピチカート・ファイヴ的な)を志向していた。前作で言えばタイトル曲とか「トワイライト・ワールド」の延長線上にある感じがする。


スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック