FC2ブログ

2019-12

あの話はどこにいった? (じいさん学 第5講)


☆ ローマ教皇フランシスコが来日した日の夜(2019年11月23日),NHKニュースを見ていたら,それまで「ローマ法王」という呼称を使っていたのを,今回から「ローマ教皇」に改める(政府の呼称変更に右に倣えしたとか云々)と話していた。確かにぼくがこどもの頃はパウロ六世が「法王」だったかと思うが,ずっと「ローマ法王」と呼んでいた。でもこれはおかしいのである。




☆ ローマ教皇は塩野七生の書名にあるように『神の代理人』であるから「法」は関係ない。だいたいここで「法」といえば,ユダヤ教の「律法」だったりイスラム教のそれだったりする。おそらく「法王(法皇でもない)」という呼称は仏教系の呼称に倣ったのだろう。だがしかし,正しい表現をすることは必要なことだ。とはいえ,ぼくたちが中学・高校で世界史を学んだ時にはいろいろな「変化」があった。

☆ 例えばユリウス・カエサル。この "塩野七生女史の永遠の憧れ人" は,ぼくがこどもの頃は英語読み(であることも当時は知らなかった)のジュリアス・シーザーだった。シーザーはシェイクスピアの戯曲ではシーザーだが,ローマ人であるがゆえ「ユリウス・カエサル」であるという理屈を当時聞いたことはなく(笑)シーザーの胸像の写真の下に「カエサル」と書いてあるのを見て最初は「?!」と思ったものだ。

☆ こういう話はたくさんある。今ではイスラム教と言っている宗教も,ぼくがこどもの頃(今日は基本的にこんな話が続く^^;)には「回教」と言われていた。回教とは何か?ウイグル(回紇や回鶻といった表記がある)族の宗教という意味だろう。世界史の教科書には唐代にシルクロード経由で様々な宗教が伝播していることが書かれており,祆教(ゾロアスター教),景教(ネストリウス派キリスト教),明教(マニ教)があった。イスラム教は当初「清真教」と呼ばれたが,ウイグルの人々が多く改宗したことから「回教」になったとWikipediaには書いてある。

☆ そういう意味で名称というものは正しいものに直した方が何かと都合が良いのだが,なかなかそうは問屋が卸さない。ある時,とある文学者がローズヴェルト(米国大統領。伯父の方はクマのぬいぐるみでお馴染みテディことセオドア・ローズヴェルト,甥はF.D.Rことフランクリン・デラノ・ローズヴェルト)が未だに「ルーズヴェルト」と表記されているのはおかしいと新聞のコラムに書いていたが,本人が別の箇所を書き間違えていたため,ぼくをはじめとする数人の問合せを受けて次号で訂正されていた。

☆ 人やモノの名前の呼び方は実際にその発音を聞かないと何とも言えない。数字はディジットなのに「デジタル」が定着し,マイルズ・デイヴィスは何時までたっても「マイルす」だと村上春樹氏は異議を唱え続けているし,オーストリアの首都はいつまでたってもヴィーンでもヴィエナ(英語読み)でもない「ういーん」だし。とキリがない。

You Know My Name (Look Up The Number) (Lennon / McCartney)




☆ この曲で終わらせる以上「最終回」ではないという覚悟の顕れであります(自爆)。
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック