2017-08

「Misty」 (Erroll Garner Covered by 松原みき 1984年10月21日=アルバムリリース)


初出:2010年8月9日
Miki Matsubara (Nov.28 1959 ~ Oct.7 2004)

BLUE EYESBLUE EYES
(2009/01/21)
松原みき

商品詳細を見る


「Misty」(From the Album『Blue Eyes』Released Oct.21 1984)



2017年5月26日付記
☆ 「ミスティ」はアメリカのジャズ・ピアニスト エロール・ガーナー(1923.06.15~1977.01.02)が1954年12月に発表したアルバム『Contrasts(コントラスツ)』に収録された作品。これにジョニーバークが詩をつけてジョニー・マティスが1959年9月にシングルとして発表し全米最高12位を記録するヒットとなり,やがてジャズのスタンダードの1曲となったもの。Wikipedia英語版にあるこの曲のカヴァーを見るとエラ(フィッツジェラルド)やサラ(ヴォーン)はこのシングルが出た59年に早くもカヴァーしており,その他にもアンディ・ウイリアムズやフランク・シナトラなど錚々たる面々が載っている。みき姐の名前は残念ながら無かったが(誰か編集乞う^^;),なぜか川上つよしと彼のムードメーカーズ(フィーチャリング 中納良恵 [EGO-WRAPPIN'] の2010年10月27日リリース『moodsteady』からのカヴァーが載っている(苦笑)。

☆ 「ミスティ」と出だしの3音が全く同じ音という曲がスタンダードにある。「ひき潮(Ebb Tide)」。この曲の英語版Wikipediaではこう記されている。

> The first three notes are identical to the first three notes of the Erroll Garner song "Misty" (1954).

☆ これは昔々「サウンド・イン S」でもネタに使っていたのを見たことがある(あの時はハネケン(羽田健太郎)さんがピアノ弾いてなかったかな?)。「ひき潮」は1953年にロバート・マクスウエルの曲にカール・シグマンが詩を書いたもので,最初はインスト版(下のYouTube参照。どこかで聞いたことないですか?)が出たが,有名なヴァージョンは1965年のライチャス・ブラザーズ盤である。

Ebb Tide(ひき潮) (Frank Chacksfield & His Orchestra 1953年)



Ebb Tide(ひき潮) (The Righteous Brothers 1965年)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック