2017-06

ラスト・パス


初出:2008年7月29日
(YouTube削除のため省略)
2011年9月24日
白いページの中に&モア・トラックス白いページの中に&モア・トラックス
(2004/12/16)
柴田まゆみ

商品詳細を見る



☆ 1990年代の半ばまで,この曲は封印されていた。復刻盤ドットコムというサイトで「復刻不可能曲リスト」の常連だった。理由は知らない。ただ現在この曲の版権を持っているテイチクがオムニバスの中にこっそりこの曲を入れることに成功して,ようやく(というより初めてCDで)聴くことができた。
「白いページの中に」 (作詩・作曲:柴田まゆみ 編曲:古川健次)
1978年8月25日リリース 最高位23位(オリジナル・コンフィデンス調べ)



☆ この曲が好きなので,ここでも何度か取り上げている。彼女が結局プロ活動をしなかった理由や今世紀になって突然封印を解いてアルバムを出した理由は知らない(Wikiもなかった)。ただ,あの暑かった夏のことや硬派で鳴らしていた同級の男がなぜかこのフォーク・ソングを好きで聴いていたことなどを脈絡無く思い出させる。なにもいいことの無かった17歳にもなぜか甘酸っぱい曲なのである。

2017年6月5日追記
☆ 直前に書いている話。同じ高校に「サッカー小僧」がいた。この曲が好きだという話を彼から直接聞いたのではない。彼はぼくをガリ勉野郎と思っていたし,ぼくは彼を硬派気取りと思っていた。気が合うはずがない。互いにとっての上策は「相手にしないこと」である。

☆ この曲の話を耳にした前だったか後だったか忘れてしまった。その日の体育の時間はサッカーだった。ぼくはなるべくボールの来ない場所(後衛)を守り,彼は当然のようにフォワードにいた。試合中ぼくの所にボールが来る機会はほぼなかった。その唯一の時,ぼくの前方は大きく開いていてそこには彼しかいなかった。ぼくは考えることもなく,どうせこっちには蹴らないだろうという顔をしていた彼に向けてロングボールを送った。ボールは誰もいない空間を真っ直ぐ彼の方へ飛んでいき,彼はそれを受けて言った「ナイス・パス」。

☆ その後,彼は六大学に進んだが,その頃の友人から聞いた話では大学ではサッカーとは全く関係のないサークルに入っていたそうだ。この話はこれでお終いである。人生にはこんなこともあるということだ。あれはたぶん僕が彼に送った最初で最後のパスだったのだろう。いまとなってはこの曲と同じで苦くも甘くもない思い出として残っている。


☆ 上のYouTubeの投稿者のコメントによると,彼女はこの曲を出した後,直ぐに結婚・引退したそうだ。また複数のブログで確認したが,2004年に発売された音源は1992年に収録されたものだという。
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック