2017-08

「天使のささやき」 (The Three Degrees 1974年9月27日) / 「ダイヤモンド・ダスト」 (Jeff Beck 1975年3月29日=アルバムリリース)




☆ 今日やたらあちこちで「天使のささやき記念日」と出ていたので,Wikipediaを見てみた。
> 天使の囁き記念日(てんしのささやききねんび)は、1978年(昭和53年)2月17日に北海道幌加内町母子里(もしり)で日本最寒記録の-41.2℃を観測したことを記念し、1994年に制定された記念日である。

☆ これだけではまだ意味が分からない。コトバンクを見るとこう書いてある。
> 天使のささやきの日
> 2月17日。北海道雨竜郡幌加内町の有志が制定。ダイヤモンドダストを観察する交流イベント「天使の囁きを聴く集い」を開く。1978年2月17日、同町母子里で氷点下41.2度を記録(非公式)したことにちなむ。

☆ どうも「天使のささやき」とは,ダイヤモンドダストのことらしい。しかし70年代フィリー・ソウルを知っている者には「天使のささやき」は日本語盤まで出たザ・スリー・ディグリーズの代表作 "When will I see you again" の邦題に決まっている(爆笑)。

When Will I See You Again (Kenny Gamble / Leon Huff)
全米最高位2位(ビルボード)No.1(キャッシュボックス),全英No.1



☆ しかし「天使のささやき」(タイトルに合わせて日本語歌詩を書いた日本語盤ではなくこのオリジナル盤)はむしろ「ウィル・ユー・スティル・ラブ・ミー・トゥモロー」の系譜に連なる歌詩だったりする。女の子はいつでも不安なのだ。。。

【2017年4月16日追加】
この曲を80年代風に解釈すると彩恵津子の89年盤のようになる。非常に良いカヴァーです。

【ここまで追加】




☆ 「ダイヤモンド・ダスト」といえば,ジェフ・ベックのギター美学の究極かもしれない『ブロウ・バイ・ブロウ』(1975年3月29日)の掉尾を飾る名曲(名演)を思い出す。こちらの方が記念日の趣旨には近いのかもしれない。

Diamond Dust (Bernie Holland)



Personnel

Jeff Beck — electric guitars, bass
Max Middleton — keyboards
Phil Chen — bass
Richard Bailey — drums, percussion

George Martin — producer; string arrangements

↓ 本日の決定打(苦笑)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック