FC2ブログ

2019-07

【追記あり】「マーマレイド・グッドバイ -Marmalade Goodbye-」 (山下達郎 1988年10月19日=アルバムリリース)


☆ ポピュラー・ソングにはその作品が作られた時代が反映される。バブルの時代に山下達郎はただ一言「ぼくはおしゃれじゃないから」と書いて,その時代の喧騒から抜け出す主人公を描いた。この曲に関する(彼自身の)解説はWikipediaの『僕の中の少年』の各曲解説の中にあるので,そちらを参照していただきたい。このアルバムが異彩を放つのは,彼の今までに発表したアルバムの中で唯一タイトルが日本語であることや私生活や自分の感情を抒情的に曲の中に表すことを極力避けている彼にしては珍しく私生活や私的感情を垣間見ることができる部分が多くあることだ。

「マーマレイド・グッドバイ -Marmalade Goodbye-」
(作詩・作曲:山下達郎)


☆ 例えばアルバム冒頭曲の華やかさや掉尾を飾るタイトル曲の主題は明らかに彼ら夫妻に生まれた子供のことを暗示しているし,この曲と「蒼茫」には明らかに時代に対する彼のスタンスが明示されている。それはWikipediaの「解説」を見る限り意識的なものではないが,そうであるからこそ,図らずも時代の本質を衝くことになったのだと思う。それと同じ感覚をぼくは村上春樹の『ダンス、ダンス、ダンス』の中でも強く感じている。あの小説を書いた時,村上は日本にはいなかったと思う。しかし彼が描いたもの,たとえば五反田君のマセラッティに象徴されるもの,あれは紛う事なきあの時代の日本のバブルの煌びやかさであり,空疎さであったと思う。

2019年7月20日追記
☆ ポピュラー音楽の制約はその音楽が創られた時代(背景)を多かれ少なかれ反映することである。作品を創るきっかけは作家が見聞きした出来事であるから(絵画・彫刻・詩・小説から音楽・映画・演劇まで総ての表現芸術に共通),作品の背景から時代感を掴むきっかけになりうる(もちろん芸術に関しては「近代社会以降の話」という限定もあるが)。

☆ 山下達郎に関して言えば「おしゃれ」という単語がこの曲の詩以外に見当たらないという事実がある。彼の深層心理の中にバブルといわれ始めていた時代に対する違和感があったことは間違いなく,その崩壊前後の作品である「ターナーの汽罐車 -Turner's Steamroller-」(1991年8月25日リリース)には彼の個人的な(目撃した)出来事を通じて,その時代を覆いつつあった閉塞感が絵のようにぼんやりと表出されているのである。



☆ この曲でCMタイアップの最後となったホンダ・インテグラは元々ファミリー層をターゲットにしたクイントという車種だった。クイントは名前の通り5ドアのクルマで当時のホンダはシビック,バラード,クイント,アコード,プレリュードあたりがラインナップだったが,商品力の弱かったバラードとクイントがそれぞれCR-Xとインテグラに代わり80年代ホンダの快進撃が始まる。この時代には2代目 AB/BA1型プレリュードがラベル「ボレロ」を使ったCMで大当たりして「デートカー」の王者として君臨していた(それを追い落としたのが日産S13型シルビアで当時の日産はマッキンゼーの教示を受けたセグメント戦略をポストモダン手法のCM手法で広めることに同社の商品力が追いついた上げ潮の時代だった)。あと『僕の中の少年』絡みの話で定番をひとつ挙げると「踊ろよ、フィッシュ」のANA沖縄ツアーのキャンペンガールはそれが実質デビューの石田ゆり子。

☆ 夏だ!海だ!タツローだ!の話はまた後で。
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック