2017-05

ポリティカル・コレクトネスってなんだろう(なんだかなあ)?!



☆ テレビが面白くなくなったと言われて久しいけれど,松本人志の抱えている苛立ちを考えれば仕方がないかなあという気もする。松本は実感していると思う。俺が子供の頃にテレビを見て笑い転げた(当然その後にPTAから下劣番組と指弾された),あれと同じことが今のテレビでは「やってはいけない」。それも年表か巻物みたいに細々(こまごま)と。その中でどうやって笑いを取るかが「笑ってはいけない」シリーズに結実しているが,熟れ過ぎというよりネタ切れに近いガス欠になってしまっている。

☆ ポリティカル・コレクトネスの話題はドナルド・トランプがなぜ支持されたかということと同根のような気がする。右へ左へロジックをくししながらサヴァイバル・ゲームと割り切ったヒラリー・クリントンが何だか「さもしく」見えてしまったのではないか。そんなタテマエだらけの状況にウンザリして(これはエーリッヒ・フロムが『自由からの逃走』で描いたものでもある)トランプへカードが向かった。この手のコレクトネス(正しさ)追求は,狭く論ぜられるコンプライアンス論議とも共通していて,もっと言えばムスリムの女性にヴェールを付けさせない一方でクリスマスシーズンを「ハッピー・ホリデイズ」なんて言い換える小賢しさと同工異曲じゃないか。


↑ ちなみにこの人達はアンディ・パートリッジ,コリン・モールディング,デイヴ・グレゴリーつまりXTCの三人です。


☆ 東方三賢人なんて知らない人が大多数の我らにとってはクリスマスもハロウィンもコマーシャルなイベントでしかないとは思う。だったらもう少し世の中も「いい加減」になったらどうだ。せめて松本がやりたいようなコント番組を作っても何とか機構行きにならない程度の。今さらベルーシの「黒ん坊(ニガー!)」ネタまで緩まなくてもいいからさ。






しかしねえ。サビのメロがまんま「スリープウォーカー」じゃん。田島君(爆)。
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック