2017-10

「Still Crazy After All These Years(時の流れに)」 (Paul Simon 1976年3月26日)


初出:2004年11月18日(本ブログ初出:2006年9月23日)

☆ そこは,およそ「音楽」の話題などお呼びでない「場所」だった。
それなのに「彼」は確信して、そんなHNを使っていた。
それが面白くて,しばらく彼の話を聞いていた(正確には「見ていた」)。

☆ 彼の話が結論じみたものになってきたので,チョッとだけ狙いをつけて、コメントを入れた。
もちろん,本題絡みの話を入れた後にさりげなく。

☆ さすがに気付いたらしい。返事が振るっていた。
「こんなところで,こういう話が出来るとは思わなかった。
貴方のような読者がいるから,○は面白い。」
いいえ,こちらこそ。お互い様,かもしれないね。

☆ でもまあ,今となってはこの曲のような話だが。

☆ 遊びの時間は簡単には終わらなくても, 人生の砂時計は既に一度ひっくり返されていることを知る頃になって, 「あの頃」とかいう幻とどうやってつき合っていけばいいのやら, 苦笑いしながらウイスキィ片手にサイモンの歌を聴くのも良さそうな秋の夜長だ。

2011年12月7日
時の流れに(紙ジャケット仕様)時の流れに(紙ジャケット仕様)
(2011/11/23)
ポール・サイモン

商品詳細を見る

☆ 『時の流れに』はポール・サイモンが久々に旧友アート・ガーファンクルと共演した「My Little Town」が話題になり(ただしこのアルバムのことがきっかけでアートはポールと暫くの間仲違いしていたそうだ)「恋人と別れる50の方法」はそれ以上のヒットとなった。しかしアルバムタイトル曲のこの曲こそが1975~76年のポール・サイモンを真に代表する曲のように思える。



☆ 日本で放送されたBBC製作の彼の75年のライブ。訳詩がついているので曲の雰囲気を味わうにはもってこいかもしれない。直ぐ前に「恋人(ニュアンス的には恋人というよりは「愛人」なんだが)と別れる50の方法」なんて曲を出しておきながらこの歌詩は何だろうね(笑)。でもこの曲は男女のことを歌っている形になっているが,それに仮託したのが旧友であるアート・ガーファンクルとの縁だったとすれば,また違った感慨を持ってしまうかもしれない。しかしデヴィッド・サンボーンの若いこと(36年前なんだから当たり前だけど=汗;)。

2017年5月24日追記
☆ 最初に載せた話は完全にプライヴェートな話。この時期のサイモンの別の曲名を捻ったタイトルのお話だったけれど,それに気付いたギャラリーが皆無でそのため話も空転していて,そろそろお開きが近いと感じたので,まあ人生はStill Crazy After All These Yearsでありますなあ みたいなことを書き込んで上に記した暖かい返事をいただいたというお伽噺。

☆ 後の方はもう少し曲のことも触れなくちゃと思って書き始めたものの,大した展開も見せずに尻切れトンボで終わってしまったという粗製乱造期の典型的なパターン。もっとも偶然見つけたYouTubeをよく見ると(というか聴こえる音で分かってしまうが)キーボードは(リチャード・)ティーのようだし,何となくエリック・ゲイルみたいなギタリストもいるし(笑)この時代のサイモンが東海岸で産み出していたグルーヴが何となく伝わってくる感じがする。ただ興味深いのは,このシングルじたいはマッスル・ショールズのリズム・セクションを導入していて,フェンダー・ローズを弾いているのはバリー・ベケットだし,サックスはマイケル・ブレッカーだったりする(Wikipedia日英版で確認)。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック