2017-10

「その春」の使者 について



愛しのニコレット愛しのニコレット
(2008/05/28)
ニコレット・ラーソン

商品詳細を見る


☆ ニコレット・ラーソン(1952.07.17~1997.12.16)がニール・ヤングの「溢れる愛(Lotta Love)」を引っ提げてデビューした頃,ぼくはしがない受験生だった。彼女の曲がビルボードやキャッシュ・ボックスでトップ10に入った頃(最高位第8位),ぼくは偶然に助けられて受験を突破していた。だから「溢れる愛」は僕にとっては幸運の女神のような曲だったのだろう。

Lotta Love (Neil Young)

1978年10月リリース
最高位8位(ビルボード/キャッシュボックス/レコードワールド)
※かつての三大誌が揃って同じ最高位というのは珍しい気がする。
※全米のイージーリスニングチャートと全加アダルト・コンテンポラリーチャートではNo.1
その他の国の最高位 カナダ4位,豪州11位,ニュージーランド22位

☆ それは当時の感覚で言うなら,この曲のイントロが,ぼくにとっての冬の終わりであり,春の扉を開く音だったのだと思う。その曲がヒットしている時期,時代が個人的な記憶に織り込まれているのだと思う。後年作者であるニール・ヤングのヴァージョンも聴いたが,テッド・テンプルマンのプロデュースは彼女に当時のアーバン・ソウルのセンスを思い切り振りかけた(彼がドゥービー・ブラザーズにやったように)。そしてシングル・カットに際してインパクトのあるサックスをイントロにもってきたことも幸いしたのだと思う。

☆ この曲はシンプルな構造でAメロ(A→A)→Bメロ(B→B’)で,間奏の後にブリッジが入る。アルバムヴァージョンのイントロはサックスの前から始まっているが,シングルではサックスのところから始まる形にショートカットしている。それはちょうどブリッジの後と同じなのでいわばメロディがサークル状(A→A→B→B’→ブリッジ→A →リピート&フェイドアウト)になっているともいえる。そこが良いのである。

☆ アメリカのポピュラー音楽で人気のある女性歌手は割とクセ声の人が多い。ニコレットの声を聴いていると,スティーヴィー・ニックスやベリンダ・カーライルの様な少しザラッとした声質がいかに当時(1970年代後半~80年代後半)の全米で人気があったかに気付かされる。またこうした声質のヴォーカルは必然的に「強い歌唱」に走る傾向があり,それもまたステーション向きだったのかもしれない。

Lotta Love (Neil Young) ※Disco Purrfection Version



☆ 非常に申し訳ないのだが,ぼくにとってのニコレット・ラーソンはこのデビュー曲とデビュー盤に尽きてしまい,その後の彼女は残念ながら亡くなるまでほぼ未聴である。それでも今回,これを書くために曲を浴びるように聴いた(シングル,アルバム,そして上の長い長いディスコ・ミックス)が,思い出されるのは1979年春のことでしかなく,それも断片的な光景でもない,ラジオから流れてくるのこの曲だったり,やけに暖かく感じたあの春の陽気だったり,そういうことだけだった。

スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

猫も杓子も再結成キボンヌだった時代のこと





☆ ビートルズの幻影が一番強かったのは,やはり解散からあまり日が経っていない70年代半ばのことだったと思う。ぼくたちはウンザリするほどビートルズ再結成の噂に振り回されたし(その反動でストーンズに打ち込んだという役得もあった=自滅=),ビートルズのメンバーが部分的に揃ったなんて話は色々あった(その最良の形がリンゴ・スターの『Ringo』だろう。あれはアルバムとしても優れていると思う)。

☆ でも結局そういう話は「おはなし」で終わってしまい,ジョンがショーンの子育てのため休業(主夫宣言)し,『ロックン・ロール・ミュージック』のコンピ盤と共に英パーロフォン(アップル・レコーズではない)が一斉にビートルズのシングルを発売した1976年あたりで「これはどうやっても無いことなんだ」と皆が思ったのではないかと思う。

☆ ジョンやジョージやリンゴにとってそうだったように,ポールにとってもそれは自分の今の音楽活動を考えた時には考えもしない話だっただろう。80年代にジョンがいなくなってからビートルズの名前で出た「新曲」は幾つかあるが,僕にとってはどうでもいいものでしかなかった(ただし世に出たのが悪いとは思っていない)。

Listen To What The Man Said (Paul McCartney & Wings 1975年5月16日)
全米No.1 1975年7月19日(ビルボード)6月12日(キャッシュボックス)



☆ 例えばこの曲のイントロのギターはデイブ・メイスンだし,トム・スコットもそれに色を添えている。素晴らしく目立つイントロだと思う。これが誰が演奏したかということに関わらず,ウイングスの曲である以上,この曲のようにビートルズに関して四の五の言う「Listen To What The Man Said」は邦題の通り「あの娘おせっかい」ということになるのだろう。ホント,それ(ビートルズ再結成)はただの「おせっかい」だった。


☆ ビルボードとキャッシュボックスで1か月も差があるのは珍しい。ビルボードではキャプテン&テニールの「愛ある限り」が超ロングヒット(4週間No.1)だったので,そのせいだろうと思われる

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

カラッと晴れた日曜の午後



HALLEHALLE
2,469円
Amazon



☆ 冬場であればR134もそこまで渋滞も酷くないので,ただ単に車を転がす目的でよく乗りに行った。青山通りを遠く離れたR246からR129経由で湘南大橋のところで左折。その当時は今みたいな広い橋じゃなかったような気がする。あの辺は毎年正月に日テレが放送してくれる(箱根駅伝)から昔もあんなふうだったような記憶が埋め込まれそうになるが,そこはトータル・リコールしないといけない(笑)。




☆ 南岸低気圧さえいなければ,この曲のようにカラッと晴れたドライブが楽しめた。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

ぼくは幸福な夢を見ていた,たぶん。


#9 Dream (John Lennon 1975年1月31日 全米最高位9位)




So long ago
Was it in a dream, was it just a dream?
I know, yes I know
Seemed so very real, it seemed so real to me

Took a walk down the street
Thru the heat whispered trees
I thought I could hear (hear, hear, hear)
Somebody call out my name(John) as it started to rain(John)
Two spirits dancing so strange

Ah! böwakawa poussé, poussé
Ah! böwakawa poussé, poussé
Ah! böwakawa poussé, poussé

Dream, dream away
Magic in the air, was magic in the air?
I believe, yes I believe
More I cannot say, what more can I say?

On a river of sound
Thru the mirror go round, round
I thought I could feel (feel, feel, feel)
Music touching my soul, something warm, sudden cold
The spirit dance was unfolding

Ah! böwakawa poussé, poussé
Ah! böwakawa poussé, poussé
Ah! böwakawa poussé, poussé

Ah! böwakawa poussé, poussé...

☆ 1975年の冬,これは74年からの続きの冬。ジョン・レノンの『Walls And Bridges(心の壁、愛の橋)』からのセカンド・シングル。9という数字が縁起が良いとか最強だとかいうのは賭け事の世界と占いの世界だろうが(そういえば両社は結構隣接している気がする)この曲に満ち溢れている多幸感は最初に聴いた時から強く印象に残っている。そういえばジョージ・ハリソンも80年代後期に『クラウド・ナイン』を発表している。ナインという数字は日本では「苦」に通じるという迷信があるが,どうもそういうものでもなさそうな気がする。

☆ ジョンのことを考えてみると,この後ロックンロールのオールディーズをカヴァーしたアルバムとベスト盤を出してハウスキーパー(主夫業)をすることで70年代後半をパスした。彼とヨーコにとってはそれは悪いことではなかったと思う。特に80年代に入る瞬間(1980年12月)にジョン・レノンという人間が吹き消されてしまったことを考えれば,それは彼等にとっての良き(方向に向かう)夢の始まりだったのかもしれない。

☆ さすがにここでぼくもジョンと同じ夢を見たなどと宣(のたま)うつもりはないが(苦笑),ぼくはぼくなりに何かの夢の欠片(かけら)をこの曲に感じていたことは確かだ。この曲の存在が同時期の他のヒット曲とは違うという感覚はその頃からぼくの中にはあった。それが何なのかはわからない。確かにわかることは,今ではそれはこの曲の邦題の通りの「夢の夢」と化して,もうどこにもない(ジョン・レノンがこの世のどこにもいないように)ということだけかもしれない。

☆ 今さらのように村上春樹の「蛍」と「ノルウエイの森」を再読しているのだが,死のもたらす喪失感を感じることが出来るのは生者だけであるという当たり前のことに何度も魂を揺さぶられるのである。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

ブルーズなんかわかってなかったろ?


パールパール
1,836円
Amazon



☆ ブルーズの海に煌(きらめ)く唯一絶対の真珠(パール)。安物のコピーをつけてあげても,それでも彼女(ジャニス)は絶対的女王だった(もちろん本人はそんな事望んでもいない)。どこかで誰かが賞を取るの取らないの授賞式に出るのでないのに掲示板の向こう側なんて「くそ安全サイド」から"噛みついている(藁)"腰抜けどもにジャニスの血の色なんか死んでも分かるまい。ジャニスの死はオーバードーズだったかもしれないが,ぼくには失血死のようにしか思えない。彼女は魂から血を吐き続けて失血死したのだと。だから60年代のマリリン・モンローの死のように神聖化されたんだと。そう思うだろ?美里。

「Move Over(ジャニスの祈り)」 (Janis Joplin 1971年1月11日=アルバムリリース)



Dedicated to the late Janis Joplin(January 19, 1943 – October 4, 1970)

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック