2017-07

『Our Favourite Shop』 (The Style Council 1985年5月9日)



2013年10月11日

アワ・フェイヴァリット・ショップアワ・フェイヴァリット・ショップ
(2011/11/09)
ザ・スタイル・カウンシル

商品詳細を見る


Homebreakers (Mick Talbot / Paul Weller)




Come to Milton Keynes (Paul Weller)
最高位 全英23位


The Lodgers (Or She Was Only A Shopkeeper's Daughter)
(Mick Talbot / Paul Weller) Single Version
最高位 全英13位,ニュージーランド47位



Our Favourite Shop (Mick Talbot)



初出:2008年3月30日
再掲:2011年7月25日

A Man of Great Promise (Paul Weller)
The Style Council A Man Of Great Promise lyrics
Artist: The Style Council
Album: Our Favourite Shop
Year: 1985
Title: A Man Of Great Promise



I bought the paper yesterday and I saw the obituary
ぼくは昨日新聞を買って,そこに死亡記事を見つけた
And I read of how you died in pain -
ぼくは君がどんな痛みの中で亡くなったのかを読んだ
Well I just couldn't understand it
ああ,ぼくはその事実を受け入れることができないでいるんだ
If I could of changed that, then Lord knows I'd do it now
もしぼくが代わってあげられるのなら,神はぼくが今すぐどうしたいのか解るだろう
But there is no going back -
だけどもうここへは戻ってこられない
And what's done is done forever
そして君が生きてきたことは永遠に残っていく


But you were always chained and shackled by the dirt -
君はいつも自由を奪われ,足かせにつながれて泥濘(ぬかるみ)を歩いていた
Of every small town institution and every big town flirt
ちっぽけな田舎の町のしきたりや大都会の移り気に翻弄されながら


And I think of what you might have been,
だけどぼくはわかっていた
a man of such great promise
君こそが将来を嘱望されていた人だと
Oh but, you seem to forget the dream -
ああ,だけどいつか君はその夢を見失って
And the more you saw you hated
そしてかつて君が嫌っていたものに君自身がなっていってしまった


But let's not talk of blame, for what is only natural
だけどそのことを悪し様に言うことは出来ない,そうなるべくしてなってしまったのだから
Like a moth going to a flame -
蛾が炎に向かって飛び込むように
You had a dangerous passion
君は危険な情熱の虜になっていったのだろう


But you were always chained and shackled by the dirt -
君はいつも自由を奪われ,足かせにつながれて泥濘(ぬかるみ)を歩いていた
Of every small town institution and every big town flirt
ちっぽけな田舎の町のしきたりや大都会の移り気に翻弄されながら


All the things that you might have been - but who am I to say?
この世に遺していった君の生き様を,語る資格がぼくにあるのだろうか?
Still I wonder -
今でも考えてしまうんだ
If it's the cold earth you prefer to lay -
君は心からその冷たい大地(墓園)の中に横たわることを望んでいたのかと
If it's the cold earth - you prefer to stay
君は心からその冷たい大地(墓園)の中で過ごすことを望んでいたのかと





初出 2008年3月30日
2017年2月1日付記
☆ この曲はポール・ウエラーの書いた最高の作品であると思います。この曲についてはどこかで稿を改めたいと思います。

2012年2月3日

Walls Come Tumbling Down! (Paul Weller)

☆ 解説はこちらのサイトを参照してください。ぼくなどより博識です。

http://blogs.yahoo.co.jp/hotel_zihuatanejo/34345272.html

☆ ぼくなりに付け加えるなら歌詩の中の "Power game" は,名前の通り東西冷戦体制のこと。今では米国の戦略だったことが当事者の口から明らかにされているが,レーガン政権のアメリカはソ連が軍拡競争を続けるだけの体力がないことを見抜いて,軍拡競争に巻き込んでいった。だから80年代半ばになるとモスクワの街頭でも(公定価格の)食料品が不足するようになる。グダニスクで「連帯」運動が起こったのも,結局は「ブレジネフ・ドクトリン」が崩壊し,Power Gameの中でしわ寄せを受けた数多くの市民・労働者の象徴としてレーニン造船所のストライキとレフ・ワレサを代表に掲げたこの運動になったのである。

☆ ウエラーはそれを知っているからこそ,彼の国の労働者にも歌いかけた。結局はソ連という「壁」は「崩壊」したが,それは資本主義一人勝ちになった。今月の日本経済新聞「私の履歴書」でトニー・ブレアが書いていることは,ウエラーには我慢ならないかもしれないが,そういう意味で正鵠を射ていたと思う。マーガレット・サッチャーは聡明な女性で,東側陣営を追い込むためだけでなく,それがもたらすであろうイデオロギー上の混乱を見抜いて「強いイギリス」を建設しようとした。勝てば官軍だからそう言えるのだとの批判は甘んじて受ける。しかし,そういった保守主義は決してそれ以上に教条化した「社会主義」(今もその権威的教条主義が残っている近くの「国」を見ればいい!)に負けることはなかった。

☆ 資本主義はこうして勝利者になったが,今こそこの歌を必要としている時代が来ている。ただ倒すのでは,ただ反対するのでは駄目だ。必ず代替案を持って戦う時が来ている。かつて労働者の既得権が刷新されていったように今度は別の既得権が刷新されるべき時代なのだ。

Walls Come Tumbling Down! (Paul Weller)
最高位 全英6位
ニュージーランド 15位
全豪 19位



You don't have to take this crap
You don't have to sit back and relax
(You can actually try changing it)
I know we've always been taught to rely
Upon those in authority -
But you never know until you try
How things just might be -
(If we came together so strongly)

Are you gonna try to make this work
Or spend your days down in the dirt
You see things can change -
YES an' walls can come tumbling down!

(Governments crack and systems fall
'cause Unity is powerful -)
Lights go out - walls come tumbling down!

YES we do it!
YES we do it!

The competition is a colour TV
We're on still pause with the video machine
(That keep you slave to the H.P.)

Until the Unity is threatend by
Those who have and who have not -
Those who are with and those who are without
And dangle jobs like a donkey's carrot -
(Until you don't know where you are)

Are you gonna get realize
The class war's real and not mythologized
And like Jericho - You see walls can come tumbling down!

(Governments crack and systems fall
'cause Unity is powerful -)
Lights go out - walls come tumbling down!

・・・・・・・

Are you gonna be threatend by
The public enemies No. 10 -
Those who play the power game
They take the profits - you take the blame -
(When they tell you there's no rise in pay)

Are you gonna try an' make this work
Or spend your days down in the dirt -
You see things CAN change -
YES an' walls can come tumbling down!

(Governments crack and systems fall
'cause Unity is powerful -)
Lights go out - walls come tumbling down!

(Governments crack and systems fall
'cause Unity is powerful -)
Lights go out - walls come tumbling down!

(Governments crack and systems fall
'cause Unity is powerful -)
Lights go out - walls come tumbling down!

(Governments crack and systems fall
'cause Unity is powerful -)
Lights go out - walls come tumbling down!


最高位
全英1位
ニュージーランド 6位
オランダ 11位
全豪・全独 23位
スウェーデン 30位
全米 123位

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック