FC2ブログ

2019-04

「Mixed Emotions」 (The Rolling Stones 1989年8月17日)


再掲(初出:2017年4月26日)



初出:2007年2月2日

MIXED EMOTIONS (M. Jagger/K. Richards)



Button your lip baby
口にチャックをかけなベイビィ
Button your coat
さっさとコートを羽織りなよ
Let's go out dancing
踊りに行こうぜ
Go for the throat
言いたいことは喉の奥に仕舞って
Let's bury the hatchet
仲直りの時間だぜ
Wipe out the past
過去は洗い流して
Make love together
もういちど一緒にやるのさ
Stay on the path
この小径に留まるんだ

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは
You're not the only ship
おまえひとりだけじゃないんだぜ
Adrift on this ocean
人生という大海に浮かんでいるのは

This coming and going
いろんなことがあって
Is driving me nuts
気が変になりそうだったぜ
This to-ing and fro-ing
ことを納めるのにあくせく動き回って
Is hurting my guts
ずいぶん気力を萎えさせられたものさ
So get off the fence now
いいから心の中の柵を取り払って
It's creasing your butt
昔のことは笑って流そう
Life is a party
人生はパーティのようなもの
Let's get out and strut
外に出てふんぞり返って歩き回ろう

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは
You're not the only ship
おまえひとりだけじゃないんだぜ
Adrift on this ocean
人生という大海に浮かんでいるのは
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
That's feeling lonesome
部屋の隅で膝を抱えて震えているのは
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ

Let's grab the world
世間をしっかり掴まえろ
By the scruff of the neck
首根っこのところを押さえるんだ
And drink it down deeply
あとは徹底的に飲み倒してやれ
Let's love it to death
死ぬまでそれを愛するんだ
So button your lip baby
だから口にチャックをかけろ,ベイビィ
And button your coat
コートを羽織るんだ
Let's go out dancing
踊りに行こうぜ
Let's rock 'n' roll
ロックン・ロールしよう

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは
You're not the only ship
おまえひとりだけじゃないんだぜ
Adrift on this ocean
人生という大海に浮かんでいるのは
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
That's feeling lonesome
部屋の隅で膝を抱えて震えているのは
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは

Mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ

(Fade Out)

2017年4月26日追記
☆ きょう個人的に少しメンタルにダメージがあることがあった。だから今日はこの歌詩が身に沁みるのだ。
(28日になってスッキリしなかった箇所をようやく修正 「両足抱えて⇒膝を抱えて」)

☆ この曲くらいふっ切れたストーンズは無いと思う。80年代の後半ダラダラと続いた冷戦が「まるでベルリンの壁が崩れ去るように」唐突に終わった。チャーリーのドラムスの一打一打がその壁を崩していくように聴こえたものだ。

↓ ビル・ワイマン在籍最終盤となってしまった1990年東京ドームでのライブ



最高位 全米5位,カナダ1位,オランダ・ノルウェー・ニュージーランド9位,ベルギー14位,スウェーデン15位,アイルランド・オーストリア17位,ドイツ20位,スイス24位,豪州25位,英国35位,フランス41位,日本 不明。
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「スカイ・ハイ」(ジグソー 1975年8月=米、1975年9月26日=英)


☆ Wikepedia日本語版の解説から引用。

> この楽曲は1975年に封切したジミー・ウォング主演、香港・オーストラリア合作アクション映画「スカイ・ハイ(英語版)(原題:The Man From Hong Kong)」のテーマソングとして制作され、Billboard Hot 100で最高3位、全英シングルチャートで最高9位を記録した。

> 2年後、日本ではメキシコ合衆国のプロレスラー・ミル・マスカラスが、全日本プロレスに参戦した際のリング入場のテーマ曲として流されたことをきっかけに大ヒットする。日本での発売元のテイチクは「出す前は売れるとは思わなかった」というが、蓋を開けてみるとオリコンシングルチャートで総合チャート最高2位、洋楽チャートで1977年3月14日付から11週連続1位(1977年度の年間1位も獲得)を記録し、日本だけで公称120万枚を売り上げた(オリコン調べでは約57万枚)。これ以後日本では、二匹目のドジョウを狙ったスポーツ関連の企画盤、便乗盤レコードが次々と発売されることになる。

☆ まったくこの通りで77年当時洋楽ファンの間では「えっ?」というヒットぶりだった。もっとも当時の洋楽ファンでプロレス好きは多かったのですぐに事情は知れた。プロレスにルチャ・リブレを持ち込んだのは興行主としての馬場さんのセンスの良さだと思うし(その頃プロレスはあまり見ていなかった=プロレス小僧の多さへの反動=ヘソ曲がりなもんで^^;)仮面貴族ミル・マスカラスの得意技は空中殺法だったようで(ルチャ・リブレは全体的にそうだが),そこからこの曲が何となく(歌詩を考えずに)選ばれたのだと思う

Sky High (Clive Scott / Des Dyer)


Blown (Blown Blown Blown)
放り上げられて
'Round by the wind
風に巻き込まれていく
Thrown (thrown thrown thrown)
放り投げられて
Down in a spin
激しく回転しながら真っ逆さまに落ちていく

I gave you love, I thought that we
ぼくは持てる限りの愛情を注いだ。そしてそれが
Had made it to the top
至上の高みに連れて行ってくれると思っていた
I gave you all I have to give
出来ることはすべてやってきた
Why did it have to stop?
どうしてそれを
急に打ち切るべきだというのかい?

You've blown it all sky high
きみはぼくの愛情を空高く放り投げ棄てた
By telling me a lie
手酷い嘘をつくことで
Without a reason why
何故なのか語ることもなく
You've blown it all sky high
きみはいきなりぼくの愛を空高く投げ棄てたのだ
You, you've blown it all sky high
きみは,きみはこの愛の全てを空高く投げ棄てても
Our love had wings to fly
羽が生えて飛び続けるとでも思ったのかい
We could have touched the sky
ぼくらとその愛は,あと少しで空の高みに
手が届くところに来ていたはずだ
You've blown it all sky high
そしてその愛をきみは空高く放り投げ棄てた

Up (up up up)
高く舞い上がり
Round I have flown
くるくると回りながら漂っている
Then down (down down down)
そして落下していく
Down like a stone
まるで投げ上げられた石ころのように

I gave you love, I thought that we
Had made it to the top
I gave you all I have to give
Why did it have to stop?

You've blown it all sky high
By telling me a lie
Without a reason why
You've blown it all sky high
You, you've blown it all sky high
Our love had wings to fly
We could have touched the sky
You've blown it all sky high

You, you've blown it all sky high
By telling me a lie
Without a reason why
You've blown it all sky high

☆ 確かに曲(というよりアレンジ)のダイナミックさが割とシンプルなこの曲を荘厳華麗にしているので「仮面貴族」の登場には似合っているとは思う。この当時は誰も歌詩を読んで突っ込んだりしなかったからね(笑)。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

アンコールコール



☆ アンコールのコールはいろいろあって,一番単純なのが「アンコール!」と連呼する奴で,変型版には「日本チャチャチャ」の「日本」のところをグループ名に変える奴がある。どうもこれはフットボールの応援から来ているようだが(例:England!チャチャチャ)詳しいことは知らない。

☆ レイニーウッドが売れ始めた頃は,一番手っ取り早いプロモーションツアーは学祭のゲストだった。意外と学祭で鍛われたバンドは多い(その頂点が白井貴子とかの女のバンドだったと思う)。で,ぼくの街の某大学の学祭に彼らが出ることが分かり,ホイホイと切符を買って見に行った。

☆ 柳ジョージの印象はシャイな人だなというものだった。レイバンのサングラスでのパブリシティーは強面(こわもて)だと思っていたが,そうではなくて優しい目を意識的に隠していたのだろう。そういえば昔,渋谷陽一が評していたがサングラスが目(表情)を「隠す」のに対し化粧は逆に顔を「強調する」(=攻撃的だ)。たぶんその話は忌野清志郎の化粧の話だったのだろう。1980年頃はまだ男の化粧品は限定的であり,男の化粧は歌舞伎くらいしかなかった。

☆ サングラスの効果は目や顔の一部を晒さないというより,その間に着色されたレンズを入れることで自らを一歩退いている(客観視している)ということはあったと思う。だから浜田省吾はたぶん最後まで(パブリシティにおいて)サングラスを手放さないだろうし,かつて偶然彼が奥様と一緒にいるところをキャッチした写真週刊誌もサングラスを外した浜省はキャッチできなかった。

「雨に泣いてる...」 (柳ジョージ&レイニーウッド 1978年12月1日)



☆ で,その学祭でジョーさんはこのシングルのジャケットにあるように煙草を挿したままドリンク(酒かどうか不明)のカップを持ってたら客席から「煙草が渋い」と声がかかり,思わず照れていたのを思い出す。ミュージシャンと言う前にバンドマン(バンドリーダー)なんだなあと思ったものだ。

R.I.P. 柳ジョージ(1948.01.30~2011.10.10)
&萩原健一(1950.07.26~2019.03.26)


☆ ところでこの曲のタイトルはようつべのジャケットに表記通りは「雨に泣いてる...」で「雨に泣いてる」ではない。そう言えば「北斗の拳」(武論尊/原哲夫)のケンシロウの科白。第1巻の最初の科白は「おまえはもう死んでる」で「死んでる」ではない。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

24時間戦えますか



☆ 世は平成史ブームでおめでたいことでアル。平成はバブルの頂点とその終焉からスタートしているため(それはまるで「王様のレストラン」(CX系 1995年4月19日~7月5日 脚本:三谷幸喜、演出:鈴木雅之、河野圭太)で主人公(原田 禄郎:演 筒井道隆)の兄(水原 範朝:演 西村雅彦)がフォーク歌手時代に歌った曲の題名(「下り坂」)及びその歌詩のようであったが),必然的に平成史はバブル崩壊史の側面があり,これまた必然的にバブル再訪というところから始まることになる。本当はバブル期の思想的バックボーンだった「ポストモダン」だの「構造主義」だのの "ニューアカ" 辺りから入るのが本筋だろうが,そういうことは学者やアナリストに任せたいので,いきなりドリンク剤のコピーから始めることにする。

☆ 三共(当時)が「リゲイン」を出した頃,ドリンク剤(とは書いているが実際にはエナジードリンクに近いものと思っている)の世界では大正製薬のリポビタンDと大塚製薬のオロナミンCが双璧だった。さらに中外のグロンサンや田辺のアスパラなどがあったが,そこに武田薬品がアリナミンVを投入し,三共もこれに続いたということになる。ご本家CX「カノッサの屈辱」ならそれらしきイラストが出てくるところだがそんな器用な技術は無いのでカット。

☆ ドリンク剤最大の効用は疲労回復・滋養強壮であるから,リゲインが意味するところのものは明白である。そこにこのコピーが付いているわけだが,コピーの付け方に対する誤解が定着しているような気がする。それとリゲインの最初のコマーシャルには歌や牛若丸三郎太が全く無かったことも見過ごされている。

☆ リゲインの最初のコマーシャルはワケワカラン系の疑問文「24ジカン、タタカエマスカ?」という音声で,うまく言えないのだがケンミン食品のアンドロメタビーフンのCMのテイストに似たキモさがあった(爆)。あのコンセプトは明らかに日本(地球)の外部から見てフランスの女性政治家エディット・クレッソンが当時の日本人を揶揄して「日本人は兎小屋のようなアパートに住み、2時間もかけて通勤し高い物価に耐える蟻のような生活をしている(出典元:Wikipedia)」と発言したのと同じ文脈であろう。つまりこちらから見てもおかしな「人間を幸福にしない日本というシステム(カレル・ヴァン・ウォルフレン 1994年)」に対する自己パロディでしかなかったということだ。この「自己パロディという武器」こそがポストモダン/ニューアカデミズムの延長線上でわれわれが面白おかしく取得した武器だったのである。

☆ だから「24時間戦えますか」の裏には「んなアホな...」がくっついていたはずで,最近の平成史分析にその視点が全く抜け落ちていることは拙いと思う。ただアンドロメタビーフン風のメッセージは世の中に通用しなかったので,それを分かりやすくアレンジしてパロディ度だけをパワーアップしたのが牛若丸三郎太ということになるし,牛若丸三郎太をたまたま時任三郎がやっていたことで三谷幸喜が「古畑"任三郎"」を創出したのも,さっきの「下り坂」とも相まってなかなか興味深く感じるのである(笑)。

☆ ここまで書いてきたようにこのCMは別に「24時間戦うこと」を奨励などしていない(笑),そういうのは,いにしえの丸善石油が小川ローザさんのスカートをめくり上げて「オーモーレツ」と言わせていた(#me tooの時代でなくとも㌧でもないセクハラ画像)時点でとうに終わってい(て,その次の時代には富士ゼロックスが「モーレツからビューティフルへ」とパラダイムシフトをコピーにし)た。だからクレッソン女史がどう喚(わめ)こうと,城山三郎が『真夏のワンマンオフィス』で描いた世界(同様に清水一行が『燃え尽きる』で示した世界)はすでに過去のものであり,「24時間戦えますか」は実際に阪急電車の始発と終電で通勤していたどこかの銀行や証券会社の従業員以外カンケーない話だったのである。

☆ それが平成史文献ではどういう訳か24時間戦う気概のように扱われている。どうにもミョーな話だ。「24時間戦えますか」は「モーレツから(タモリ的な)パロディへ」の証跡に過ぎない。「勇気のしるし」の時代に続いて出てきたシャインズの歌の元歌が「365歩のマーチ」の劣化したパロディであったように。

And She Was (Talking Heads 1985年)




「元号博士」がNHKで浮かれていたのでこの曲も贈呈


きょうのPS
「いまどきの乃木坂は娘っ子ばかりで,いい女はどこにもないいよ,喜多條さん。これぞ「メランコリー」だね。」

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「能古島の片想い」 (井上陽水 1972年12月10日=アルバムリリース)



☆ 博多湾は日本海側にあるので能古島から船が南に向かうと渡船場に着く(笑)。ちなみに能古渡船場から能古島までは15分ほど。井上陽水がいちばんリリカルなフォーク歌手だった時代はこのセカンドアルバム『センチメンタル』なのだと思うが,その中でも最もリリカルな曲がこの曲なんだろうと思う。

「能古島の片想い」 (作詩・作曲:井上陽水 編曲:星勝)



☆ 星勝のアレンジが焦眉で,デキシー風に振った後ストリングスで締めるコーダは絶品。初期の陽水は声のトーンが高い分,高音部で音が割れる(最初期の松田聖子のように),この時代の彼の曲がリリカルなのは,そうした声質も一因だろうと思う。


☆ しかし曲もアレンジも(おそらく詩も)ホントにビートルズ・チルドレンだなあ。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック