2017-08

日本経済新聞 2017年(平成29年)8月10日号(朝刊 第47221号)


カバーズカバーズ
2,057円
Amazon



☆ 日本経済新聞の1面コラム「春秋」に忌野清志郎の名前が載っている。1988年6月22日の『COVERS』発売中止広告の話だ。コラムニストは東芝の有価証券報告書(PwCあらた監査法人が同日=2017年8月10日に提出予定。実際に「有報」は提出されたが,コラムが予見した通り「限定つき適正」意見に「救われた」ようである。それは半ばどうでもいいのだが,反原発をテーマに「ラブ・ミー・テンダー」を歌っているかの記載になっているが,これは正しくない。

☆ 「サマータイム・ブルース」は明らかに反原子力発電所がテーマで,人気(ひとけ)が無い海岸で泳いでいて,どうして誰も泳がないのかとあたりを見回したら原子力発電所が立っていたからだという歌詩は,確かにアルバム発売前年のソ連・チェルノブイリ原子力発電所事故や10年ほど前の米・スリーマイル島原子力発電所事故をモチーフにしている。

☆ これに対し「ラブ・ミー・テンダー」は反核ソングであり,原子力発電所は(表面上)関わっていない。東芝EMIがこのレコードの発売を中止した背景は,昨今の同社の窮状に繋がる「原子力ムラ」からの圧力があったことは容易に想像できる(コラムニストの指摘通り)。しかし反核には二つの意味が隠されていると思われる。ひとつは米ソの(といいつつ「主役」は米国の)核兵器にある。もうひとつは,原子力の平和利用という大義名分でプルトニウムをせっせと貯めこんでいく作戦を取った当時の自民党政権(この時は竹下登に代わっていたが,実際に推し進めたのは中曽根康弘であり,その知恵袋になった面子が讀賣新聞社の歴代の首脳陣である)に対しても吐かれた「毒舌」であったからだ。

☆ コラムが皮肉に触れているように,東日本大震災は福島原子力発電所事故を引き起こしたが,幸か不幸か忌野清志郎が癌で亡くなったのはその2年ほど前のことだった。そして「ラブ・ミー・テンダー」の矛先は(彼が後年タイマーズの曲として痛罵した)北朝鮮に移り,東芝はERの中にいる。

☆ こんなコラムが載るほど世の中は大きく変わってしまったのかと立ちすくんでいるのだ。

Three Mile Smile (エアロスミス 1979年11月1日=アルバムリリース)
(Steven Tyler/ Joe Perry)



スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック