fc2ブログ

2024-02

バック・トゥ・ザ・フューチャー



日経平均株価 バブル期につけた史上最高値を更新
2024年2月22日 15時32分【NHK】
日経新値更新

22日の東京株式市場、日経平均株価は、バブル期の1989年12月29日につけた終値としての史上最高値を更新して3万9098円68銭まで上昇しました。

日経平均株価がバブル絶頂期の水準を超えたことで、日本経済がバブル崩壊後、失われた30年と呼ばれた低迷期を本格的に脱することができるかが焦点となります。

☆ 佐藤愛子が『九十歳、何がめでたい』を出版したのは,このひとが92歳の年である(2016年8月)。どこかのボーッと生きている国の平均株価がザラ場でも新値更新するのに34年3カ月近くかかったのだから,何目出度い

The Power of Love by Huey Lewis and the News
(Huey Lewis, / Chris Hayes / Johnny Colla)
※楽曲は2:14以降6:00過ぎまで


☆ 彼らにとって初の全米No.1アルバム『スポーツ』で唯一不足したものがビルボードHot100のNo.1シングルだった。その最後のピースをこの曲が埋めたことになるが,『スポーツ』のアルバムチャートNo.1(June 30, 1984)と「パワー・オブ・ラブ」のシングルNo.1(August 24, 1985)が僅か14カ月足らずだったことを思うと,この34年3か月の途方もなさよ...


24/02/23は休載しますた。
スポンサーサイト



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

あの日にあったものに,いま逢いたいとは思わない。


☆ 2024年のいま,そこから35年だか47年だか知らないけど昔にあったものに逢えるとするならば,それは35年だか47年だか昔のまま(生きていない人は生きてる時のように)逢えないのなら,いま逢いたいとは思わない。そういうお話。

話してることは,スピルバーグとゼメキスの『バック・トゥ・ザ・フューチャー』かロバート・A.ハインライン『夏への扉』みたいなことか,それともドラえもんでいえば「タイムマシン×どこでもドア」みたいなことなのだろう。この反対側には「懐メロ」がある。勿論過ぎ去りし日の自分のヒット曲や他人のヒット曲を懐かしんでいま歌う(演奏する)ことに意義がないとは言わない(もうそんな年齢ではない)。

でもシングル盤とラジオのリクエスト番組で育った身には,それは望んでいないというか,聴くのも見るのもどこか面映いのである。1977年のレコードは1977年のまま聴きたいし,1990年のライブも1990年のまま見たいのだ。だったらドラえもんに2度お願いして,その場所(コンサートホールなのか武道場や野球場やテニスコートや野外施設なのかは知らない)に,いまの姿で紛れ込みたいのだ。

☆ あの日にあった(有った/会った/遭った/逢った)ものに,いま逢いたいとは思わない。いまのまま,あの日に行ってみたいのだ。

Last Step
Yamashita Tatsuro ”JOY” version
(Lyrics: YOSHIDA Minako / Music YAMASHITA Tatsuro)



テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

ひつっこい追っ手


☆ ポイント乞食と嗤われながら今日もクリポ(=クリックしてnポイント)に勤(いそ)しむ隠居です。

クリポのページには様々なスポンサーが載っているが,特にスマートフォンで容量制限契約している場合にアクティブバナーなどが出た日にはWi-Fiが無ければどんどん減っていく。正直ウンザリしているのだがたぶんスポンサーにはこういう事情は分からない。目立つ方がクリックに結びつきますよなんて古臭いストラテジーに踊らされているカモとしか思えないのだが,とても残念なことにその類のバナーは日を追って増殖しているようだ。

Popcorn
(Gershon Kingsley)


☆ このバナー広告の中に時折「見ていて不快感を呼び覚まさせるもの」が混じっていることがあるが,こいつが曲者なのである。別に魚心があるとは思ってないが,こちらがそう思った広告に限ってしつこくしつこく出てくるのである。だったら見なければ良いではないかというところだが,残念なことにクリポ系はアンケート形式や連続出題クイズのように1回では終わらない。その「ひと区切り」がつくまでにクリックしたらまた出てくるのである。

この理屈らしきもの("クッキー"があること)は知っていて「仕方ないな」と諦めるべきなのだろうが,なんせオニのようにしつこいから終いには「非表示にする」ための作業をしてしまう。これが実は「吾輩はカモである」と宣言するようなもので,非表示にするどころか更にしつこくしつこくしつこく広告を配信しやがるのである(怒爆)。

Get It On
(Bill Chase / Terry Richards)


☆ 結局この手の広告には「出会いませんように」と願いつつ,目に入ったら相手が諦めるまで完全無視するしか手がないのである。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

春は名のみのかっ飛ばし


☆ 単車特に排気量の大きなものは,冬場はかっ飛ばすのが大変そうに見える。ぼく達の親父世代から「カミナリ族」とか「ルーレット族」という人達は存在し,轟音を立てて安眠や受験勉強の邪魔をする厄介な人達はいた。困ったことに冬場の寒い時期に空ぶかしで周囲を困らせる人達もなかなかに存在した。親父世代はさすがに絶滅危惧種だろうが,それを引き継いだ暴走族(半分は暴音族だが)は今や旧車會などと仰って頗(すこぶ)る元気でいらっしゃったりするのだ。

今のクルマは電子制御どころか電気自動車(モーター起動)なので静粛性が高い。二輪車輛にも電気制動のものが増えて日本郵便などが配達に使っている。静かなのは有難いが,バイクの音がしないうちに郵便物が投函されているので不便だなどと"としよりは何にでも文句をつける(ぼくのことだ)。

旧車はそうはいかない。暖機運転はやはり必要だし(特に電子制御以前のキャブレター仕様のヤツなど)冬場は音が響くので煩いことこの上ない(だがミッドシップやリアエンジン車のあの音が聞こえなくて,何が楽しいのだろう)。そう考えるとアメリカンタイプを始めとする重量級の二輪車(まさに"単車"である)にレザージャケットで跨るバイカーは頗る恰好が良いのである(うるさいけど)。

The Doctor
(Tom Johnston / Charlie Midnight / Eddie Schwartz)


☆ ドゥービーズというバンドはブレイクアップとリユニオンを繰り返し現在に至っているが,このリユニオンの時がトム・ジョンストンもすっきりしたショートカットになり,リブート感が強くて好きだ。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

そして,何も変わらない1日。


☆ ここにも書いたかもしれない。ぼくが通っていた中学校で起きた「屑チョコ事件」と「バレンタイン禁止令」の話。

それは1970年代前半のこと。性懲りもなく色気づいてきた中学生の上にもやって来るその日。といっても小学校高学年以降長きに亘りこの1日から何の利得もない年が続き,しまいには逆切れして「2月はチョコレート禁止月間だ」と宣言して顰蹙を大いに買っただけだった。ところがアホなことを言っていると現実化してしまうのである。

それは前の年に発生した事件だった。被害者は分からないが,ことによると教諭(それも某強面系)だったのではないか?加害者は女生徒(当時推定できる人物はいたが上級生の上に"札が付いていた"ので確認はとても出来なかった)。その悪戯は他愛もないもので,可愛いラッピングのチョコレートが中学校の誰かの机の上に置いてあった。時節柄バレンタイン・デーしか想像できない。という訳で被害者はたぶん自宅に持ち帰ってラップを解いた。中にチョコレート箱がある(ここまでは当然予想がつく)。期待に胸を膨らませた被害者がそれを開けると...

(先日明らかになった「事件容疑者」ではないので)別に爆発したりはしない。また炭疽菌などという物騒なものを中学生が入手できる手段どころか存在も知らないからそういうものでもない。ネズミ捕りを応用したバチっと閉じる(挟まると相当痛い)仕掛けや剃刀の刃(貝印とかフェザーとか)が入っていたわけでもない(今でいうところの"推し"の一部がこれを封筒に忍ばせる嫌がらせが当時のアイドル"推し"界隈で流行していた)。要はただの「ゴミ屑」が箱一体に詰まっていたのである。

☆ この「しょーもない事件」の結果,ぼくの中学校を始め当地の中学校ではなべて「バレンタイン(チョコレートの授受)禁止令」が発出された。その年から個人的「チョコレート禁止月間」も中止となった。ただそれだけのことである。

Blue Valentine's Day
(Lyrics/Song 大瀧詠一)


☆ それから数年後,当時はまだコロムビアにあったナイアガラ・レーベルから発売された『NIAGARA CALENDAR』(1977年12月25日)は,これも当時FM4局で放送されていたコロムビア系ニュー・ミュージックの番組でほぼリアルタイムに聴くことができ,2月は定番のBlue Valentine's Dayとなったことで,ぼくの大滝師匠への心酔度がさらに上がったというのが本日のおまけである。

このBメロは大滝さんらしい展開(曲の回し方)で,その成果は80年代のナイアガラ黄金期に如何無く発揮されている。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

太陽は沈んでいくのか?


☆ 冬場に外に出る時は晴れている日が嬉しい。風が吹きつける中でも背中に日差しが当たれば多少は暖かさを感じることもあるから。クルマに乗っていれば関係ない話なのだろうが。

僕の瞳に小さな太陽
Don't Let The Sun Go Down On Me
(Elton John / Bernie Taupin)
Single by Elton John
from the album Caribou
B-side "Sick City"
Released 20 May 1974
Recorded January 1974



☆ 太陽をぼくの上に沈ませないでというタイトルは,冷たくなっていく恋人に宛てた思いという解釈ができる。邦題は僕(主人公)の瞳の中で小さく(やがて消えてしまう)太陽を捉えており,この時代(DJM/ロケットレーベルは東芝EMIから出ていた)の洋楽部のセンスの良さを感じさせる(もっともエルトンの曲の邦題に「僕」が頻発するのは「僕の歌は君の歌(Your Song)」が当たった弊害でもあるのだが)。

それから10年近く経って似たようなタイトルの曲が登場した。

I Won't Let the Sun Go Down on Me
I Won't Let the Sun Go Down on Me
(Nik Kershaw)
Single by Nik Kershaw
from the album Human Racing
B-side "Dark Glasses"
Released 9 September 1983
Genre
Synth-popnew wave
Length
3:23 (album version)
3:19 (single version)
6:00 (extended version)
Label MCA
Songwriter(s) Nik Kershaw
Producer(s) Peter Collins



☆ ニック・カーショウのデビュー曲で後の曲(Wouldn't It Be Good)がヒットしたので再リリースしたところ大ヒットとなった。この当時は米ソ冷戦末期で欧州を中心に「反核運動」が盛り上がっており,欧州の若いミュージシャン達は次々にプロテスト・ポップ(メッセージ色は強いが曲としてはポップなもの。典型はNENA 99 Luftbaloons )をリリースしていた。

Nik Kershawの曲はバーニーの歌詩をもじって「太陽が沈む=核戦争で欧州が消滅する」ことは望まない。と歌っているのである。その戦争に至った経緯はあるものの,どこかの国の大統領にいま聴かせても良いのではないか。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

鼠色の猫


☆ 散歩をすると(仕事が無くなり日中が暇になる)街ネコに遭う場面が増える。街ネコの一部は気紛れな飼猫であるが,大半は野良猫である。ものの辞書によると「野良」とは「野」に設備後の[ら」が付いた言葉で,野や野原のことをいう(Do you understand, Shinnosuke?)。

Alley Cat by Bent Fabric
(Bent Fabric)


Billboard Hot 100 1962年
7/28 84位(New Entry)→66位(8/4)→54位(8/11)→42位(8/18)→36位(8/25)→30位(9/1)→19位(9/8)→18位(9/15)→12位(9/22)→7位(9/29=最高位)→9位(10/6)→9位(10/13)→13位(10/20)→19位(10/27)→30位(11/3)→36位(11/10)→48位(11/17)→62位(11/24)→チャート外(12/1)

☆ 都会に居ても野良猫(犬,ネズミその他)となるのは愛嬌として,野良犬が狂犬病予防の関係からか殆ど目にしなくなった(実はある意味幸いであるのだが)一方で,野良猫と思しき猫はそれなりに存在する。また,首輪などをしている放浪猫も多く見かけ,俳句の季語の通り夜中に盛(さか)っている 「リーマンの 眠り覚まして 猫の恋」 (-_-;)。

で,先日見かけた猫は鼠色(グレイ)だったのだが,猫が鼠色かと思ってしまう。鯖猫(サバトラ)と言えばいいのだろうが,お魚とネコの組合せは毎日曜日にサザエさんが追っかけそうでどうも(うまくない)。

鼠だって鼠色とは限らない。茶色っぽいのも白いのも(二十日鼠とかに)いる。茶色といえばお茶だって発酵させなきゃ緑色だし,よくよく考えれば「緑茶」ってビミョ~におかしくない?でも日本茶は緑色で中国茶や紅茶("こうちゃ"だけど,その名前からして「べに茶」だ)は少なくとも緑色ではない。

「アレイ・キャッツ(Single Version) 」 by EPO
(Lyrics&Music:EPO / Arranged:SUZUKI Saeko)
Released Nov.1 1986


☆ 猫の動きは二種類でミョーな自信過剰にほっつき歩いているか,何かのきっかけで素早く動くかである。先日見かけたヤツは道に飛び出した後で思考停止になり,たまたま走ってきた車が迷惑していた(そのクルマも低速だったので,猫の方が歩道に戻って事なきを得た)。空気読まない野生のモノの真骨頂であろうか。

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

Easy Lover(Philip Bailey and Phil Collins 1984/5)


Easy Lover

Easy Lover
(Philip Bailey / Phil Collins / Nathan East)


LYRICS

Easy lover
イージー・ラヴァー
She'll get a hold on you believe it
あの娘はお前がそう信じているように手に入るだろうさ
Like no other
でもほかの娘とは違うぜ
Before you know it you'll be on your knees
それに気付いた頃は自分が跪(ひざまづ)かされてるのさ
She's an easy lover
あの娘はとんだ浮気者
She'll take your heart but you won't feel it
気付かないうちに○○をしっかり握られてる
She's like no other
そうとも他の娘とは大違い
And I'm just trying to make you see
だからその目を覚まさせてやりたいのさ

She's the kind of girl you dream of
あの娘はお前が思っているような
Dream of keeping hold of
手に入れてずっと側に置けるような珠じゃない
You'd better forget it
さっさと諦めて忘れなよ
You'll never get it
絶対モノになんかできないから
She will play around and leave you
あの娘は遊びに飽きたらバイバイさ
Leave you and deceive you
その時にゃ手ひどく裏切るぞ
Better forget it
だから忘れなよ
Oh you'll regret it
でなきゃ後悔するだけだぜ

No you'll never change her, so leave it, leave it
どうにもならないうちにさっさといなくなるのさ
Get out quick cos seeing is believing
瞬殺でバイバイ,百聞は一見に如かずって奴さ
It's the only way
それが唯一のやり方ってのは
You'll ever know
お前だって気付いているんだろ

She's an easy lover
She'll get a hold on you believe it
Like no other
Before you know it you'll be on your knees
She's an easy lover
She'll take your heart but you won't feel it
She's like no other
And I'm just trying to make you see

You're the one that wants to hold her
お前は彼女をどうにかモノにして
Hold her and control her
がっちり繋ぎ止めたくて仕方ないけど
You'd better forget it
そんなことは忘れてしまえ
You'll never get it
ぜ~ったいにムリだから
Oh she'll say that there's no other
あの娘がお前に気があるように言ったところで
Till she finds another
そんなの次のヤツを見つけるまでのことさ
Better forget it
そんな夢は忘れてしまえ
Oh you'll regret it
でなきゃ痛い目に遭うだけだぞ

And don't try to change her, just leave it, leave it
あの娘をお前好みに変えようなんて思うなよ,逃げられるだけだぜ
You're not the only one, ooh seeing is believing
お前が本命なんてことはないのさ,百聞は一見に如かずって奴さ
It's the only way
諦めるのが唯一の答えだって
You'll ever know, oh
お前だって気付いてるんだろ

No don't try to change her, just leave it, leave it
You're not the only one, ooh seeing is believing
It's the only way
You'll ever know, oh

She's an easy lover (she's an easy lover)
She'll get a hold on you believe it (get a hold on you)
(She's) like no other
Before you know it you'll be on your knees
(you'll be down on your knees)
She's an easy lover
She'll take your heart but you won't feel it
(you won't feel it)
She's like no other
And I'm just trying to make you see
(trying to make you see, yeah)

She's an easy lover
She'll get a hold on you believe it (get a hold on you)
And like no other
Before you know it you'll be on your knees
(you'll be down on your knees)
(yeah yeah yeah)
She's an easy lover
She'll take your heart but you won't feel it
(you won't feel it)
She's like no other
And I'm just trying to make you see
(trying to make you see)

She's an easy lover
She'll get a hold on you believe it...

NOTE
The song's music video, filmed at Etward Studios, London, England, humorously depicts the making of a music video. It was produced by Paul Flattery and directed by Jim Yukich.

テーマ:Musically_Adrift - ジャンル:音楽

«  | HOME |  »

プロフィール

deaconblue

Author:deaconblue
「音楽っていいですね。そこには常に理屈や論理を超えた物語があり、その物語と結びついた優しい個人的背景がある。この世界に音楽というものがなかったら、僕らの人生は(つまり、いつ白骨になってもおかしくない僕らの人生)もっともっと耐え難いものになっていたはずだ。」(引用元:村上春樹「ポケット・トランジスタ」(『村上ラジオ』2001年6月8日所収))

最近の記事

最近のコメント

FC2カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

FC2ブログランキング

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

最近のエントリ

最近のトラックバック