2017-08

そして彼女はセロニアスを解析した。




☆ 山中千尋がセロニアス・モンクをトリオで弾く。時あたかもモンク生誕百年(あたり...というのもモンクの生年には確か複数説がある)で,その記念すべき(だろう)年にあわせたレコーディングだから一度は聴いてみたくなる。そして聴いた感想は,タイトルのとおりだ。

☆ ここに取り上げられたセロニアス・モンク作品は,確かにセロニアス・モンク作品の「主旋律の音」がする。だがしかし,それはセロニアスの(特に1950年代にリヴァーサイドやプレスティッジに残した)音ではない。山中千尋という別の性能が解析しきった「音」である。それはセロニアス・モンクというとんでもない才能に対する彼女の控え目にして大胆な(だからアルバムタイトルが『モンク・スタディーズ』なのであるが)挑戦だった。

☆ セロニアスが亡くなって直ぐに彼のトリビュート盤が出た(CDで探しているのだが見つからない)。その中にはドナルド・フェイゲンやジョー・ジャクソンのわりと正統的な演奏があり,一方でWas(Not Was)の大胆な解釈の演奏もあった。この受け止め方のレンジの広さがセロニアス・モンクというひとりの「風変わりなジャズ・ミュージシャン」の音楽のレンジの広さであるのだと,当時ぼくは思ったものだ。そして90年代になって輸入CDでリヴァーサイドやプレスティッジ時代のモンクの演奏(50年代の比較的進行の遅い彼のピアノ,特にソロ演奏)を聴いて,改めてこのミュージシャンの音に対する本能というか「音のゆらぎ」に対する感性というか確信のようなものを感じた。

☆ 山中千尋はセロニアスを聴きこんで,このスタディーに挑戦したのは明らかだ。この音はモンクじゃないなどと単純に原理主義的に決めつけるべきではない(笑)。もしこのアルバムの「間」と「リズム」に「違和感」を感じるだけでアルバムを評価するのであれば,50年代にセロニアスの音に出逢って評価できないまま「バップの高僧(Monkという名前じたいに「高僧」という意味がある)」などと言って敬して遠ざけた人達の二の舞を舞っているだけなのだろう。そこに違和感が発生すれば,彼女の目論見は半分,成功している。ただそれに留まるのであれば,セロニアスの壁はまだ彼女には高かったということになる。たぶんそれは実際にライブという場で聴いてみないと答えにならないのかもしれない。

☆ それにしても薄い。歌詩カードがないアルバムが薄いことは納得できない。昔のジャズのLPはそれなりに解説があった筈だ。90年くらいまでの洋盤ロックだってそうだ。いくらネットで便利になったからと言って,そのアルバムが出た時点で解説を書く人間を養成せずにポピュラー音楽が生き残れると思うのか?

☆ DVDは凄かった。これを見ながらぼくが思ったことは,山中千尋のイメージするセロニアス・モンクは「うねり」なのではないか,ということ。どの曲からも「うねり=グルーヴ」が伝わってくる。それは50年代のモンクのグルーヴとは当然異なるが,そこには確かに通底するものがある。



☆ 上に示したアルバムはそんな彼女が選んだセロニアス・モンク入門編。『モンク・スタディーズ』では取り上げられそうもない「ストレート・ノー・チェイサー」で始まり,同じ理由から選ばれていると思われる「ラウンド・ミッドナイト」(ファイブ・スポットのライブ!)や「ブリリアント・コーナーズ」「ブルー・モンク」なんて曲が並んでいる。ふむふむ。
スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「ホット・サマー・ナイト(Hot Summer Nights)」 (ナイトNight 1979年)


☆ 結構ヒットしたのに後が全然わからないというバンドは,たいていセッション・ミュージシャンの覆面バンドだったりするが,1979年の夏にまるでその年の天候を言い当てかのようなヒットを飛ばした(全米最高位18位)のがL.A.のスタジオ・ミュージシャンのユニットナイト(Night)の「ホット・サマー・ナイト(Hot Summer Nights)」だ。Wikipediaの解説を読むと,「Hot Summer Nights」の作者はウォルター・イーガンというニューヨーク出身のミュージシャンで,この曲も豪州でチョッとしたヒットだったらしい。それをカバーしたナイトのこの曲は当然豪州では大ヒットし(最高位3位),ニュージーランド(28位),オランダ・ベルギー(共に21位),カナダ(23位)とそれなりにヒットし,日本でもディスコでは良くかかったヒット曲だったはすだ。

Hot Summer Nights (Walter Egan)

There was a time, not too far gone
When I was changed by just a song
On the radio, in my car
The pounding electric guitar
Then the time came to make our stand
We started up a four-piece band
And the heat felt like spotlights
In the heart of a hot summer night, yeah
Hot summer nights
Hot summer nights

Return with me to when times were best
We were friends that could pass any test
We shared our hopes, our dreams, and our goals
And the fundamental roll
As we sang in the hot, dark rooms
Happy just to play our tunes
We felt good when we did it right
We felt good on a hot summer night, yeah
Hot summer nights
Hot summer nights, yeah

So it lives, and it always will
Those songs we sung are in us still
Ringing out with all their might
In the heart of a hot summer night, yeah
Hot summer nights
Hot summer nights, yeah

YouTube投稿者(PilotOfTheAirwaves1氏)の解説
> A sextet group, which consisted of lead female vocalist Stevie Lange & lead singer/guitarist Chris Thompson, who was also lead vocalist/guitarist for Manfred Mann's Earth Band. A #18 hit in 1979.

☆ バンド最大のヒットは実はこの曲ではなく,「If You Remember Me」という曲(1979年 全米最高位第17位)なのだが,どういう訳だか日本ではこの曲のプロモーションは殆どなかったようで,寡聞にして知らない。だけど,上記解説を読むとヴォーカリストはマンフレッド・マンズ・アース・バンドにも在籍があったようで,かなりの実力派だったんだなと思う。

Hot Summer Nights (Walter Egan)
※作者のオリジナル盤(こういう時YouTubeは便利だなあ)


テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「Honey Coral Rock」 (Suiff = Live at 新宿厚生年金会館ホール 1977年11月19日)




Honey Coral Rock (Eric Gale)



投稿者 pampa777 氏のNote
Live at SHINJUKU KOUSEINENKIN HALL Tokyo Japan, 19th Nov 1977.
Steve Gadd.Chris Parker.Richard Tee.EricGale.Cornell Dupree.Gordon Edwards.

☆ お酒飲まない人はゴメンナサイ。たまたま某アサヒビールから "8月2日は「ハニーの日」" などというメールが届いていたので(爆)ハニーな曲を探しておりました。ところでハニーと言えば短絡的にキューティーがくっつく世代の皆様こんばんは(爆)。Wikipediaで見ていたのですが,元祖のキューティーハニーはアンドロイドもので,1973年に永井豪が当初からメディアミックス作品として作っていたらしい。初代ハニーの声は増山江威子さんなので峰不二子の原型か(なわけない)。。。

☆ で,話は色気を急激に失ってスタッフの曲に変わる(爆)。「ハニー・コーラル・ロック」はもともとエリック・ゲイルの作品で彼の1974年のソロ作『Negril』に収録されている。その曲にかなり大幅なアレンジを施した(同名異曲に近い)のがスタッフの2作目『MORE STUFF』に収録されたヴァージョンで,上記Noteを見るとその年の来日公演(記載に間違いがなければクリス・パーカーが加わっている唯一の来日公演だが)のテイクであるようだ。

Honey Coral Rock (Eric Gale 1972年)


Honey Coral Rock (Eric Gale 1977年)


全文を表示 »

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「恋のウー・アイ・ドゥ”Ooh I Do”」(Lynsey De Paul 1974年5月)


シュガー・アンド・ビヨンド・アンソロジー1972-1974 (直輸入盤帯ライナー付国内仕様/2枚組紙ジャケット仕様)シュガー・アンド・ビヨンド・アンソロジー1972-1974 (直輸入盤帯ライナー付国内仕様/2枚組紙ジャケット仕様)
(2013/03/27)
リンジー・ディ・ポール、LYNSEY DE PAUL 他

商品詳細を見る


初出:2006年6月3日

☆ ずっと昔から探していた曲がある。なかなか見つからなくて困っていたが,先日いつもお世話になるネットショップのヨーロッパ盤(たぶんオランダ盤と思われる)のレア物のコンピレイション盤コーナーに入っていたのを見つけて買った。曲は「恋のウー・アイ・ドゥ(Ooh I Do)」ミュージシャンはリンジー・ディ・ポールというイギリスのアイドル歌手(だとズーッと思っていた。実はアイドル系には違いないが,シンガー・ソングライターだったことが分かった)。

☆ またこの曲が入っているアルバム『Taste Me Don't Waste Me』等は,2003年にリイシューされているのに,なぜか全部廃盤で手に入らない(言い換えると国際的せどり商品として,バカ高い値段がマーケットプレイスでつけられている)。

☆ AMG でリンジー・ディ・ポール(Lynsey De Paul)を引いてみると,彼女のベストヒットは"Sugar Me"で,全英チャート第5位。この曲「恋のウー・アイ・ドゥ」は最高位第25位だとか。これ以外にも全部で14曲のTop40ヒットがあるそうだ。また,モット・ザ・フープルの"Roll Away the Stone(土曜日の誘惑)"でイアン・ハンターと掛け合いの声を入れているのも有名だ。

☆ 当時(1974年)は「土曜日の誘惑」も「恋のウー・アイ・ドゥ」も地元ではチョッとしたヒット曲だった。だから全英チャートでそこまでヒットしていなかったのは意外な気がする。あれはもしかして世界中で一番ヒットしていたのか?(謎爆)

☆ タイプとしては,ル・ベッツ「シュガー・ベイビー・ラブ」のようなスペクター・サウンドで,グラム・ロックがきっかけになってスペクターの再評価が起こっていたことを感じさせる。ル・ベッツは90年代に日本でやたらBGM化されていたのに,この曲は忘れられていて残念だ。今でも多少は歌の歌えそうなグラヴィア・アイドルがいたら是非カヴァーしていただきたい(爆笑)。

☆ AMGを見るとディ・ポールは,80年代以降は映画女優やTV番組のホステス(司会者の意味)として活躍しているので,そういう意味ではイギリスのショウビズ界ではまあまあ成功した人なのだろう。日本の70年代アイドルが中途で挫折してしまうのとは対照的な気がするが,その辺がショウビズの奥行きの差なのかもしれない。

2014年5月2日

☆ これ,かなりヒットしたんです。日本で。ラジオのヒットチャート番組の相当上のほうまで行って,何度も聴いた記憶がある。Wikipedia(En)のLynsey de Paulの項目にも,こんなことが書いてあった。

> After appointing Don Arden, her new manager at the end of 1973, de Paul released "Ooh I Do", which hit the charts in the UK, Netherlands and Japan.

☆ ちなみに英国では最高位25位。オランダやベルギーでもTop20のヒットだったらしい。
Ooh I Do (Lynsey de Paul / Barry Blue)



☆ この頃,この曲とかル・ベッツの「シュガー・ベイビー・ラブ」とかフィル・スペクター(サウンド)の再評価みたいな感じが英国シーンにはあったようだ。一方,彼女はELOのロイ・ウッドとかモット・ザ・フープルとも親しく,モットの曲(「Roll Away the Stone(土曜日の誘惑)」にゲストで出ている。

☆ むかしこの曲を探すのに相当苦労して,ようやく欧州盤のレア・トラックス集で見つけてネットの輸入盤店で買ったことがある。今は...便利な時代になりました(苦笑)。

2017年7月31日付記
☆ ル・ベッツの「シュガー・ベイビー・ラブ」はあのつんざく高音ファルセット(爆)の効果か,いまだにバラエティ番組のBGMなどによく使われるが,同じようなフィレス・トリビュートの流れにあるこの曲はいまや隠れた名曲というか(カバーに使った国内仕様輸入盤のプライスタグを見て呆れた(´_ゝ`)。リンジーも亡くなっており(11 June 1948 – 1 October 2014),この曲は永遠のセブンティーズ・レアレティーズになりそうな悪寒だ。

☆ いまの日本にリンジー・ディ・ポールを聴く人がどれくらいいるか分からない(だから上記アマゾンのレア盤・プライスタグがあるんだろうが=苦笑)。でも意外ときょうびのアイドルさん(単体^^;)に歌ってもらいのは一法ではないかと...



☆ この曲のカヴァー・アーチストに小島麻由美と読めるローマ字氏名があったんだけど...
☆ 最初のコラムで触れたネット輸入盤店さんとはその後ドロップシッピング的なキャンセルが複数回あったので使うことも無くなってしまった。リンジーも亡くなっていて,時の流れをしみじみ感じてしまう。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

「Flashdance...what a feeling」 (Irene Cara 1983年4月11日)


初出:2006年5月28日




Casablanca 811440
Composed By Irene Cara/Keith Forsey/Giorgio Moroder
Chart-topped from 05/28 to 07/02/1983 (6weeks)



☆ アイリーン・キャラというシンガーは,出世作の「Fame」にしてもこの曲にしても,こぶしが利いた歌い方をする。そして高音域では少しハスキーがかっているが,非常にウエットな声質で日本人だったら間違いなく演歌歌手で食べていけたと思うが(笑),その彼女が1980年代を象徴するこの曲を歌ったのは非常に意義深い気がする。

☆ オリジナル・サウンドトラック『フラッシュダンス』は,無名の新人女優ジェニファー・ビールズを一躍有名にし(その反動が10年近くあったのは,彼女にとっては不幸だったかもしれないが),この曲とMichael Sembello(彼もまたこの曲でワン・ヒット・ワンダーの仲間入りをする事になるが)「Maniac」の2曲の全米No.1ヒットを生み,アルバムは米国だけで200万枚を突破するチャートバスター・アルバムとなった。この年に『Thriller』(Micheal Jackson)という20世紀最大のモンスターアルバムがリリースされなかったら,名実共に1983年を代表する作品となり,ミュンヘン・ディスコから始まった作曲家ジョルジオ・モロダーにとっても誇らしい記念碑となった作品でもある。

☆ モロダーらしいキーボード主体の作品で,既にテクノポップの方法論を吸収し「打ち込み」で作られているのはさすがだ。このシングルは,その打ち込みで作った音とヴォーカル(メインとバック)だけのシンプルな構成の作品なのに,そういうサウンド・プロダクトの面からも80年代のメイン・ストリームを切り開いたものと言って良いと思う。短くも大仰なイントロに続いて,アイリーンがゆっくり歌いだすところは,ミュージカル的な歌唱だ。そしてキーボードに導かれるようにピッチを上げていくヴォーカルが滑り出していくこの感覚が当時は新鮮だったし,今聴いても感慨を持ってしまう。

☆ 『Flashdance』に続く道のりは『Saturday Night Fever』から始まっている。当然,そこには「スタジオ45」に象徴されるディスコ音楽の白人(嗜好)化があり,全ての道程はマイケル・ジャクソンとマドンナに収斂してしまうのが1980年代前半の結論でもあるのだが,それはステージ・ダンサーという職業が陽の当る存在となる過程でもあった。更に言えばジェーン・フォンダのワークアウトが象徴する「健康の世代」がこれを強烈にバックアップしていた。ウォーターゲートとヴェトナム敗戦で,米国のリーダーシップは国の内外から打撃を受け,米国自体がリカヴァーすべき時期だった。ソ連はアフガニスタン出兵という致命的な過ちを犯しながらもまだその指導力は健在で,レーガンが米ソの対立軸で国の威信を取り戻そうとしたことは戦略的には間違っていなかった。

☆ しかし,米国内では既に厭戦気分は極端な個人主義(=ミニマリズム)へ変貌しつつあった。エリート達,特に70年代にその地位を勝ち得た都会の高学歴の女性達は「自分探し」の罠に簡単に落ちていた。そして自分探しのある面での象徴がワークアウトやエアロビクスによる「健全な自分」の回復であり,そうした時代のトレンドにジェニファー・ビールズの演じたヒロインの姿はジャスト・フィットしたのである。


☆ この映画でデンゼル・ワシントンが探していた「女」を演じているのが12年後のジェニファー・ビールズだ。

2017年7月26日追記
☆ この原稿は最初のシングル・レビューとして書いたもので,書いた時にはまあ会心作と思っていたが殆ど反響もなかった(自爆)。今さらだが「フラッシュダンス」的なものの原型は「ロッキー」に見られ,主人公がロッキーほど崩れた場所からの復活ではない点は「サタデー・ナイト・フィーバー」に近く,でも自分の夢を実現するというストーリーは鉄板シナリオと言えなくもない。ただこのサントラ(既述のようにジョルジオ・モロダーが係わっている)とデヴィッド・ボウイの『レッツ・ダンス』(こちらはナイル・ロジャースが係わっている)とマイケル・ジャクソンの『スリラー』(こっちはクインシー・ジョーンズが係わっている)で,1980年代はポスト・ディスコのダンス音楽の時代であることが見えてきたような気がする。

☆ その一方にラップ/ヒップ・ホップの興隆があるのだが,これについてぼくは語る資格がない。



☆ 今さらだけど付記しておくが,ジェニファー・ビールズが掴んだばかりの栄冠を失った理由は,肝心のダンスシーンが吹き替えだったことがバレたことだった。確かにそれはうまくなかったが,その後復活したことを見ても分かるように女優としての素質に問題があったわけではなかった。こういうスティグマは一度押されると長年の重荷になる傾向があるが,本当にそれでいいのかなという思いもある。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック