2017-04

「土曜の夜は僕の生きがい」 (エルトン・ジョン 1973年7月16日)



黄昏のレンガ路黄昏のレンガ路
1,490円
Amazon



☆ 前回の所さんの元ネタは意外とエルトン・ジョンではないかと思っている(爆)。エルトンの7枚目のスタジオ・アルバムで初の2枚組だった『グッバイ・イエロー・ブリック・ロード(黄昏のレンガ路)』からの先行シングルとして1973年7月16日(月曜日)にシングル・カットされた(最高位:英国 第7位,米国 12位)。

Saturday Night's Alright for Fighting (Compose Elton John / Lyrics Bernie Taupin)



☆ 1973年ってグラム・ロックの全盛期で,このアルバムジャケットの絵に見えるエルトンのブーツも何やらヒールがやたら高いが(爆),当時からこの今日はエルトンには珍しい「ジャンプ・ナンバー」と評価されていた。どっちかと言うとタイトルからしてもモット・ザ・フープル風の不穏さ(したがって次世代であるストラングラーズのそれとはかなり違う=笑=)が漂っているのが73年っぽい。もっともアルバムタイトル曲が暗示する「金ぴかバブル」はむしろイーグルスに3年ほど先行していたかもしれない。

☆ Wikipediaのこの曲の解説(英語版)を見ると,ザ・フーやローリング・ストーンズ的な音作り(実際,フーは91年にカヴァーしている)を指摘している。またクイーンのフレディ・マーキュリーがお気に入りだったらしく,77年以降コンサートで数多く取り上げている。

スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック