FC2ブログ

2019-08

「Sometimes Bubba Gets Down」 (Stuff 1980年 Live at Mikell's New York)


初出:2015年6月18日

モア・スタッフ/スタッフ
¥1,080 Amazon.co.jp


Sometimes Bubba Gets Down (Chris Parker)



☆ 邦題を「ブラザーがのった時」というこの曲は,クリス・パーカーの作品でCD化されているミケールズのライブでも冒頭に収録されている。スタジオ盤は4分足らずの短さだが,当時からライブではこんな感じで延々とグルーヴを聴かせていたのだろう(笑)。まったく,このうねるグルーヴがなくてスタッフはないだろうし,ソリッドなフュージョンがクロスオーバーに代わる前のひとときを代表する音だと思う。

イン・ニューヨーク/スタッフ
¥1,080 Amazon.co.jp


2019年6月1日追記




Richard Tee (Piano), Cornell Dupree & Eric Gale (Guitars), Gordon Edwards (Bass), Steve Gadd (Drums), Chris Parker (Percussion)

☆ 「リチャード・ティーのようなピアノ」を弾きたい人は多いと思うが,ティーのコピーを超えることは至難の業だろうと思う。

スポンサーサイト

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック