2017-06

「Paint Me Down」(Spandau Ballet Live at the Sadlers Well Theatre 1983


DiamondDiamond
Amazon


☆ スパンダー・バレエはニュー・ロマンティックスのムーヴメントに乗って浮上したが(82年だったか83年だったかの暮れには,同じムーブメント最大の功労者であるデュラン・デュラン(どちらも5人組グループ)と英人気テレビ番組でクイズ対決をした(要するに日本で言うアイドル,向こうで言うティニー・ホッパーだった)ことがある。



☆ だが彼等は早い時点でニュー・ロマンティックス(以下「ニュー・ロマ」と略す。)から方向転換し,ブリティッシュ・ファンクに向けたアプローチを取り始めた。良く考えるとデュラン・デュランもニュー・ロマ的なエレクトロ・ポップはごく初期にしかやってない。ニュー・ロマの中心にはミッジ・ユーロがジョン・フォックスから引き継いだウルトラヴォックスとスティーヴ・ストレンジのキャラクター立ちだったヴィサージがいたが,どちらかと言うと百花繚乱だったエレ・ポップ(トーマス・ドルビー,スロッビング・グリッスルからゲイリー・ニューマン,シンプル・マインズ,OMD,ヒューマン・リーグまで)の一亜種だった感が強い。



☆ ただスパンダー・バレエがブリティッシュ・ファンクに接近していたのはこのセカンド・アルバム『ダイヤモンド』のみで,そこからはどちらかと言うと米国で言う「メインストリーム・ロック」や「ブルー・アイド・ソウル(もしくはAOR)」に接近し,代表作『トゥルー』に向かって突き進んでいく。ここで紹介するYouTubeは彼らがスターダムを確立した時期のライブで勢いも感じさせるが,もしかするとバンド,特にヴォーカルのトニー・ハドレーはロキシー・ミュージックのサウンドを意識していたかもしれないという気もする。

This is Spandau Ballet singing "Paint Me Down" Live at the Sadlers Well Theatre in London, UK - May 1 1983
This track was taken off the Laserdisc titled "Over Britain"
YouTube posted by James Bonisteel 2013/04/30

Paint Me Down (Gary Kemp)



☆ ぼくは昔からニュー・ロマは80年代にパンク/ニューウエイブのムーブメントを受けて英国のショウビズが仕掛けたトレンドだと思っているが,デュラン・デュランもスパンダー・バレエもそのトレンドを潜り抜けたところに価値があったとも思っている。



スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック