2018-06

栄光の日々(は遥か遠く) 「Glory Days」 (Bruce Springsteen 1985年5月31日)




☆ 「Glory Days」は,ブルース・スプリングスティーンの7枚目のスタジオ・アルバム『Born in the U.S.A.』からの5枚目のシングルとして1985年5月31日にリリースされ,全米最高位は5位。この曲は1982年の4~5月に行われたこのアルバムの最初のセッションで録音されたものである。

Glory Days (Bruce Springsteen)


I had a friend was a big baseball player
Back in high school
He could throw that speedball by you
Make you look like a fool boy
Saw him the other night at this roadside bar
I was walking in, he was walking out
We went back inside sat down had a few drinks
But all he kept talking about was

Chorus:
Glory days well they'll pass you by
Glory days in the wink of a young girl's eye
Glory days, glory days

Well there's a girl that lives up the block
Back in school she could turn all the boy's heads
Sometimes on a friday i'll stop by
And have a few drinks after she put her kids to bed
Her and her husband bobby well they split up
I guess it's two years gone by now
We just sit around talking about the old times,
She says when she feels like crying
She starts laughing thinking about

Chorus

My old man worked 20 years on the line
And they let him go
Now everywhere he goes out looking for work
They just tell him that he's too old
I was 9 nine years old and he was working at the
Metuchen ford plant assembly line
Now he just sits on a stool down at the legion hall
But I can tell what's on his mind

Glory days yeah goin back
Glory days aw he ain't never had
Glory days, glory days

Now I think I'm going down to the well tonight
And I'm going to drink till I get my fill
And I hope when I get old I don't sit around thinking about it
But I probably will
Yeah, just sitting back trying to recapture
A little of the glory of, well time slips away
And leaves you with nothing mister but
Boring stories of glory days

Chorus (repeat twice)

☆ 歌詩を見れば分かるが,栄光の日々は常に過去のものであり,それに比べると無味乾燥に等しいのが現実の「暮らし」である。この曲のバックグラウンドに野球があるが,あまり脈絡なくこの映画のことを思ってしまう。


☆ 『フィールド・オブ・ドリームス』は1989年4月21日に全米公開されている。夢のあり方が違うので,この二つの作品に脈絡はない。ただ「栄光の日々」という切り口には通じるものがあると思う。スプリングスティーンの歌詩はこのアルバム全体を通している冷静さを反映しているが,こういう曲は年月を経てリアルさが増してくるような気もする。

スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「恋の魔法使い(You Make Me Feel Like Dancing)」 (レオ・セイヤー 1976年10月)



☆ 今年1月の終わり頃,マリリン・マックー&ビリーデイヴィス・ジュニアの「星空のふたり」を紹介したが,その次の週(1977年1月15日付)全米No.1に輝いた怪作(とか言っちゃいけないのだ)がこの曲。怪作と言ってはいけない理由はレオ・セイヤーはこのポップ・ディスコ曲とは対照的なバラード曲「はるかなる思い(When I Need You)」で4カ月後(1977年5月14日)に2曲連続No.1になっているからだ。

You Make Me Feel Like Dancing (Vini Poncia / Leo Sayer)


You've got a cute way of talking
You got the better of me
Just snap your fingers and I'm walking
Like a dog hanging on your lead

I'm in a spin you know
Shaking on string you know

You make me feel like dancing
(I'm gonna dance the night away)
You make me feel like dancing
(I'm gonna dance the night away)
You make feel like dancing
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing ahhh

Quarter to four in the morning
I ain't feeling tired no no no no no
Just hold me tight and leave on the light
Cause I don't want to go home

You put a spell on me
I'm right where you want me to be

You make me feel like dancing
(I want to dance the night away)
You make me feel like dancing
(I'm gonna dance the night away)
You make feel like dancing
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing

You take me higher
I'm gonna catch on fire 'cause

You make me feel like dancing
(I wanna dance the night away)
You make me feel like dancing
(I'm gonna dance my life away)
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing dance the night away
I feel like dancing dancing ahhh

You really slipped me a potion
I can't get off of the floor
All this perpetual motion
You gotta give me some more
You gotta give me some more

And if you'll let me stay
We'll dance our lives away

You make me feel like dancing
(I wanna dance my life away)
You make me feel like dancing
(I wanna dance my life away)
You make me feel like dancing
(I wanna dance my life away)
I feel
You make me feel like dancing

☆ 昔大滝さんが(山下)達郎氏の「悲しみのJody」を評して「全編ファルセットで歌ったポップソング」と言っていたが,ファルセットに特徴がある曲は少なくない。実はレオ・セイヤーのファルセット(というかこの曲での彼の歌唱)を聴いていて,これってマイケル・ジャクソンのプロト・タイプだよねとマイケルの「BAD」が出た頃に気が付いた。セイヤーはインパクトを曲の出だしのファルセットに持ってきていて,このインパクトがこの曲を怪作にしているのだが(爆),そのギミックを通過すれば(正確には通過しなくても)この曲がセイヤーなりのブルー・アイド・ソウルのディスコ的昇華であることが分かる。だからディスコ・フロアが遥かな過去となった40年後にレビューすれば「なかなかいいじゃん」ということになる。しかもこんなパーソネルでこの曲出来ているのだ。

PERSONNEL
Leo Sayer - vocals
John Barnes - clavinet
Larry Carlton, Ray Parker, Jr. - guitar
Steve Gadd - drums
Clydie King, Becky Louis, Sherlie Matthews - background vocals
Chuck Rainey - bass

☆ これって当時の日本で言えば外タレの人のバックにティン・パン・アレーがついているようなもので(爆),改めてこれを見てビックリした(再爆)。

☆いつもお馴染みDJDiscoCatV2 氏のDisco Purrfection version
3分30秒のシングルが倍増...



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「It's a Laugh」 (Daryl Hall and John Oates 1978年)



赤い断層赤い断層
1,944円
Amazon



初出:2013年10月15日

☆ ホール&オーツ7枚目のスタジオ・アルバム『Along the Red Ledge(赤い断層)』(1978年8月21日)の冒頭に収められている曲で,アルバムからのファースト・シングルとしてリリースされ全米20位のヒットを記録している。アルバムジャケットがそのままタイトルになっているとしか思えない(笑)『赤い断層』は,ホール&オーツがブルー・アイド・ソウルから言うところの「ロックン・ソウル」に移行していく時期の作品で,デヴィッド・フォスターをプロデューサーに迎えた最初の作品でもある。

☆ そう考えると,この曲のインパクトあるオープニング(それはそのままアルバム全体のオープニングでもある)は,いかにもデヴィッド・フォスター好みの演出だと思えるが,こういう感想は彼のその後の活躍を知った後から出てくるもので(笑),当時はホール&オーツらしいポップな曲だなあという感想しかなかった。

It's a Laugh (Daryl Hall)



☆ このアルバムと次の『X-Static(モダン・ポップ)』が彼らにとって雌伏の時期だった(それでもそこそこのヒットはしている)。この間に音楽のエッジを研ぎ,中身を深めた上で「ロックン・ソウル」路線に本格的に移行し当代一の売れっ子になっていく。

2018年3月2日

☆ 「イッツ・ア・ラーフ」って確か英題がそのまま邦題になっていたと思う。「ウエイト・フォー・ミー」も確かそうだったが,全米20位のヒット。デヴィッド・フォスターの音は派手というより豪華で,それはそれでホール&オーツに合っていると思うがロックン・ソウル路線とはちょっと違う。彼らは「リッチ・ガール」や「キス・オン・マイ・リスト」のようにシンプルな曲の方が売れる傾向があった。だけどヴォーカリストとしてのダリル・ホールの持ち味は「イッツ・ア・ラーフ」や「ウエイト・フォー・ミー」のように歌い上げるタイプの曲でも十二分に発揮されており,決して軽めのヴォーカル・スタイルではない。そこに求められた「軽さ」はむしろ,その時代が求めた軽さだったのではないか。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「Afternoon Delight」 (Starland Vocal Band 1976年4月)




☆ ウィキペディア(英語版)でスターランド・ヴォーカル・バンドの欄を見てみると,この曲以外にHot100に3曲チャートインしていることが分かった。ただしいずれも60~70位台なのでチャートの面からみれば事実上のワン・ヒット・ワンダーになる(1976年7月10日,17日付)。

Afternoon Delight (Bill Danoff)


Gonna find my baby, gonna hold her tight
Gonna grab some Afternoon Delight
My motto's always been "When it's right, it's right."
Why wait until the middle of a cold, dark night?

When everything's a little clearer in the light of day?
And we know the night is always gonna be here anyway?

Thinkin of you's working up my appetite
Lookin' forward to a little Afternoon Delight
Rubbin' sticks and stones together make the sparks ignite
And the thought of lovin' you is getting so exciting

Skyrockets in flight!
Afternoon Delight!
Afternoon Delight!
Afternoon Delight!

Started out this morning feeling so polite,
I always thought a fish could not be caught that didn't bite.
But you got some bait a-waiting and I think I might
Like nibblin' a little Afternoon Delight

Skyrockets in flight!
Afternoon Delight!
Afternoon Delight!
Afternoon Delight!

Be waiting for me, baby, when I come around.
We can make a lot of lovin' 'fore the sun goes down

Thinkin' of you's workin' up a' appetite
Lookin' forward to a little afternoon delight
Rubbin' sticks and stones together make the sparks ignite
And the thought of lovin' you is getting so exciting

Skyrockets in flight!
Afternoon Delight!
Afternoon Delight!
Afternoon Delight!

Afternoon Delight!

(A madrigal fugue)

Afternoon Delight!

☆ あえて訳詩は書かない(爆)。とはいえ「午後のお楽しみ」といえばピンと来る人にはピンとくるだろうし,名画座に行った人ならとある洋画の邦題が思い出されることと思われる(再爆)。もともと曲が全米No.1になった頃に地元の洋楽番組(ラジオ)でちょっとした話題になっていて,「(村上春樹ふう)やれやれ...」というのがその番組常連ゲストのチャートマニア氏の所感だった(爆)。ここまで書いてお気付きにならない人のためにもうひと言書き添えると「真昼間からよくやるよ」。

☆ だけどこういうタイプのヴォーカルグループの華はこの時期が最後だった気がする。本邦でもハイ・ファイ・セットが登場しサーカスがそれを追う形になって「大人向けポップス(アダルト・コンテンポラリー)」が少しは根付くかなと思われたけど,そこが終点になってしまったことは惜しまれる。そしてまあ半分は色物かもしれないがヴォーカル・グループとしての実力はちゃんと示しているのだから,そういう意味で「ラジオ・オンエア」に耐えうる曲だったのかなあとも思われる。

最高位
No.1:全米,カナダ、第5位:ニュージーランド、第6位:全豪、18位:全英、22位:蘭

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「やさしく歌って(Killing Me Softly with His Song)」 (ロバータ・フラック 1973年1月21日)


やさしく歌ってやさしく歌って
(2013/04/24)
ロバータ・フラック

商品詳細を見る


初出:2013年7月3日(訳詩追加:2018年2月14日)

☆ 1972年と73年。歌の神様はロバータ・フラックを見出した。最初に起こった奇跡は彼女が1969年のデビューアルバムに収録した曲「愛は面影の中に(The First Time Ever I Saw Your Face)」がクリント・イーストウッドの初監督作品『恐怖のメロディ(Play Misty for Me)』に取り上げられ全米No.1に輝いたことだった。「愛は面影の中に」は1972年度のグラミー賞でRecord Of The Year(最優秀レコード賞)を獲得した。

☆ その年,ロバータは偶然飛行機の中であるメロディーに出会う。それはロリ・リーバーマンという女性歌手が歌った曲でリーバーマンの経験を元にノーマン・キンベルが詩を書き,チャールズ・フォックスが曲を書いた「やさしく歌って」という曲だった。Wikipediaの解説によるとリーバーマンが見たのは無名時代のドン・マクリーンだったという。

☆ この曲を気に入ったロバータは自らレコーディングし,シングルとして発表するとその僅か4週間後に曲は全米No.1に輝いた(1973年2月24日から5週連続)。そして彼女はこの曲で73年度のグラミー賞の3部門(最優秀レコード,最優秀楽曲,最優秀女性ヴォーカル)を独占するのである。長いグラミーの歴史の中で最優秀レコード賞を2年連続受賞したのは他にU2がいるのみである。


Killing Me Softly With His Song (Charles Fox / Norman Gimbel)



Strumming my pain with his fingers
わたしの痛みをそっとつま弾いて
Singing my life with his words
わたしの暮らしをその言葉で歌ってくれる
Killing me softly with his song
彼の歌がわたしをそっと癒してくれる
Killing me softly with his song
彼の歌がわたしをそっと癒してくれる
Telling my whole life with his words
わたしの人生を彼の言葉は語り尽してくれる
Killing me softly with his song
そして彼の歌はわたしをやさしく癒してくれるの

I heard he sang a good song
わたしは彼が素敵な曲を歌っているのが聞こえた
I heard he had a style
わたしは彼はステキな歌い手だと思ったの
And so I came to see him
だからわたしはそこに行った
To listen for a while
ほんの少しの間,彼の歌を聴きたくて
And there he was this young boy
そして彼はほんの少年のようだったのに
A stranger to my eyes
わたしの目には全然違ったヒトに見えたの

Strumming my pain with his fingers
Singing my life with his words
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me softly with his song

I felt all flushed with fever
その時わたしは自分の顔が火照っていることに気付いたの
Embarrassed by the crowd
大勢の人の中で気まずく感じてた
I felt he found my letters
彼がわたしの彼への手紙を見つけて
And read each one out loud
そして彼はそれを朗々と読み上げているように感じていたの
I prayed that he would finish
わたしは思わず彼がその歌を早く終わらせてって願ったわ
But he just kept right on
だけどその歌はまさにその時,歌い続けられていたの

Strumming my pain with his fingers
Singing my life with his words
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me softly with his song

He sang as if he knew me
彼はまるで私を知っているかのようにその歌を歌っていた
In all my dark despair
わたしの絶望の奥底の中までも
And then he looked right through me
そのとき彼の視線はわたしを真直ぐ貫いていたの
As if I wasn't there
あたかもそこにわたしがいないかのように
And he just kept on singing
そして彼はその歌を歌い続けた
Singing clear and strong
ハッキリと力強く,その歌を

Strumming my pain with his fingers
Singing my life with his words
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me softly with his song

[Break]

Strumming my pain with his fingers
Singing my life with his words
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me

He was strumming my pain
Yeah, he was singing my life
Killing me softly with his song
Killing me softly with his song
Telling my whole life with his words
Killing me softly
With his song

2018年2月14日付記

☆ ソフト&メロウという言葉がポピュラー・ソングの流行語になる遥か前から,この歌は永遠の生命を得ていたと思う。女のヒトのキラー・センテンス(殺し文句)に「やさしくして」というのがあった頃の話だ。有り体に言えば "Killing Me Softly" って,この「やさしくして」そのものなので,邦題は歌の本質を衝いている。彼女のシンガーとしての力量は[Break]のところに如実に出ているにもかかわらず,全体的にそれを抑えた(控えたと言えるかもしれない)ところもこの曲の価値を上げている。単調なフレーズの繰り返しに堕することなく,曲の余韻を徐々に深めていく。そこには少しずつ継ぎ足されていく感情が交(まじ)り合い,主人公の女性の心裡(心の内側)を「言葉(歌詩)ではなく,歌そのもので」感じさせていくのである。

☆ 冬の寒い夜にホットココアの温もりは身体に染み渡る。ロバータのこの歌はそんな感じがしませんか?

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック