2017-09

「恋のほのお(Love Grows(Where My Rosemary Goes))」 (エジソン・ライトハウス1970年1月 追記あり)



初出:2013年2月5日

Best ofBest of
(2001/05/08)
Edison Lighthouse

商品詳細を見る


☆ 「恋のかけひき」もなかなか洒落た邦題だと思った(女の子に翻弄されている男の子が可愛い=笑=)が,この「恋のほのお」も上手な邦題のつけ方だと思う。ローズマリーって人気な名前だったんだこの時代。

☆ この曲については以前も触れたことがあるが,山下達郎が「ソングブック」でモータウンの特集をした時にモータウンの曲を徹底的に分析して作った作品だということを話していたのを思い出す。確かにモータウンビートではないが,曲をだんだん盛り上げて行く作りは60年代後半のモータウンの諸作品にも通じるものがある。

↓ 未体験者が見ても一目で分かる「絵に描いたようなゴーゴー・ダンスの見本」です(爆)
  また,この曲の歌詩にも通ずるところもあって興味深いな。


Love Grows(Where My Rosemary Goes) (Tony Macaulay / Barry Mason / Sylvan Whittingham)

She ain't got no money
Her clothes are kinda funny
Her hair is kinda wild and free
Oh, but Love grows where my Rosemary goes
And nobody knows like me

She talks kinda lazy
And people say she she's crazy
And her life's a mystery
Oh, but Love grows where my Rosemary goes
And nobody knows like me

There's something about her hand holding mine
It's a feeling that's fine
And I just gotta say
She's really got a magical spell
And it's working so well
That I can't get away

I'm a lucky fella
And I've just got to tell her
That I love her endlessly
Because Love grows where my Rosemary goes
And nobody knows like me

There's something about her hand holding mine
It's a feeling that's fine
And I just gotta say
She's really got a magical spell
And it's working so well
That I can't get away

I'm a lucky fella
And I've just got to tell her
That I love her endlessly
Because Love grows where my Rosemary goes
And nobody knows like me

Fadeout:
It keeps growing every place she's been
And nobody knows like me

If you've met her, you'll never forget her
And nobody knows like me

La la la- believe it when you've seen it
Nobody knows like me

☆ とにかく彼女のことはぼくがいちば~ん好きなんだというメチャメチャ可愛い歌詩。

2017年2月10日付記
☆ 英語版Wikipediaから少し捕捉します。
① Edison Lighthouseの名の由来
> Edison Lighthouse was named after the Eddystone Lighthouse off the coast of Devon.
エジソン・ライトハウスは英Devon州に実在するthe Eddystone Lighthouseからその名が採られた。関係頁を見ると英仏海峡に立っている灯台のようです。
Eddystonelighthouse
② チャートアクション
英国(1970年1月発売):最高位1位(1月31日)。合計5週No.1だった。
米国(1970年2月21日発売):最高位5位(ビルボード),4位(キャッシュボックス)
ニュージーランド:No.1,豪州:2位,カナダ:3位


The original lineup of Edison Lighthouse consisted of Tony Burrows (lead vocalist), Stuart Edwards (lead guitar), David Taylor (bass guitar), George Weyman (drums), and Ray Dorey (guitar).


2017年2月12日追記
☆ 90年代のどこかの「ソングブック」(田村直美がモータウンのアルバムを出した頃なので1995年あたり)で,山下達郎がモータウンの特集をやっていて,その時に確かこの作品をモータウン・サウンドを研究し尽くして出した作品と紹介していた。改めて聴いてみると,リズムはモータウンではない。モータウンの代表的リズムパターン(ホランド/ドジャー/ホランドによる2パターン。「恋はあせらず」と「アイ・キャント・ヘルプ・マイセルフ」参照)ではないが,曲の構成はイントロにフックとなるメロディをもってきて,これをあちこちに置くことや,A-A-B-A-B-A’(半音上げ&リフ/コーダ)のシンプルな構成を3分間にまとめるという典型的なバブルガム・ポップの曲作りであることが分かる。山下の指摘はたぶんこの曲作りがモータウンの曲作りだと言っているのだと思う。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック