2017-06

「Dancing in the Dark」 (ブルース・スプリングスティーン 1984年5月3日)



ボーン・イン・ザ・U.S.A./ブルース・スプリングスティーン



¥2,097

Amazon.co.jp



初出:2007年4月8日

Dancing In The Dark(Bruce Springsteen)



I get up in the evening, and I ain't got nothing to say
俺は夕方に起き出す,でも何も手に入れることはできない
I come home in the morning, I go to bed feeling the same way
俺は明け方過ぎに家に戻り,同じ気分を引きずりながら寝床に就く
I ain't nothing but tired, man I'm just tired and bored with myself
俺はただ疲れているんじゃない。そうとも,俺は自分という存在にいい加減ウンザリしているんだ
Hey there baby, I could use just a little help
だからベイビー,俺にささやかな救いの手を差し出させてくれないか

You can't start a fire, you can't start a fire without a spark
お前の心に火を点けられないのなら,ただの一瞬でも心がときめかないというのなら
This guns for hire even if were just dancing in the dark
たとえ闇の中で踊るようなものだとしても,この俺を使ってみてくれないか

Message keeps getting clearer, radios on and I'm moving round the place
つけっぱなしのラジオからの音がハッキリ分かるようになると,俺は所在無くそのあたりを動き回る
I check myself out in the mirror I wanna change my clothes my hair my face
姿見に映った自分を見ながら俺は思う。この衣装も,この髪型も,この顔も全部変えてしまいたい!と。
Man I ain't getting nowhere just sitting in a dump like this
そうさ,俺はどこへも行けないまま,ここにただ座ったままで年老いていくなんてゴメンだぜ
There's something happening somewhere baby I just know that there is
どこかで何かが始まろうとしているのさ。ベイビー,俺にはそれが分かるんだ

You can't start a fire, you can't start a fire without a spark
お前の心に火を点けられないのなら,ただの一瞬でも心がときめかないというのなら
This guns for hire even if were just dancing in the dark
たとえ闇の中で踊るようなものだとしても,この俺を使ってみてくれないか

You sit around getting older there's a joke here somewhere and it's on me
お前はここで大人しく年老いていくつもりかい,そんな冗談を言う前に俺がいるじゃないか
I'll shake this world off my shoulders come baby this laughs on me
俺が世間をアッと言わせてやるさ,だからついて来いよ。ベイビー,俺を笑ってもいいから

Stay on the streets of this town and they'll be carving you up alright
この町の街角で大人しくしてれば,世間がお前を良くしてくれるとでも言うのかい
They say you got to stay hungry hey baby Im just about starving tonight
世間はお前はひもじい思いをするだけと言うだろう,ベイビー。だけど俺は今夜飢え死にしそうなんだ
I'm dying for some action I'm sick of sitting round here trying to write this book
俺は今,動き出したいんだ。もうこんな所に座って夢の続きを綴っているのに飽き飽きしてるんだ
I need a love reaction come on now baby give me just one look
俺には愛情の反応が必要なんだ,だからベイビー。俺を一瞬見つめたらついて来いよ

You can't start a fire sitting 'round crying over a broken heart
お前の心に火を点けられないのなら,座ったまま破れたハートで泣き濡れ続けるのなら
This gun's for hire even if we're just dancing in the dark
たとえ闇の中で踊るようなものだとしても,この俺を使ってみてくれないか

You can't start a fire worrying about your little world falling apart
お前の心に火を点けられないのなら,お前の小さな世界が引き裂かれたままなのを悩んでいるのなら
This gun's for hire even if we're just dancing in the dark
たとえ闇の中で踊るようなものだとしても,この俺を使ってみてくれないか

Even if we're just dancing in the dark
たとえ闇の中で踊るようなものだとしても
Even if we're just dancing in the dark
たとえ闇の中で踊るようなものだとしても
Even if we're just dancing in the dark
たとえ闇の中で踊るようなものだとしても

Hey baby
さあ,ベイビー

初出:2015年7月14日:1984年の夏のこと

☆ ブルース・スプリングスティーンの新譜は,豪快なロックンロールにしては軽やかに聴こえ,PVもまたそういうイメージに溢れていた。あとから思えば,曲を聞いて歌詩の意味が分からないことが,どういう誤解を招くのかをつくづく考えさせられるのだが,多分それに気付いたのはCDになって初めて国内盤を買って歌詩カードを見るよりは早く,村上春樹の「ハングリー・ハート」の話を読んだ時だったのだろうと思う。

☆ ぼくは当時「ダンシング・イン・ザ・ダーク」が1位になれないの事に苛立っていた。デュラン・デュランは彼らにとっても代表曲のひとつであろう「ザ・リフレックス」(いまだに内容のためボツになったオリジナルのPVを見たことがない。中村真理さんの番組で見ていたPVを長いことオリジナルのものだと思っていた。どうでもいい話だが同じ頃にリリースされて同じようにボツにされたサザン・オールスターズの「ミス・ブランニュー・デイ」のPVはようつべで見て大爆笑したが,LGBTやダイバーシティーを思えばまず永遠に今のテレビでは放映されないだろうと思う(爆))にせよ,異様に高い湿気を感じた(再爆)プリンスの「When Doves Cry(タイトルを考えあぐねて「ビートに抱かれて」と邦題を付けたワーナー洋楽部の大ヒット)」も確かに今まで聴いたことのない「肌触り」を残す作品ではあったが,その頃は邪魔で邪魔でしょうがなかった(大爆笑)。この曲はなぜか1年後にオランダやベルギーでNo.1になっている(1985年6~8月)が,同時期のヒット曲がポール・ハードキャッスル「19」であることも興味深い。

☆ しかしほんとうに苛立っていたのは,ぼくではなく,スプリングスティーンの歌の主人公だった。何一つ変わらない現実から逃れたいという苛立ちこそ,この軽快なビートとEストリート・バンドの丁寧に組み立てたサウンドに乗せ,彼が何気なくむしろ淡々と歌うロックンロール・ソングの真髄だった。それはかつて自分たちが打ち負かした国から思わぬ追い上げを喰らい,その国よりもさらに小さな国に負け,自分たちは何をやっていたのか,どうあるべきなのかと思う間もなく80年代という時代に漂っていた(少なくとも70年代からの底打ちはあっただろうが,ロナルド・レーガンにこの国を任せてよかったのかという疑念も消え去ってはいなかっただろう=皮肉にもレーガンに任せたことは結果オーライとなるのだが)この時代の合衆国の苛立ちを代弁していたのだ。

☆ 同時にその時代の苛立ちのひとつの現れが欧州でこの曲の前後にヒットしていた「19」の歌詩である。そこにはレーガン政権が戦略として打ち出した軍拡競争(でソ連を破綻させる作戦)の陰影が残る。「19」のテーマが「地獄の黙示録」の回帰というか再帰というべきであろうし,そこで使われたサンプリング手法は,人間をディジタルな存在(戦死者数のように数で纏める存在)にすることへの生理的な嫌悪感が深く反映されているように感じる。この二つの苛立ちは同根のものではなかったか?

最高位
第1位 ベルギー,オランダ(この2国のみ1985年、他は84年)
第2位 アメリカ,アイルランド,スウェーデン,ニュージーランド
第3位 カナダ  第4位 南アフリカ,英国 第5位 豪州

スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック