2018-07

「Crazy Mama」 (The Rolling Stones 1976年4月26日=B面)


RollStones-Single1976_FoolToCry.jpg



☆ 『ブラック・アンド・ブルー』(1976年4月23日)は,初めて新譜としてリアルタイムに聴いた(と言ってもラジオで聞いただけだし,それもアルバム全曲でもなかった)ストーンズのアルバムだった。数年後に廉価盤になった頃にようやく買って(米国盤の輸入盤バーゲン叩き売りの常連だったのでかえって買う気が無くなっていた)聴いてみた感想は「重い○| ̄|_」。もっともアルバムタイトルではないが,聴けば聴くほどこの「重さ」が馴染んでいくというところはあった(所詮はミー(ハー)ファンの悲しさよ^^;)。

Crazy Mama (Jagger/Richards)


Well you're crazy Mama
ホント,ママ,あんたはイカレてるぜ
With your ball and chain
わけのわからない足枷引き摺って
And your sawn off shotgun
ソードオフ・ショットガンなんか持ち出して
Blown out brains, yeah
どタマぶち抜こうって腹なのかい,おい

300px-Lupara.jpg

You can scandalize me
まったくあんたにゃ呆れ返るばかりだよ
Scorn my name
俺(おい)らも街中の笑い者だ
You can steal my money
あんたに出来るのは俺らの金をふんだくること
And that don't mean a doggone thing
そいつは恨めしいことじゃないんだってな

Cause if you really think you can push it
もし本気で思ってるのなら,マジでやってみな
I'm going to bust your knees with a bullet
こちらも超本気でお返しの弾丸(たま)をお見舞いするぜ
Your crazy mama, ah yeah
たくイカれたママだぜ,ああもう

Well your old time religion
さてお宅の古式ゆかしい信仰では
Is just a superstition
ほんの迷信かもしれないが
You going to pay high prices
お宅が大枚叩(はた)こうってブツは
For your sacrificises
お宅の生贄(いけにえ)でもするのかね

Well your blood and thunder
でお宅らの暴力沙汰は
Sure can't faze me none
ホンのチョッとだって俺らをビビらせちゃいねえよ
If your going to keep on coming
お宅らがそのままやってやろうって腹なら
I'm gonna take it all head on
やれるもんならやってみんさいってこったよ

If you don't believe I'm going to do it
俺が本気にならないことをあてにしてるんだったら
Just wait till you get hit by that bullet
一発食らうまでそこでじっとしてるんだね

Don't think I ain't thought about it
俺がそんなことしないなんて思わない方がいいぜ
But it sure makes my shackles rise
だってこっちはもう足枷なんぞ解いているんだから
And cold blood murder
殺ってやるって凍った血が
Make me want to draw the line
早く一線を越えろって俺らに言ってるんだから

Well your crazy mama
さあてイカれたママさんよ
With your ball and chain
とんだ足枷を引き摺ってきた
Plain psychotic
全くイカれちまった
Plain insane
ホンモノのキ印さんよ
If you don't think I'm gonna do it
もしも俺が何も手を出さないとでも思っているんなら
Just wait for the thud of the bullet
最初の一発を食らうまでそこでじっとしてることだね

☆ 『ブラック・アンド・ブルー』は最初の2曲(「Hot Stuff」と「Hand of Fate」)がレッド・ゼップのⅣみたいに対になっていて,レゲェのカヴァー(エリック・ドナルドソンの「Cherry Oh Baby」。後年「俺達の方がもっと上手だ」とUB40に再カヴァーされてしまった=爆=)とかやたら長い曲(「Memory Motel」ストーンズ最長曲7:07)など結構いろんなアイディアが詰め込まれている。で,最後の2曲がアルバムとほぼ同時にシングルカットされた「Fool to Cry(愚か者の涙)/Crazy Mama」が,これもミックの語りで進行するA面はストーンズらしいロックを期待した(ぼくのようなミーハー)ファンには「あれ?」という曲だった。そしてアルバム最後がこの曲である。何だか重い荷物を背負ってトボトボ歩くような感じがしなくもなかった(苦笑)。



☆ そんなあたりをパンクスなどから嗤われ(でも,よく考えなくてもルー・リードみたいにストーンズも昔からケチョンケチョンに言っていたミュージシャンは結構存在したけど),その反動が『Some Girls(女たち 1978年6月9日)』になっていく。

The Rolling Stones - Crazy Mama LIVE 1997


☆ ロニー,ユル過ぎ(爆)。
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「Brown Sugar」 (The Rolling Stones 1971年4月16日=英,5月7日=米)


stones_brown_sugar_single.png


スティッキー・フィンガーズ
スティッキー・フィンガーズ
(2010/12/22)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る

初出:2012年5月16日
☆ 1970年から73年ごろのストーンズは実に泥臭いバンドだったと思う。それから最も黒っぽくなった時期を経て,バンドにとって真の激動期である80年代に突入していく(と思っている)。

「Brown Sugar」 (Jagger/Richards)


☆ 『スティッキー・フィインガーズ』と『エグザイル・オン・メイン・ストリート』はストーンズの最も猥雑な部分がモロ出しになった傑作だと思う。ちなみに自分の知っている限り最悪のこの曲のカバーは,数年前にテレビ●●で放映された「ガ●●の●明け」の中で●山●彦が歌っていたヴァージョンである(爆)。転石は会計系エスタブのあんたには,全然似合わない(lol)と思う。

「Brown Sugar」 (The Rolling Stones ALTERNATE VERSION FEAT. ERIC CLAPTON)


2017年10月21日追記



「Brown Sugar」 (Jagger/Richards)

Gold coast slave ship bound for cotton fields
黄金海岸から出航した奴隷船は一路綿花地帯に向かって進む
Sold in a market down in New Orleans
ニューオリンズの人買い市場で売り捌くため
Scarred old slaver knows he's doing alright
傷痕も悍(おぞ)ましい買い主のジジイは真っ当な商いだと言い張るが
Hear him whip the women just around midnight
あいつが欲望に任せて哀れな奴隷女達を鞭打つ音が真夜中に響き渡る

Brown sugar how come you taste so good?
でもブラウン・シュガー,おまえってどうしてこんなにイイカンジなのさ?
Brown sugar just like a young girl should
そうさブラウン・シュガー,若い娘だったらそうあるべきって事かい

Drums beating, cold English blood runs hot
太鼓の響きは冷たい英国人の血まで熱くする
Lady of the house wonderin' where it's gonna stop
その娼館の女主人は,どうやって指名を行き渡らせるかお悩み中
House boy knows that he's doing alright
使いっ走りの小僧も抜かりはないようで
You shoulda heard him just around midnight
それが聞こえりゃ,真夜中にあいつがどんな格好してるまでわかっちまう

Brown sugar how come you taste so good, now?
Brown sugar just like a young girl should, now

Ah, get along, brown sugar how come you taste so good, baby?
Ah, got me feelin' now, brown sugar just like a black girl should

I bet your mama was a tent show queen
おまえのママが見世物小屋のヒロインだってことに賭けてもいいぜ
And all her boyfriends were sweet sixteen
そいでもって,その友達は皆若さも甘い16歳が勢揃いだってのもな
I'm no schoolboy but I know what I like
俺(おい)らはチェリーな厨房じゃないけど,好みってのはあらあな
You shoulda heard me just around midnight
まあ真夜中になってどんな具合だか聞こえりゃ分かるだろ

Brown sugar how come you taste so good, baby?
Ah, brown sugar just like a young girl should, yeah

I said yeah, yeah, yeah, woo
How come you... how come you taste so good?
Yeah, yeah, yeah, woo
Just like a... just like a black girl should
Yeah, yeah, yeah, woo

☆ 2017年にはなかなか表に出せない歌詩だなあ(核爆)。まあ歌ってる本人が「生涯現役」っぽいんで,許されるのか...




☆ そういえば喫茶店にブラウン・シュガー(本物のお砂糖のほう)が置かれだしたのは,1970年代半ばだったな(それまでは岡本おさみが「襟裳岬」の歌詩で書いていた角砂糖を置いている喫茶店がお洒落な店だった)。で,当然ブラウン・シュガーのスラングとしての意味(これが70年代いっぱいキース・リチャーズを苦しめたのを知ったのはもう少し後のこと)を知っていて,調子こいて2,3個落としていたのも懐かしい(自爆)。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「(I Can't Get No) Satisfaction」 (The Rolling Stones 1965年6月6日=米、8月20日=英)


220px-Satisfaction-us.jpg

初出:2012年5月9日
アウト・オブ・アワ・ヘッズ(紙ジャケット仕様)アウト・オブ・アワ・ヘッズ(紙ジャケット仕様)
(2008/12/24)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る


☆ シンプルな音にシンプルなメッセージを載せることが最も効果的な音楽的煽りであると思う。それは1960年代に入った「まだ若かった」ロックンロール(の担い手)が見つけたことだった。絵空事の恋愛でなく「リアルな日常」を描くことでメッセージとしてのロックンロールは進化した。ビートルズが「抱きしめたい」と歌い,フーが「年寄りになる前に死んでしまいたい」と歌ったように,ローリング・ストーンズは「何ひとつ満足なんかしてないぜ」と言い捨てて世の中を揺さぶった(Rock the world)。

(I Can't Get No) Satisfaction (Jagger/Richards)


☆ 1974年ごろにジェフ・ベックが言ったとされるように(笑),ローリング・ストーンズはスリー・コードの曲を延々と演奏し続けるバンドで,それは彼らがお手本としたリズム&ブルースやそれ以前のブルースの伝統だからだ。そこにはシンプルなものをシンプルに表現することで数多の雄弁を沈黙させるというロックン・ロールの本質がある。

2017年10月14日付記
☆ この曲がリリースされた50年以上前の時代は,この程度の異議申し立てでもオトナ達は目くじらを立てた。こんな「(現状に)満足なんて出来ねえぜ!」って連中は,それこそホモ・サピエンスの歴史とともに存在し,「近ごろの若い者は」の出典も,ぼくが学生の頃は古代ギリシアとか言われていたが,今じゃ古代バビロニアまで遡れるようで,そのうち古代中国と古代エジプトが何らかの証拠を片手にこの記録を更新することが見込まれていそうだ(爆)。

☆ この曲だとか「黒く塗れ」だとか「夜をぶっ飛ばせ」などはどうしても性的なニュアンスで解釈され(これに対して前回の「イッツ・オンリー・ロックンロール」は薬物のニュアンスで放送規制が掛かった気配がする。)いずれにせよ「やんちゃ」とか「ヤバい(本来の意味の)」がこのバンドに付きまとうきっかけになったことは確かだ(反面,ザ・フーには「反抗的」とか「暴力的」というニュアンスがたっぷり振りかけられた。もっともザ・フーの場合は実践者が数名いたのも事実であるが(爆))。

☆ これをソフィスティケイテッドな現代に持ち込めば,自己実現の欲求だとか(アブラハム・マズローですな),自分探しだとかそういった自己啓発系のネタ元にされそうな気配もあるが,ヤバい人と自己啓発系が結びつくと「闇金ウシジマくん」のエピソードのような方向になるので更に拙いかもしれない(沈黙)。

☆ この「満足できないぜ」は同時期のボブ・ディランが歌った「どんな気持ちかい?」と同じくらいの効果を世間に与えた。あいつら(若者)はヤバい。その懸念が現実化するのは3年後の1968年である。いかにも「まだ若かったロックンロール」(浜田省吾「BLOOD LINE (フェンスの向こうの星条旗)」)の時代のことだった。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「It's Only Rock 'n Roll (But I Like It)」 (The Rolling Stones 1974年7月26日)


初出:2012年5月2日
イッツ・オンリー・ロックン・ロールイッツ・オンリー・ロックン・ロール
(2011/10/12)
ザ・ローリング・ストーンズ

商品詳細を見る


☆ 本格的にストーンズを聴き始めた時のリアルタイマーがこのアルバムだった。ストーンズの裏話が面白おかしく吹聴され,肝心のバンドはモスクワでさえ(当時は社会主義ソ連邦の首都)コンサートが出来たのに来日は拒否され「ローリング・ストーンズは来なかった」なんて曲まで出て来る有様だった。この辺は(ポールの失点があったとはいえ)ウイングスも似たり寄ったりで,日本の洋楽・ロックファンにはストレスの溜まる時期だった。
It's Only Rock 'n Roll (But I Like It) (Jagger/Richards)


☆ この曲がどうというより,ストーンズに対して最初に思ったのは,ダルい格好良さだった。なんか遠くの方からドカドカとやって来て,大音量でかったるいロックンロールを響かせて,その歌詩が「たかがロックンロールだって分かっちゃいるが,俺は好きだね」だってさ!そういう感じ。この何とも猥雑な感じがストーンズのロックンロールだと思った。曲のコーダだってそうで,いったん緩みかけた曲を締めあげて,またドカドカっと去っていく。これが良かった。


☆ この曲について書かれた色んなこと。これはプレスを揶揄した曲だとか,そうではなくて聴き手に挑んでいるだとか。まあそれはそれで一面を衝いているかもしれないが,この曲と入れ替わるようにストーンズ自体もミック・テイラーが抜け(この作品タイトルのインスピレーションを与えたという)ロン・ウッドが入ってくるし,ロック自体も60年代ロックの方向性が出尽くした頃にパンク/ニューウエーブが燎原の火のように燃え上がる。その寸前の世界にあってこの曲が存在したというのは興味深い。70年代のクスリ漬けでかったるいストーンズが,そのかったるさを行き着く所まで行き着かせたのがこの曲(とこのアルバム)だったような気がしないでもない。じゃあその次のもっと真っ黒なアルバムはどうなのかというのは,また別の話。

2017年10月7日付記
☆ 日本版Wikipediaの解説より引用。
> 作者クレジットはジャガー/リチャーズとなっているが、曲の原型はウッドが作ったという。このため、クレジットには"Inspiration by Ronnie Wood"と注釈がつけられることがある。「たかがロックンロール、でもそれが大好きなんだ」というフレーズは、ジャガーとケニー・ジョーンズが起こしたちょっとした口論から生まれたものだという(ベストアルバム『フォーティ・リックス』日本版(2002年)の寺田正典による解説より)。こうして原型が出来上がったものをストーンズのセッションに持ち帰り、ミュンヘンのミュージックランド・スタジオに於いて更に練り上げた結果としてできたのが本作である。ミュンヘンに持ち帰ったセッションテープには幾つかの改変が為されており、イアン・スチュワートのピアノが追加されている(『ローリング・ストーンズ/レコーディング・セッション』 マーティン・エリオット著、渡辺淳・訳 (シンコーミュージック) P171)。歌詞にはデヴィッド・ボウイの「ロックン・ロールの自殺者」(1972年のアルバム『ジギー・スターダスト』収録)からの影響が見られるとする指摘がある(『ザ・ローリング・ストーンズ全曲解説』 ジェイムス・ヘクター著、山崎智之・訳 (シンコーミュージック) P194 - P195)。

> シングル盤のジャケットには大きなペンを自分の胸部に突き刺すジャガーのイラストが描かれている。このイラストの意味についてジャガーは「まぁ、気楽なアンチ・ジャーナリズムってやつかな」と説明している(ベストアルバム『ジャンプ・バック〜ザ・ベスト・オブ・ザ・ローリング・ストーンズ』(1993年)付属のライナー・ノーツより)。マイケル・リンゼイ=ホッグの監督によるプロモーション・ビデオも制作され、水兵隊の衣装を着たメンバーが船内をイメージしたセットの中で演奏するシーンが中心となって収められているが、後半からセット内にシャボン玉が充満していくシーンで、シャボン玉の勢いが強すぎて泡が見る見るうちに充満してしまい、後方でドラムを叩いていたチャーリー・ワッツが逃げ遅れる場面も映されている。この映像はYou Tubeのストーンズ公式ページで視聴できる(上のYouTube参照)。

> 1974年7月26日に英米同時にリリースされ、イギリスでは何とか10位につけたものの、アメリカでは最高位16位(ビルボード)に甘んじている。ストーンズの先行シングルがアメリカでトップ10に入らなかったのは1968年の「ストリート・ファイティング・マン」(48位)以来であるが、この曲の場合は全米中のラジオ局で放送禁止の措置をとられたという背景もある(公式写真集『The Rolling Stones 50』(ローリング・ストーンズ著、佐藤志緒訳、ヤマハミュージックメディア刊、2012年、ISBN 978-4-636-88707-5) 175頁)。この結果にストーンズの商業的スランプの端緒と見る向きも多かった。しかしその一方、後述の通りコンサートに採り上げられる機会は多く、また多くのベスト、コンピレーション盤に収録されるなど、ストーンズの代表作の一つという評価を得ている。

Personnel
The Rolling Stones
Mick Jagger – lead vocals, backing vocals
Keith Richards – electric guitar, backing vocals

Basic track on "It's Only Rock 'n Roll (But I Like It)"
Kenney Jones – drums
Willie Weeks – bass guitar
David Bowie – backing vocals
Ronnie Wood – twelve–string acoustic guitar, backing vocals

☆ PERSONELは英語版Wikipediaから採った(同名アルバムのパーソネル)。その結果はご覧の通りである。で,上の日本語版Wikipediaに書いてあるミックとケニー・ジョーンズ(ロン・ウッド同様この時はまだフェイセズに在籍)の話とかロンへの献辞などの意味がここから分かることになる。

☆ この曲,シングルとアルバムはヴァージョン違いの筈で,シングルヴァージョンが収録されているCDもあると思うが,なぜかこの辺の言及がどこにもない気がする。B面の「Through the Lonely Nights(スルー・ザ・ロンリー・ナイト)」は,ストーンズファンには有名なオーファン(孤児)曲(その盤以外に収録されていない)だった。この曲の「その後」については日本語版Wikipediaに次のように書いてある(良かった,良かった(*^_^*))。

> 尚、シングルのB面に収録された「スルー・ザ・ロンリー・ナイト」は、アルバム『イッツ・オンリー…』からの曲ではなく、1973年のアルバム『山羊の頭のスープ』のアウトテイクである。この曲にはジミー・ペイジが参加したとする説がある(アーカイヴシリーズvol.4「ザ・ローリング・ストーンズ['69-'74]」(シンコーミュージック刊、2002年、ISBN 4-401-61774-6)111頁)。この曲は以後、ストーンズのアルバムには全く収録されず、レア・トラックとなっていたが、2005年のコンピレーション盤『レアリティーズ 1971-2003』で初めて公式アルバムに収録されている。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「Mixed Emotions」 (The Rolling Stones 1989年8月17日)





初出:2007年2月2日

MIXED EMOTIONS (M. Jagger/K. Richards)



Button your lip baby
口にチャックをかけなベイビィ
Button your coat
さっさとコートを羽織りなよ
Let's go out dancing
踊りに行こうぜ
Go for the throat
言いたいことは喉の奥に仕舞って
Let's bury the hatchet
仲直りの時間だぜ
Wipe out the past
過去は洗い流して
Make love together
もういちど一緒にやるのさ
Stay on the path
この小径に留まるんだ

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは
You're not the only ship
おまえひとりだけじゃないんだぜ
Adrift on this ocean
人生という大海に浮かんでいるのは

This coming and going
いろんなことがあって
Is driving me nuts
気が変になりそうだったぜ
This to-ing and fro-ing
ことを納めるのにあくせく動き回って
Is hurting my guts
ずいぶん気力を萎えさせられたものさ
So get off the fence now
いいから心の中の柵を取り払って
It's creasing your butt
昔のことは笑って流そう
Life is a party
人生はパーティのようなもの
Let's get out and strut
外に出てふんぞり返って歩き回ろう

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは
You're not the only ship
おまえひとりだけじゃないんだぜ
Adrift on this ocean
人生という大海に浮かんでいるのは
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
That's feeling lonesome
部屋の隅で膝を抱えて震えているのは
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ

Let's grab the world
世間をしっかり掴まえろ
By the scruff of the neck
首根っこのところを押さえるんだ
And drink it down deeply
あとは徹底的に飲み倒してやれ
Let's love it to death
死ぬまでそれを愛するんだ
So button your lip baby
だから口にチャックをかけろ,ベイビィ
And button your coat
コートを羽織るんだ
Let's go out dancing
踊りに行こうぜ
Let's rock 'n' roll
ロックン・ロールしよう

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは
You're not the only ship
おまえひとりだけじゃないんだぜ
Adrift on this ocean
人生という大海に浮かんでいるのは
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
That's feeling lonesome
部屋の隅で膝を抱えて震えているのは
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
With mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは

Mixed emotions
いろんな気持ちを抱えて生きているのは

You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ
You're not the only one
おまえひとりだけじゃないんだぜ

(Fade Out)

2017年4月26日追記
☆ きょう個人的に少しメンタルにダメージがあることがあった。だから今日はこの歌詩が身に沁みるのだ。
(28日になってスッキリしなかった箇所をようやく修正 「両足抱えて⇒膝を抱えて」)

☆ この曲くらいふっ切れたストーンズは無いと思う。80年代の後半ダラダラと続いた冷戦が「まるでベルリンの壁が崩れ去るように」唐突に終わった。チャーリーのドラムスの一打一打がその壁を崩していくように聴こえたものだ。

↓ ビル・ワイマン在籍最終盤となってしまった1990年東京ドームでのライブ



最高位 全米5位,カナダ1位,オランダ・ノルウェー・ニュージーランド9位,ベルギー14位,スウェーデン15位,アイルランド・オーストリア17位,ドイツ20位,スイス24位,豪州25位,英国35位,フランス41位,日本 不明。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック