2017-05

今年最後の曲



☆ どうせブロックされて「A Happy New Year」が出せないだろうから「笑ってはいけない」見ながら適当に書いた今年最後のエントリー。改めて拙訳を故モーリス・ホワイト(Maurice White、1941年12月19日 - 2016年2月3日)に捧げます。




September (Maurice White/Al McKay/Allee Willis)
Do you remember the
ねえ,覚えてるだろ?
21st night of September?
9月21日の夜のことさ
Love was changing the minds of pretenders
ぼくの中のコイゴコロはちゃんとした形になったのさ
While chasing the clouds away
心の中のモヤモヤを追い払った後にね

Our hearts were ringing
ぼくたちの気持ちは響き合っていたんだ
In the key that our souls were singing.
ぼくらの魂がその扉の鍵を開けるため声を合わせるかのようにね
As we danced in the night,
ひと晩中君と踊っているうちに
Remember how the stars stole the night away
夜空の星たちがその夜をさらっていったんだ

Ba de ya - say do you remember
Ba de ya - ね,覚えてるだろ
Ba de ya - dancing in September
Ba de ya - 九月のあの夜ぼくたちが踊ったことを
Ba de ya - never was a cloudy day
Ba de ya - 心の中の曇りが一掃されたあの夜のことさ

Ba duda, ba duda, ba duda, badu
Ba duda, badu, ba duda, badu
Ba duda, badu, ba duda

My thoughts are with you
ぼくの思いは君に真っ直ぐさ
Holding hands with your heart to see you
手を取り合っただけできみの心持ちをこんな近くに感じることができる
Only blue talk and love,
さえない話も恋のことも
Remember how we knew love was here to stay
ぼく達が恋することを知って,それがここにあると気付くまでのことだった

Now December found the love we shared in September.
いまは12月,9月にぼく達は恋に落ちそれを育み合ってきた
Only blue talk and love,
さえない話も恋のことも
Remember the true love we share today
ぼく達が本当に愛し合っていることを思い起こさせるだけなんだ

Ba de ya - say do you remember
Ba de ya - ね,覚えてるだろ
Ba de ya - dancing in September
Ba de ya - 九月のあの夜ぼくたちが踊ったことを
Ba de ya - never was a cloudy day
Ba de ya - 心の中の曇りが一掃されたあの夜のことさ

There was a
そうさ
Ba de ya - say do you remember
Ba de ya - ね,覚えてるだろ
Ba de ya - dancing in September
Ba de ya - 九月のあの夜ぼくたちが踊ったことを
Ba de ya - never was a cloudy day
Ba de ya - 心の中の曇りが一掃されたあの夜のことさ

The bell was ringing, aha
ぼく達を祝福する鐘が鳴り響いている,だろ
Our souls were singing
二人の心は響き合っている
Do you remember
覚えているだろ
Never a cloudy day
ぼくらの心の中の曇りは一掃されたんだ

There was a
そうさ
Ba de ya - say do you remember
Ba de ya - ね,覚えてるだろ
Ba de ya - dancing in September
Ba de ya - 九月のあの夜ぼくたちが踊ったことを
Ba de ya - never was a cloudy day
Ba de ya - 心の中の曇りが一掃されたあの夜のことさ

There was a
そうさ
Ba de ya - say do you remember
Ba de ya - ね,覚えてるだろ
Ba de ya - dancing in September
Ba de ya - 九月のあの夜ぼくたちが踊ったことを
Ba de ya - never was a cloudy day
Ba de ya - 心の中の曇りが一掃されたあの夜のことさ

Ba de ya de ya de ya
Ba de ya de ya de ya
ba de ya de ya de ya
De ya

Ba de ya de ya de ya
Ba de ya de ya de ya
ba de ya de ya de ya

↓ もっと良い訳詞ならここ
http://oyogetaiyakukun.blogspot.jp/2013/09/september-earth-wind-fire.html

☆ 上の訳詞サイトの理解は正しい面があると思う。ただどちらとも取れる。あの日に鳴り響いていた「倖せの鐘」は,Only blue talk and love という歌詩からも,この解釈の通り今はないものとも取れるし,それは読み過ぎとも取れる。なぜならこの曲のタイトルの通り話されている物語は9月21日の夜の話だからだ。確かにこの曲の物語が語られているのは12月なのだが,そこで語られているのはやはり9月21日の夜のことでしかないし,それがきっかけになった「物語」のことだからだ。だから正直な感想を言えば,どちらでもいい気がする。

☆ アース,ウインド,アンド ファイヤーはヴォーカルとバンド(及びパフォーマンス)の複合グループで,例えばラジオから聞く分には,ファルセット隊などヴォーカルのインパクトが非常に強いけれど,ヘッドフォンで聴くとベースのドライブ感が実に気持ち良い。このベースは単純な縦ノリを許さず(笑),勝手に身体が横揺れするのである(爆)。


お知らせ

☆ このエントリーのすぐ下にあったエントリーは廃番になりました。

スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック