2017-10

「You Never Knew Me」 (Magazine 1980年5月=アルバムリリース=)




You Never Knew Me
(Adamson/Formula/Devoto/McGeogh/Doyle)



I don't want to turn around
ぼくは別に物事をひっくり返そうと思ってる訳じゃないんだ
And find I'd got it wrong
ましてそれをより悪くしようなんて
Or that I should have been laughing all along
あるいはその事実にただ苦笑いし続けるような羽目になるなんて
You're what keeps me alive
君がいるから今のぼくがあるというのに
You're what's destroying me
その君が今やぼくの存在を壊し続けている
Do you want the truth or do you want your sanity?
君は真実って奴を知りたいのか,それともまともで居たいだけなのか?

You were hell
君は酷い状況だった
And everything else was just a mess
君の周囲にあった全てがメスのように君の心を切り刻んでいた
I found I'd stepped into the deepest unhappiness
ぼくは自分がとんでもないどつぼに嵌まりつつあるあることは分かっていた
We get back, I bleed into you
ぼく達は元に戻らなければ,君の心に息吹を吹き込まないと
Thank God that I don't love you
おお神様,ぼくは君のことが好きじゃないのさ
All of that's behind me now
いまぼくの背後にあるもののすべてが
Still seems to be above you
いまだに君の上に留まっているかのようだ

I don't know
ぼくは分からないよ
I don't know whether I ever knew you
自分が君のことをキチンと分かっていたのかどうか
But I know you
でもぼくは君のことが分かっている
I know you never knew me
ぼくには分かる。君がぼくのことを決して理解しようとしないことが
I don't know
どうしてだかは分からない
I don't know whether I ever knew you
ぼくが君のことをちゃんと分かろうとしていたのかどうか
But I know you
でもぼくには君のことが分かる
I know you never knew me
ぼくには分かる。君が僕のことを決して分かろうとしないことが

Do you want to
君はどうなんだ

Hope doesn't serve me now
望みの糸もいまや断たれてしまった
I don't move fast at all these days
ぼくはここのところ物事を急がせるような気持ちはすっかり消えてしまった
You think you've understood
君はたぶん分かっているつもりなんだろう
You're ignorant that way
でも君はそういうやり方については全くの無知なんだけれどもね

I'm sorry, I'm sorry, I'm sorry
ぼくが悪かったんだ,そうぼくのせいさ,本当に済まなかった
I'm sorry I can't be cancelled out like this
ぼくがすべての物事をこういうふうに帳消しにできなかったのは悪かった
We had to kill too much
ぼく達はあまりにもお互いを傷つけあってきた
Before we could even kiss
ほんの仲直りのキスをする前にさえ

I don't know
ぼくは分からないよ
I don't know whether I ever knew you
自分が君のことをキチンと分かっていたのかどうか
But I know you
でもぼくは君のことが分かっている
I know you never knew me
ぼくには分かる。君がぼくのことを決して理解しようとしないことが
I don't know
どうしてだかは分からない
I don't know whether I ever knew you
ぼくが君のことをちゃんと分かろうとしていたのかどうか
But I know you
でもぼくには君のことが分かる
I know you never knew me
ぼくには分かる。君が僕のことを決して分かろうとしないことが

Do you want to
君はどうなんだ
Do you want to
Do you want to
Do you want to
Do you want to
Do you want to

Songwriters
BARRY ADAMSON, DAVID TOMLINSON, HOWARD DEVOTO, JOHN MC GEOGH, JOHN E DOYLE
※DAVID TOMLINSONはDave Formulaの本名。

☆ イギリスのバンド,マガジン(Magazine)1980年発表の最高傑作『ザ・コレクト・ユース・オブ・ソープ』の頂点にある作品。「石鹸の正しい使い方」はアルバム内の別の曲に出てくる(笑)。石鹸が意味するモノは米国流の「ソープ・オペラ(昼メロ)」であり,その文脈からはこの曲が一番しっくりくる。

☆ このアルバムのコンセプトは「この時代に悩まされている人々」についての考察であると思われる。だからスライの「サンキュー」があったり,フョードル・ドストエフスキーの影響下にある「ア・ソング・フロム・アンダー・ザ・フロアボーズ」でLPが締めくくられていたりするのだが,この曲に焦点を絞れば「人が人と分かりあうことの難しさ」になると思う。それは単に冷めかけた恋人や夫婦の話ではなく,もっと普遍・一般的な感じがする。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック