FC2ブログ

2019-12

【再掲】 全曲解説 「松原みき ベストコレクション」


初稿:2008年8月30日(閉鎖サイトのリンク消去済)

松原みきベスト・コレクション松原みきベスト・コレクション
(2008/07/16)
松原みき

商品詳細を見る


1. あいつのブラウンシューズ
2. It's So Creamy
3. Jazzy Night
4. 真夜中のドア/Stay With Me
5. SEE-SAW LOVE(シーソー・ラブ)
6. 愛はエネルギー
7. 三人で踊らない
8. Howa Howa Shuwa Shuwa -宇宙ネコの舌ざわり-
9. 夕焼けの時間です
10. WASH(ウオッシュ)
11. -CUPID-
12. Bay City Romance
13. 恋にお招ばれ
14. Caribbean Night
15. Love for Sale
16. ニートな午後3時
17. ハロー・トゥデイ(Hello Today)

☆ 松原 みき(まつばら みき、1959年11月28日 - 2004年10月7日)は歌手、作詞家、作曲家。 これはウィキペディアの書き出し。彼女が故人となって久しいが,初期の二枚を除いてオリジナルアルバムは再CD化されておらず,同時代の多くのミュージシャンやアイドルシンガー達が次々に「復活」しているのとは対照的にずっと忘れられた存在だった。同世代人でもあるあたしは,偶然彼女がデビューした頃から知っていたのでその事を長く残念に思っていた。まして彼女が所属していたシー・ソーというレーベルのディストリビュータでもあったポニー・キャニオンは「ぼくらのBEST」シリーズでこうした再評価の先頭に立ってきた会社だったから,その思いは特に強かった。今回,曲がりなりにも全期間から選曲されたBEST盤が登場したので,1曲ずつ思うところを書いてみようと思う。ベストが出ても本人がプロモートに登場することは永遠にない。だからこそ,この場所で思いのたけを少し語っても,天国の彼女が微笑んでくれるならそれで良いと思っている(いまさら迷惑だとは思って欲しくない^^;)。

=以下はウィキと最後に載せるサイトの記述を参考にしながら自分の記憶を加えて書いた=

1. あいつのブラウンシューズ
☆ セカンドアルバムに先行して発表された4枚目のシングル。杉真理の手による,ちょっとカントリー風味のあるポップな作品。amazonのレビュアー氏も指摘しているが,シングルヴァージョンだろうと思われる(アルバムは別ヴァージョン)。

2. It's So Creamy
☆ デビューアルバム『Pocket Park』(ちなみにこれは彼女が当時所属していた事務所の名前である)からの選曲。「真夜中のドア」に続くA面2曲目がこの曲だった。最初の曲のインパクトが強いのでそれを和らげるスムーズィな作品。

3. Jazzy Night
☆ セカンド・アルバム『who are you?』(小文字で書くのはThe Who1978年の偉大なる同名アルバムと区別するため^^)のA面最後(5曲目)に入っていた曲で,後に1981年に前後の脈略なくシングル・カットされた。ジャズィというコンセプトが彼女のバックグラウンドを見た三浦徳子(作詞家)のイメージであることは明らか。

4. 真夜中のドア/Stay With Me
☆ 作詞:三浦徳子,作・編曲林哲司というヒット・メイカーのペンによる,記念すべき彼女のデビュー曲。1979年,レコーディングの時は20歳そこそこの新人歌手だったのだが,とてもそうと思えない素晴らしいヴォーカルだ。この曲については稿を改めた方が良いので詳しくは書かないが,バッキングのパーソネルくらい(たぶんギターソロは松原正樹,ベースは後藤次利)書いて欲しかった。パラシュートのバッキングで一番有名な作品は松田聖子のデビューアルバム『SQUALL』だが(実際,新人歌手の松田にヴォーカルを取らせたパラシュートのアルバムという観がある=笑=),この作品の松原はバックに負けてない。どころか,伸びやかに歌い切っている。色々言うヤツがいるが,林哲司の作・編曲がキマッているのは事実だ。文句無く1979年の新人歌手のトップに立つべき作品だった。

5. SEE-SAW LOVE(シーソー・ラブ)
☆ 81年春のタイアップが不発に終わり,彼女にとって迷路に入る時期に発表された通算8枚目のシングル。4枚目のアルバム『myself』にも収録。最初に書いたようにシー・ソーは彼女が所属していたレーベルの名前。偶然だろうがちょっと冗談めかしている。このアルバム,実はAORファンには必聴盤の一枚である。なぜかと言えばL.A.の名うての手だれであるドクター・ストラット(Dr.Strut)が全面的にバックを買って出ているからだ。そのことは彼らが全曲に編曲家としてクレジットされていることからもわかる。こうした当時のAORやフュージョン的なサウンドは松原みきという歌手にはとても居心地の良いものだったのではないかと思う。この曲での彼女のヴォーカルは水を得た魚のように跳ねているから。

6. 愛はエネルギー
☆ 彼女のセカンド・シングルで,もちろんデビューアルバムにも収録(B面2曲目)。このシングルは後年,先ほどの「Jazzy Night」とカップリングで再発された。余談だが,この(オリジナルの)シングルジャケットは,当時WPB誌に彼女が初お目見えした時のグラビアショットのアウトテイクと思われる(衣装が同じだから)。デビュー曲と同じ作詞・作・編曲で,デビューの翌月に早くも発売されたが,これはごく普通の「ニュー・ミュージック風」作品。

7. 三人で踊らない
☆ これも4枚目のアルバム『myself』にも収録された曲。こんなスムーズな曲でも彼女のヴォーカルは滑らかで輝いている。松原みきという歌手はどちらかと言えばハスキィでスモーキィなヴォーカルが魅力だが,こんなシルキィなヴォーカルを取ったこともあることは特筆したい。

8. Howa Howa Shuwa Shuwa -宇宙ネコの舌ざわり-
☆ セカンド・アルバム『who are you?』はちょっと変な手触りがある。大真面目なA面に比べておもしろおかしい世界が展開されている(その中に彼女自身がペンを取った曲が入り,後半の作家としての活動の起点でもある)。お遊びとして軽く流すもよし。でもこのコンピレーションアルバム中,最長の作品なので,評価が分かれるかもしれない。

9. 夕焼けの時間です
☆ これもセカンド・アルバム『who are you?』B面からの選曲。amazonのレビュアーの不満点にCD化された音源からの重複が多いというのがあったが,逆に言えば今までCD化されていない音源が1曲だけCD化されることはまさか無いだろうと期待を持ってしまう。そんな意味でこの作品が意外に健闘すれば「ぼくらのBEST」の中に入ってくれるかもしれない。でもこの曲の彼女のシルキィ・ヴォイスは結構気に入っている。

10. WASH(ウオッシュ)
☆ これは初CD化された音源かもしれない。 「SEE-SAW LOVE」のカップリング曲。これも『myself』のセッションで収録された1曲なので,A.O.R.っぽさに溢れる作品だが,当時のシーンが「フュージョン」と呼ばれたように,ポップ・ロック・ブラックミュージック・ジャズといったいろんな音楽が交差(クロスオーヴァー)して,松原みきというヴォーカリストを触媒にしながら融合(フュージョン)していることがわかる。とても素直でチャーミングなヴォーカル。初CD化なら嬉しい限りである。

11. -CUPID-
☆ 3枚目のアルバム『CUPID』のタイトル曲で,B面のトップにあった曲。このアルバムはA面はDr.Strutを擁し初のL.A.録音。ただし全体のプロデュースはアレンジャーの大村雅朗氏が受け持っているようで,全曲のアレンジにクレジットされている。個人的にはこの曲の松原みきのヴォーカルは好きだ。この囁くようなコケティッシュでシルキィでありながらスモーキィでもある千変万化のヴォーカルは,そこいらの歌自慢のジャズ方面のお姐さま方を遥かに凌駕していた。

12. Bay City Romance
☆ 5枚目のアルバム『彩』からの作品。当時のイメージだとザ・ホテル・ヨコハマから見える氷川丸を思い出させる。前の曲もそうだが,こういう曲を歌わせた時の松原みきのヴォーカルは別人のようにうまい。Aメロからサビに入る短いブリッジの歌い方など凡庸な歌手ならさらっと歌い流してしまうところを,感情を細かく詰めながら小さく丁寧に畳み込んでいく。だから,サビになると押し詰めた感情が解放され,伸びやかに聴こえるのだ。それがサビの最後の切れを良くする。テクニックというより持って生まれた感性の鋭さ,天賦の才能というしかない。そしてこのヴォーカルをもう二度とリアルに耳にすることが出来ないのだ。そのことは限りなく寂しい。

13. 恋にお招ばれ
☆ キャニオン時代の最後のアルバム『LADY BOUNCE』(オリジナルとしては9枚目)からの作品。カシオペアの向谷実がアレンジを担当し野呂一生や和泉常寛の名前も見える。アルバム自体がちょっと毛色の変わった作品であり,ファンの評価も分かれている。ただしジャケットはこれが一番というの(デビュー盤の裏ジャケットもなかなかよかった)が通り相場のようである。ちょっと悪戯っぽくキャプキャピした感じが彼女のイメージにはミスマッチだ。本当は結構こんな感じの女性だったのかもしれない。

14. Caribbean Night
☆ 帯についていたコピーが「お・ま・た・せ!」だった『COOL CUT』(オリジナルとしては7枚目のアルバム)からの選曲。彼女はミュージシャンのアイドル的なところがあるのか,色々なミュージシャンがプロデュースを手掛けている。このアルバムは元四人囃子の森園勝敏がプロデュースしている。ちょっと異国情緒なのは「Bay City Romance」にも通じているが,こちらはもっと「熱帯」ふう。こういう曲ではクールでハスキィでなくスウィートでちょっとウエッティなヴォーカルが聴けるのも楽しい。

15. Love for Sale
☆ 今回ようやく音源が登場した8枚目のオリジナルにして初の全曲カヴァーアルバム『Blue Eyes』の冒頭を飾るコール・ポーターの名曲。彼女がジャズ畑の秘蔵っ子的な存在であったことを改めて思い起こされるこの『Blue Eyes』は,彼女のディスコグラフィー上も単なる「企画物」として流されてしまうが,とんでもない。これこそ再発が一番に待たれる作品だと思う。その証拠にこのアルバムをプロデュースしたのは他ならぬ前田憲男氏であるからだ。他の歌手が「ミュージック・フェア」や「サウンド・イン・S」に出て来てスタンダードを歌っても「ゲスト」に過ぎない。でもこのアルバムの松原みきは,たとえ「サウンド・イン・S」でEVEやタイム・ファイブを従えても楽々と歌い切ってしまうだろう。それくらいの力はあるということを明瞭に示している。一日も早い,再発を望む。若いジャズを志す女性歌手の卵達のためにも。

16. ニートな午後3時
☆ 5枚目のシングル。「資生堂 '81春のキャンペーンソング」としてヒットが期待されたが,カネボウの矢野顕子(「春先小紅」)に惨敗を喫し,恐らく彼女のその後のキャリアに暗い影を落とすきっかけとなってしまった曲。悪い曲ではない。三浦徳子の描く女性は,80年代に入ったばかりのこの時代の女性に相応しい「自立した女」であった。結局こういう女性が80年代をリードしていき,朝日新聞あたりが「元気印」などとヨイショしながらバブル崩壊を招いていくのだが(女性にも朝日新聞にも何の罪も無い)。小田裕一郎の曲もエッジが効いていて悪くない。あえて言えば矢野顕子という「相手」と彼女が関わっていたYMOの盛時で時期も悪かった。そういう事に過ぎない。

☆ そして玄田なんたらとか言う「学者のオッサン」が英国から「NEET」なんて「クズな略号」を仕入れては「学業」と称して「喧伝した」ばかりに,この曲,そして松原みきの名前までが地に堕された事には,腹立たしさを超えて殺気を覚える。だからこの曲についてはレビューは書けないし,書かない。
【2019年12月5日付記 その後別稿にてこの曲についても記載しています。】

17. ハロー・トゥデイ(Hello Today)
☆ これもシングルだけの曲。1980年4月に発表されたサード・シングルで,B面の「街はいつもパーティね」は大村雅朗のペンであるが思い切りマンハッタン・トランスファーしている(笑)。そのせいか,その後のツアーではこの曲(「街はいつもパーティね」)ではなく「トワイライト・ゾーン」をしっかり歌っていた(それも良かった)。少し前に「夜スタ」と思われる「You Tube」を見つけたので紹介したことがある。

☆ アルバムの選曲としては『REVUE』(オリジナルとしては6枚目)とビクター移籍後唯一のアルバム(歌手としてのキャリア上も最後のオリジナルアルバム)『Wink』が抜けているのが不満。また「倖せにボンソワール」や「Paradise Beach」が抜けているのは残念に思う。

☆ でもこうして本当に久しぶりに松原みきの音源を聴いていると,彼女が歌手として遺して来たもののほんの一部でも世の中に出る機会を得たことを嬉しく思う。歌手として,後年は作家として才能の全てを開花させる機会を得られないまま,若くして病で亡くなった彼女のことを思うと,この作品集がきっかけになって,少しでも多くの人に彼女のミュージシャンとしてのメッセージが届けばいいと思う。もう二度と花束をステージの上にいる彼女に手渡すことは出来ないのだから。。。

2019年12月5日付記
「愛はエネルギー」 (1979年12月5日 作詩:三浦徳子 / 作曲:林哲司)



☆ 奇しくもリリースから40年経ちました。まあそう意味では懐メロですね。
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「Rainy Day Woman」 (松原みき 1980年9月21日=アルバムリリース)



☆ 彼女は髪をアップにしてオーバーオールを着ていた。ジャズっぽさを敢えて消して「きょうびの(=その当時の)ニュー・ミュージックのお姉さん」風になっていた。アルバムの作りもそういうところがあって方向付けの難しさを当時は感じたものだ。いまごろ分類すればやはりシティ・ポップだからAORという分類が正解かなとは思うけど。困ったことに美人でフォトジェニックの気もあったから,若手カメラマンにはいい獲物だったかもしれない(苦笑)。でも彼女の本質は紛れもなく歌手であり,歌手が歌手でいられなくなる(=キャラクター化し,ある種のアイコンになっていく)時代に住みにくかったろうことはほかの数人の同時代の歌手(歌謡曲側もニューミュージック側も)を見ても良く分かる。そのラインを抜けていくには松田聖子くらいの幸運が無ければ無理だったと今にして思うところだ。

☆ 曲の季節は本来的には秋風が吹くころなんだろう。松本隆の詩でいけば南佳孝「スコッチ・アンド・レイン」の雨が夏の終わり頃だろうから,それよりはもう少しあと,ちょうどアルバムがリリースされたころの情景に見える。でも歌詩を多少無視して見れば(夏にピークだった関係が冬まで続いていたとしたら)この季節でもさほど違和感はない。天野滋(N.S.P.)が歌ったように冬は本来「雨は似合わない」のだが,こういう曲だったら意外と似合うのではないか。

「Rainy Day Woman」 (作詩:松本隆/作曲:亀井登志夫/編曲:松任谷正隆)



☆ みき姐は「水も滴(したたる)る」系のコケットリーがあって,むかし近田春夫が河合奈保子を間違って評して言った「無意識過剰」にほど近いものがある。こういう色気は同性に嫌われるか支持されるか二分してしまうんだなあ。嫌う方の言い分はたぶん「色目を使う」とかそういうことになりそうな気がする(苦笑)。だけど「滴る色気」ってものは本人にとっては文字通り「無意識」のところがあって,90年代以降にバッシングされた幾人かの女優や女性タレントはそういう弾劾を理不尽なものと捉えていたに違いない。だって自分ではどうしようもないのだから。

☆ それにしても豪華なパーソネルをバックに,本人は泳ぐように歌っている。これも昔,林哲司がコラムに書いていたがレコーディング・スタジオに現れたみき姐の髪が濡れていたので理由を訊いたら「プールで泳いでから来た」とのこと(どうでも良いが彼女が通った学校も確か大阪のプール学園だ=笑=)。どおりで水も滴るのであった。

PERSONNEL
松任谷正隆(keyboards)
高水健司(bass)
林立夫(drums)
松原正樹(E. guitar)
吉川忠英(A. guitar)
ラリー須永(percussion)
ジェイク・H・コンセプション(flute)
タイム・ファイブ(chorus)←たぶん間違いない



☆ 近田が「考えるヒット」か何かで河合奈保子を評した理由はザ・ベストテンのようなTV放送で彼女の受け答えが異様に元気いっぱい(常にそうだった)ことだったのだが,あとで彼女がデビュー前に体育会の部活をやっていていたことが分かって,それが真相だということに落ち着いた。先輩ににらまれないように下級生は大きな声で返事するというマナーを先輩だらけの芸能界でも彼女は自分のコードにしていたというだけの話である。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

小田裕一郎さんを偲んで



「ニートな午後3時」 (作詩:三浦徳子/作曲:小田裕一郎/編曲:大村雅朗)


松原みき(1959.11.28~2004.10.7)
三浦徳子(?~Present)
小田裕一郎(1950.3.25~2018.9.17)
大村雅朗(1951.5.8~1997.6.29)

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「真夜中のドア」の「真夜中」を追う


Pocket ParkPocket Park
2,571円
Amazon



真夜中のドア〜Stay With Me (作詩:三浦徳子 / 作・編曲:林哲司)


☆ ぼくはこの曲の「時制」のことを考えていた。曲に描かれているエピソード「真夜中のドアをたたき 帰らないでと泣いた」「あの季節」は何時か?というお話だ。

☆ 何時だか分からないからその時点をXとする。曲を辿ると「あなたの心」が「離れていった」のは「二度目の冬が来て」からである。冬の途中で年が変わるのが北半球特有の厄介さなので(苦笑),ある理由からその時点Xを2月としておく(理由はあとで)。すると後は引き算の世界で,Xから見ると2年前の春~秋がこの二人が出会った時点となる。そういうことがありそうなのは(学齢)新年度の4月だとか夏休み~新学期である7~9月とかになる。曲のリリースが1979年11月5日なので,1977年の7月あたりに仮置きしておく。で,そこで出逢ったふたりはその年(77年)の冬はハッピーに通過し,78年の冬には(詩の展開上)彼氏の心が離れて,79年2月にはこのカップルは破綻している。

☆ ここで「2月」と書いた謎解き。といってもこれは完全な「後付け」であり,だいいちみき姐のファンなら気付いているかもしれない。答えは同じ三浦徳子が書いた「ニートな午後3時」(1981年2月5日)の歌詩の中にある。「テーブル囲むお茶の時間に 何気なく問い詰めた」のはFebruaryだったでしょ。そしてその「次の週には」「8階」の彼女の「部屋から消えていた」のであるから。

☆ そうすると彼女が「真夜中」に「たたく」のは誰の,どこのドア?普通に考えたら「(元)彼氏の部屋」になるだろう。でもそれは成り立たない。だって彼女は「帰ってきて」とは泣いてなくて「帰らないで」と泣いているからだ。自分の部屋でもなく彼の部屋でもない。だけどドアがあるものは部屋だけじゃない。彼氏の車のドアかもしれない。そして彼はその車に乗って「新しい彼女」の元へ「帰ってしまう」のである。これだと「帰らないで」の方向は合う。

☆ ところで以前「ニートな午後3時」をプロファイルした時,「ある日突然」電話をしてきた彼は「西5番街」(ニューヨークだか何処かの地下街のようだ)で待ってると言い,彼女は「私は(そこに)居ない」と書いた。あの時書いたように,これは居留守ではなく彼女の意思表示なのである。だってこの時点の彼女は過去という「花束」を「歩道に」「まき散らして」しまうヒトなのである。巻き散らかされた花束は彼女の足跡と同じものであり,記憶か記録でしかない。そして「未来を愛して」いる彼女がそれを宣言したのはApril。この二つに1979年(もしくは「ニートな午後3時」がリリースされた1981年)という年号を嵌め込めばお終いである。

☆ もっとも1981年を取り上げるとすれば「真夜中のドア」で彼女が元カレに出くわすのは81年の11月になり,はてさて珈琲の染みがついたグレイのジャケットを二冬も愛用する人なのだろうかという気がしなくもない。まあ「相変わらず」なんだからその辺は大目に見るか(爆)。






☆ あと歌詩で時制が難しそうなのは「私は私 貴方は貴方」(と言ってた)、「恋と愛とは違うものだよ」(と言われた)会話があった「ゆうべ」のこと。結局これは破綻した年の冬に二人が偶然出会って話をしたということでけりがつくと思う。先ほどの結論は変わらず,昨夜(ゆうべ)は1979年もしくは1981年の11月頃で丸く収めてしまおうと思う(破綻したカップルを丸く収めてどうするんだ^^;)。




☆ しかしこの曲の後藤次利のベースはよくもまあチョコチョコ動くなあ。あと何回でも言っておくけど,彼女がこの曲をレコーディングした時は初めてのレコーディングに挑む19歳だったということ。これは特にスージー鈴木氏に強調しておきたい(爆)。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「―Cupid―」 (松原みき 1981年4月21日=アルバムリリース)


-CUPID--CUPID-
2,571円
Amazon



☆ 松原みきが日本のポピュラー音楽がJ-POPと呼ばれる時代には早すぎた存在だったことは今さら言を俟たないだろう。どんな世界にも先駆者はいて,そのかなりの者は「栄光無き存在」で終わる。栄光があればよいのではない(だってひとたび何かあれば地に引き摺り下ろして石までぶつけようと手ぐすね引いて待っている者たちまでいる始末だから)。しかし栄光がないが故に,それが悔しいが故に,ある人達にとっては忘れ難い存在となる人もまたいる。ファンとは平たく言えばそういう存在なのだろう。

「―Cupid―」 (作詩:三浦徳子 / 作曲:伊藤銀次 / 編曲:大村雅朗)


☆ その潜在的な力量,表現力,ヴォイシング全てを取っても,松原みきのあまりにも早過ぎる頂点である。あまりにも早過ぎて,かえって永遠になることもあると,凡庸なファンのひとりとしては思ってしまう。


テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック